> How to Use > バックアップと復元 > コンピューターウイルスを防ぐ5つの方法:ウイルスへの不安や疑問を解消しよう!

コンピューターウイルスを防ぐ5つの方法:ウイルスへの不安や疑問を解消しよう!

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年06月15日に更新

概要:

ウイルスは、コンピューターの悪意のあるプログラムであり、さまざまなソフトウェアを破損させ、データのセキュリティやプライバシーを危険にさらす可能性もあります。ここでは、OSやデータベースに侵入するコンピューターウイルスを防ぐための5つの方法をご紹介します。詳しくはこちらをご覧ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

コンピューターウイルスとは?

コンピュータウィルスは、コンピュータにとって致命的な病気ではありません。しかし、多くの問題を引き起こす可能性があります。コンピューターウィルスは、不要なファイルやポップアップをノートパソコンにもたらします。さらに、コンピュータの速度を低下させたり、暗号化によってファイルやフォルダを破損させたりすることもあります。

もし、コンピューターウィルスが破壊したファイルが重要なもので、そのバックアップがなかったらどうでしょう?ウイルスは、しばしば最も好まない場所に着陸することがあります。したがって、それを取り除くことが最もいい選択です。

2021-2022年のコンピュータウイルスの傾向は着実に上昇中

長年にわたり、コンピューターウイルスは、他のテクノロジーと同様に賢くなえいました。ウイルスの賢さは、大多数の人々にとってより迷惑なものです。コンピューターウイルスの台頭は、Googleのトレンドデータでも確認できます。チャートは急激に上昇しています。

コンピューターウイルスのデータ

コンピューターウイルスの種類

負荷とは、悪意のある活動を行うコンピュータウィルスの構成要素です。悪意の攻撃者によって、単純で無害なデマであっても、あらゆる有害な動作がウイルスの負荷にコード化される可能性があります。一部のウイルスには安全な負荷が含まれていますが、ほとんどのウイルスはパソコンに問題を引き起こし、データの漏洩や破損を引き起こす危険性があります。

コンピューターウイルスには複数の種類があり、その一部を紹介します。

  • ブートセクターウイルス:ブート領域に感染し、起動時間が長くなったり、起動に失敗したりするウイルス。
  • ウェブウイルス:ウェブベースで、ブラウザーを通じてコンピュータに侵入します。Google ChromeやMozilla Firefoxなどの最新ブラウザには、ウェブウイルスに対する保護機能が備わっているものもあります。しかし、一部の古いブラウザの中には、保護機能がありません。
  • ファイル・インフェクター・ウイルス:その名が示すように、この種のウイルスは、ファイルやフォルダに感染し、破損させます。
  • ブラウザ・マニピュレーター・ウイルス:このタイプのウイルスは、最も危険度が低いものです。ブラウザの情報や設定を操作することができるだけです。
  • ポリモーフィックウイルス:このタイプのウイルスは、2022年に最も一般的に使用されています。これらのウイルスは、アンチウイルスによって検出されないことさえあり、PCの内部でいくつかの悪意のある操作を行います。

コンピューターウイルスを防ぐ五つの方法

ウイルスはより賢くなったので、それに取り組むにはさらに賢くなる必要があります。ここでは、コンピューターウイルスを防ぐためのトップ5の方法を紹介します。ただし、コンピュータをウイルスから守るには、場合によってはこれらの方法のうち2つ、あるいは3つを採用する必要があります。

1.コンピューターの定期的なバックアップを取る

コンピューターウイルスを防ぐためにバックアップを取る

自分のコンピュータをどんなに安全でセキュアだと思っていても、コンピュータの中に悪意のファイルを投げ込んで感染させる方法もあります。したがって、そのようなシナリオでの損失を避けるために、データ全体のバックアップを取る必要があります。

パソコンの完全バックアップに最適なツールはEaseUS Todo Backupです。このソフトは、無料でダウンロードすろこともできます。このソフトのホームバーションは個人向けで、最も良いことは、コンピューターと統合できることです。これにより、ダウンロードまたはインストールしたバックアップにすべてのデータが追加され続けます。

最初のバックアップの試みは、EaseUS Todo Backupの無料版で始めることができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

