> How to Use > バックアップと復元 > 対策7選|パソコンをクラウドにバックアップする?完全なガイドはこちら

対策7選|パソコンをクラウドにバックアップする?完全なガイドはこちら

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年01月06日に更新

概要:

オンラインストレージサービスはだんだん人気になっています。他人に簡単に共有することもできますし、ディスクの容量をかなり節約することもできます。だから、データのセキュリティを保証するために、パソコン上のデータをクラウドドライブにバックアップすることもますます人気になっています。それでは、パソコンをクラウドにバックアップするには、どうしたらいいですか?本文では、コンピューターのクラウドバックアップ対策を7つを皆さんに紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

クラウドバックアップとは

クラウドバックアップとは、Amazon Cloud、Googleドライブ、Dropboxなどのオンラインストレージサービスにデータをアップロードして保管することを意味します。クラウドバックアップを取ると、データのセキュリティも完璧に保証されますし、友達・同僚にファイルをいつでもどこでも共有することもできますので、それを利用しているユーザーはだんだん多くなっています。

それでは、もし同じような需要があれば、本文の内容を見逃しないでください。本文では、最も便利でコスパが高いクラウド対策をなんと7つを皆さんに紹介したいと思います。

コンピューターをクラウドにバックアップするには?

コンピューターのデータをクラウドにバックアップすることは、コンピューターのファイルを予想せぬエラー、ウィルス攻撃、誤操作、OSのクラッシュなど様々な障害から守ります。また、クラウドバックアップは、ディスクの容量を節約する方法の1つとしています。

それでは、自分に最も適切なオンラインストレージ及びクラウドバックアップ対策を選択する時に、何かが重要ですか?何かに注意を払わなければいけませんか?

  • クラウドバックアップツール:クラウドバックアップを完璧に実行可能な信頼できるバックアップツール(次で紹介)
  • バックアップのコンテンツ:コンピューターでどのようなファイルをバックアップしますか?特定のファイル・フォルダー、それともコンピューター全体をバックアップしますか?
  • 予算:予算はそんなにない場合、経済的なクラウドバックアップサービスを選択することは重要です。

本文では、クラウドベースのバックアップツールを1つ、大人気なオンラインストレージを6つを皆さんに紹介します。本文で紹介するガイドを参照して、クラウドバックアップを簡単に実行することができます。

ヒント:

  • パソコン全体をバックアップしたい場合、EaseUS Todo BackupとOneDrive/Googleドライブ/Dropboxのいずれかを組み合わせて利用することがおすすめです。
  • バックアップしたいファイルはそんなに多くない場合、OneDriveかGoogleドライブなど経済的なオンラインストレージサービスを選択してください。

対策1.EaseUS Todo Backupでコンピューター全体をクラウドにバックアップ

ツール:EaseUS Todo Backup

対応のクラウドドライブ:EaseUS Cloud、OneDrive、GoogleDrive、Dropbox

メリット:ハードドライブ・パーティションのデータ、特定のファイル、またはオペレーティングシステムなど、コンピューター全体をクラウドにバックアップすることができます。

①パソコン全体を様々なオンラインストレージにバックアップ

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、左側のメニューで「バックアップの追加」をクリックします。

バックアップの追加

ステップ2.バックアップしたい内容を選択します。パソコン全体をバックアップするには、ここで「ディスク」を選択します。

ディスクを選択

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクを選択します。

バックアップしたいディスクを選択

ステップ4.バックアップ先のをクラウドドライブに指定するには、「ローカルドライブ」を選択して、「クラウドデバイス」→「クラウドストレージを追加」の順にクリックします。

バックアップ先をクラウドドライブに指定

ステップ5.ここで「追加するクラウドドライブを選択」ダイアログボックスが表示されます。ここでGoogleドライブ、Dropbox、OneDriveに連携することができます。

オンラインストレージサービスに連携する

ステップ6.バックアップを開始するには、最後に「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップを開始

