> How to Use > パーティション管理 > Windows Server 2008のパーティションサイズを変更するユーティリティ

Windows Server 2008のパーティションサイズを変更するユーティリティ

2015-03-10 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windows Server 2008の内蔵ディスク管理ツールが、ディスク、パーティションの管理ができますが、データセキュリティを保証することができません。パーティションの内蔵ディスク管理ツールでパーティションのサイズ変更をしたら、データ損失のを引き起こす可能性があります。それで、今日は安全で使いやすいWindows Server 2008対応のパーティション管理ソフト - EaseUS Partition Master Serverを紹介します。

Windows Server 2008のシステムパーティションの領域が不足になったや、ディスクの領域をより効率的に利用するために、パーティションのサイズを変更する必要があります。しかし、Windows Server 2008の内蔵ディスク管理ツールが、ディスク、パーティションの管理ができますが、データセキュリティを保証することができません。パーティションの内蔵ディスク管理ツールでパーティションのサイズ変更をしたら、データ損失のを引き起こす可能性があります。それで、今日は安全で使いやすいWindows Server 2008対応のパーティション管理ソフト - EaseUS Partition Master Serverを紹介します。

Windows Server 2008に最適なディスク・パーティション管理ソフト-EaseUS Partition Master Serverがパーティションサイズ変更のほかに、パーティションの移動、結合、削除、フォーマット、データ消去、非表示、ディスク・パーティションクローン、削除したパーティションの復元、OSの移行など、多彩なディスク管理機能を備えています。そして、このソフトが簡単で安全ですので、経験に足りないパーティション管理の初心者でも利用できるほか、データをちゃんと守り、データロスは一切引き起こしません。

Windows Server 2008のサイズを変更する方法

次はEaseUS Partition Master Serverという使いやすいServer用ディスク管理ツールでWindows Server 2008のパーティションサイズ(システムドライブC:)を変更する手順を紹介します。まずはソフトをダウンロードして、インストールします。

1.C:ドライブのサイズを拡張する前に、D:ドライブのサイズを縮小して、未割り当ての領域を作り出します。まずはD:ドライブを右クリックして、[パーティションのサイズ調整或はパーティションを移動する]を選択します。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server 2008のパーティションサイズを変更するステップ1.

2.D:ドライブのサイズを調整します。そして、[OK]をクリックします。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server 2008のパーティションサイズを変更するステップ2.

3.見割当ての領域が作り出しました。同じ方法でC:ドライブのサイズ変更ができます。

EaseUS Partition Master ServerでWindows Server 2008のパーティションサイズを変更するステップ3.

4.最後に、[保留中の操作]を確認してから、変更を適用します。

EaseUS Partition Master Serverのほかの機能も同じ簡単です。無料版をダウンロードして体験することができます。

EaseUSが選ばれる理由