バックアップの方法も以下のように簡単です。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

2.有料のアンチウイルスソフトウェアをインストールし、スキャンを頻繁に実行する

アンチウイルスソフト

Windowsには、ファイアウォールや防御機能などの基本的なウイルス対策機能が搭載されています。しかし、無料のウイルス対策ソフトは、有料のものほど効果がありません。より悪質なウイルスからPCを守るには、有料のウイルス対策ソフトが必要です。有料のアンチウイルスは、自動的にウイルスを殺すことができますが、PC上の古いファイルが悪質なファイルになると、自動的にスキャンしないと殺すことができなくなります。したがって、そのようなシナリオを避けるために、頻繁にスキャンを実行する必要があります。

関連記事:「2022年最新」Windows 11用の最高のウイルス対策ソフト+セキュアバックアップ

3.OSまたはソフトウェアを迅速に更新する

Windowsからアップデートを要求されたら許可しましょう。その他、常に最新バージョンのOSを使用するようにします。古いバージョンのOSはウイルス防御機能が著しく低下し、悪意のある脅威にさらされやすくなります。

4.ファイアウォールを利用する

コンピューターウイルスを防ぐためにファイアウォールを利用する

ファイアウォールは、ネットワークトラフィックの発信と着信を監視する高度なセキュリティシステムです。信頼できるトラフィックソースと信頼できないトラフィックソースの間の壁として機能し、ウイルスからのシールドを提供します。Windowsにはファイアウォールが内蔵されていますが、それは専門家ではありません。そのため、インターネット上には他の多くのファイアウォールプロバイダーが存在します。

5.外付けストレージドライブに注意する

外付けドライブのウイルスを注意する

CD、DVD、USBなどの外部記憶装置には、悪意のあるデータやウイルスが含まれていることがあり、PCに転送される可能性があります。したがって、このようなドライブには常に注意を払い、データにアクセスする前にスキャンすることをお勧めします。

五つのヒント:コンピューターウィルスを避けることについて

コンピュータウイルスを避けることは、それを殺すよりも優れています。そこで、コンピューターウイルスを防ぐためのベスト5ヒントを紹介します。

1.予期せぬメールの添付ファイルを開かない

これは、データやパソコンに感染させる最も一般的な方法です。例えば、不明なアドレスから疑わしいファイルが記載された電子メールを受信したとします。まず、それを開かないでください。間違って開いてしまった場合は、このメールに含まれるファイルをダウンロードしたり実行したりしないでください。このような添付ファイルを開きたい場合は、開く前にこれらの添付ファイルをスキャンすることが最良の選択です。

2.プレーンテキストのメールメッセージに気を配る

電子メールでウイルスに感染しないようにするには、電子メールのテキストメッセージによる警告をオンにします。こうすることで、メールの代わりにプレーンテキストですべてのメールを見たり読んだりすることができます。プレーンテキストで悪意のあるファイルを開いたとしても、パソコンや携帯電話はウイルスに感染することはありません。

3.ウイルスのデマにご注意ください 

インターネット上には、連鎖的に広がるウイルスのデマがいくつかあります。このようなデマにはウイルスが含まれており、その所有者は、知っているすべての人にウイルスを送信して警告するように要求します。誰かがそれを開くとすぐに、コンピュータはウイルスに感染します。

4.不審なリンクとハイパーリンク

リンクやハイパーリンクも、誰かをウイルスに陥れる簡単な方法です。そのため、このような誘引には常に注意を払う必要があります。WWWで始まらない、または疑わしい用語が含まれている疑わしいリンクを受け取った場合は、それを開かないでください。

同様に、ウェブサイトやファイルに不審なハイパーリンクがあった場合も、開かないでください。これらのソースは両方とも、パソコンをウイルスに感染させる可能性があります。

5. 海賊版サイトや信頼できないサイトからダウンロードしない

インターネット上には、無料でダウンロードできる海賊版サイトが多数存在します。これらのサイトは、ファイルと共にウィルスをコンピューターに転送します。海賊版サイトからのウイルスは、データを破壊したり、迷惑なポップアップ広告でコンピュータを感染させたりする可能性があります。

まとめ

コンピューターウイルスを防ぐために、上記のような方法を選択することができます。どの方法にも有用性があり、自分のニーズに最も適した方法を選択しましょう。

どの方法を選んだとしても、データの破損や消失の可能性はあります。したがって、EaseUS Todo Backupこのソフトを利用して、常にデータをバックアップして、安全な状態を保つ必要があります。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。