②パソコン全体をEaseUS Cloudにバックアップ

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開きます。EaseUS Cloudを使うには、アカウントが必要となるので、上部のメニューでアカウントのアイコンをクリックして「ログイン」をクリックします。

easeus使い方ステップ1

ステップ2.アカウントにログインすると、左側メニューで「バックアップの追加」をクリックします。

easeus使い方ステップ2

ステップ3.バックアップ内容を選択します。EaseUS Cloudを利用するには、「ファイル」を選択します。

easeus使い方ステップ3

ステップ4.バックアップしたいファイルを選択します。パソコン全体をバックアップするには、「コンピューター」をチェックしてください。

easeus使い方ステップ4

ステップ5.バックアップ先の選択画面で「EaseUS Cloud」をクリックします。

easeus使い方ステップ5

ステップ6.バックアップを開始するには、「今すぐバックアップ」ボタンをクリックします。

easeus使い方ステップ6

ご案内:ここで「オプション」をクリックして、スケジュールを設定して自動バックアップを実行することができます。

  • ワンタイムバックアップ:一回だけでのバックアップです。
  • バックアップ時間の指定:毎月の日数、毎週の曜日、毎日の時間を指定して、バックアップが自動的に実行されます。
  • イベントの指定:パソコンの特定操作(シャットダウン、起動、USBデバイス接続など)を実行した後、バックアップが自動的に実行されます。

スケジュールバックアップを設定する

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

対策2.OneDriveでクラウドバックアップを取る方法

ツール:Microsoft OneDrive

メリットとデメリット

メリット:コンピューター上の特定のフォルダーのファイルを自動的にバックアップすることが可能です。(デスクトップ、ドキュメント、画像フォルダーなど)

デメリット:上記の場所以外に保存しているデータをバックアップ、同期することができません。

OneDriveの使い方

ステップ1.パソコンでOneDriveを立ち上げ、「ヘルプと設定」→「設定」の順にクリックします。

OneDriveにバックアップする手順1

ステップ2.バックアップ」タブをクリックして、「バックアップを管理」ボタンをクリックします。

OneDriveにバックアップするステップ2

ステップ3.フォルダーのバックアップ」ダイアログボックスで、バックアップしたいフォルダーを選択して、「バックアップの開始」を選択します。

OneDriveにバックアップするステップ3

ご案内:

  • 1.デスクトップフォルダーは黙認で選択されています。自分の需要に応じて、「画像」または「ドキュメント」フォルダーを選択することができます。
  • 2.ほかの場所に保存しているファイルをバックアップしたい場合は、これらのファイルをこれらのフォルダーに移動してください。

対策3.Googleドライブでクラウドバックアップを実行する

ツール:Googleドライブ

メリットとデメリット

メリット:ファイル、フォルダー、外付けHDD上のデータをバックアップできます。

デメリット:Googleドライブ専用フォルダー以外のファイルをバックアップできません。

Googleドライブの使い方

ステップ1.Googleドライブの公式サイトからソフトをダウンロードします。

Googleドライブのバックアップステップ1

ステップ2.Googleドライブをインストールします。インストールすると、Googleドライブが自動的に立ち上げます。

Googleドライブのバックアップステップ2

ステップ3.「ブラウザでログイン」ボタンをクリックして、自分のGoogleのアカウントにログインします。

Googleドライブのバックアップステップ3

ステップ4.ブラウザでアカウントを成功にログインすると、タスクバーの小さなアイコンをクリックして、「設定」を選択します。

Googleドライブアイコンをクリック → Googleドライブのバックアップステップ4

ステップ5.ここで設定の画面が表示されます。「マイ ノートパソコン」タブを選択して、「フォルダーを追加」ボタンをクリックします。

Googleドライブのバックアップステップ5

ステップ6.ここでバックアップしたいフォルダーを選択します。フォルダーを選択すると、「Googleドライブに同期する」をチェックして、「完了」ボタンをクリックします。

Googleドライブのバックアップステップ6

ステップ7.最後に、バックアップの設定を保存するには、「保存」ボタンをクリックします。

Googleドライブのバックアップステップ7

対策4.Dropboxでパソコンをクラウドにバックアップする

ツール:Dropbox

メリットとデメリット

メリット:デスクトップ、ドキュメント、ダウンロードフォルダーのみをバックアップできます。

デメリット:以上の場所以外のファイルをバックアップできません。

Dropboxの使い方

ステップ1.Dropboxをダウンロードしてパソコンにインストールします。

ステップ2.Dropboxを成功にパソコンにインストールすると、「Dropbox」というフォルダが自動的に生成されます。

dropboxのフォルダ

ステップ3.バックアップしたいファイルを生成された「Dropbox」フォルダーに移動すれば、ファイルが自動的にバックアップされます。

ご案内:バックアップ」→「設定」→「フォルダーを追加」の順にクリックすれば、「Dropbox」フォルダー以外のバックアップフォルダーを追加することもできます。

Dropboxにバックアップする

対策5.Backblazeでパソコンのクラウドバックアップを取る

ツール:Backblaze

メリットとデメリット

メリット:ドキュメント、写真、音楽や動画ファイルをバックアップできます。

デメリット:ほかの場所に保存しているファイルを選択してバックアップすることができません。

Backblazeの使い方

ステップ1.Backblazeの公式サイトにアクセスして、アカウントを登録します。

ステップ2.Backblazeのプログラムをダウンロードしてパソコンにインストールします。

backblaze

ステップ3.インストールした後、Backblazeは自動的にパソコンのファイルをスキャンします。そのあと、「OK」をクリックして確認します。

バックアップする内容を確認する

対策6.IDriveでコンピューターをクラウドにバックアップ

ツール:IDrive

メリットとデメリット

メリット:デスクトップ上のファイル、音楽、写真、動画、ドキュメントファイルのみをバックアップできます。

デメリット:このプログラムはたくさんの許可を得る必要があり、パソコンの一般設定を勝手に変更することもよくあります。

IDriveの使い方

ステップ1.IDriveのアカウントを登録して、そのデスクトップ用のプログラムをインストールします。

idrive

ステップ2.プログラムを開き、アカウントにサインインします。

 IDriveにサインイン

ステップ3. Backup」 > 「Backup files to my IDrive account」 > 「Change」の順にクリックして、バックアップしたいフォルダーを選択します。「Backup Now」 をクリックして、バックアッププロセスを開始します。

IDriveにバックアップする内容を選択

対策7.Carboniteでパソコンのクラウドバックアップを実行する

ツール:Carbonite

メリットとデメリット

メリット:写真、音楽、ドキュメント及び外付けHDDのデータをバックアップできます。

デメリット:このプログラムはたくさんの許可を得る必要があり、パソコンの一般設定を勝手に変更することもよくあります。また、バックアッププロセスを開始すると、一時停止することができますが、停止することができません。

ステップ1.Carboniteのアカウントを登録して、デスクトップ用のプログラムをインストールします。

carbonite

ステップ2.「Add files to your backup」をクリックして、バックアップリストにファイルを追加する方法を勉強します。

ステップ3.バックアップしたいフォルダーを右クリックして、「Carbonite」→「Start backing up」→「OK」の順にクリックします。

carboniteにバックアップする内容

ステップ4.ここでファイルのバックアッププロセスが開始します。

carboniteにバックアップすることを開始

パソコンのクラウドバックアップ対策、どちらがあなたに最適?

本文の内容から、パソコンのクラウドバックアップ対策が欲しい場合、利用可能なソリューションがたくさんあります。それでは、数多くのクラウドバックアップ対策の中で、どちらがあなたにとって一番最適ですか?

本文では、クラウドベースのバックアップツールと6つのオンラインストレージサービスを試したうえ、このような質問に答えることができるかもしれません。

  • 予算中心の方:Googleドライブ
  • セキュリティを中心に:Dropbox
  • オンライン協同が必要:OneDrive
  • パソコン全体のクラウドバックアップ対策:EaseUS Todo Backupのみ/ Google Drive + EaseUS Todo Backup

一般的には、オンラインストレージサービスは、特定のファイルとフォルダーのみをバックアップできます。パソコン全体をクラウドにバックアップする場合、やはり専門のバックアップツールを使う必要があります。本文で紹介したクラウドベースのEaseUS Todo Backupを利用して、パソコン全体をEaseUS Cloudに快適にバックアップすることもできますし、ほかのオンラインストレージサービス(Googleドライブ、Dropbox、OneDrive)に連携してパソコン全体をバックアップすることもできます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。