> How to Use > パーティション管理 >ペンドライブから書き込み禁止を解除する方法

ペンドライブから書き込み禁止を解除する方法

aoki | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年12月26日に更新

概要:

ペンドライブが書き込み禁止になっていませんか?このページでは、ペンドライブのプロパティ設定を変更するか、Regedit.exeを使用して書き込み禁止を解除する方法を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

USBペンドライブから書き込み禁止を解除する方法は?

"私のUSBメモリは書き込み保護されており、3ギガサイズのフォルダをコピーした際に書き込み保護がかかってしまい、コピー処理が止まってしまうという現象が起こりました。USBメモリーを5~6分ほど放置するとまた書き込み禁止が解除され、どうやって解除したのかわからなかったのですが、9ギガのフォルダをコピーしようとしたらまた問題が発生しました。「ディスクは書き込み保護になっています」というエラーが常に表示されるため、書き込み保護を解除することもUSBメモリーをフォーマットすることもできません。書き込み保護を解除してUSBペンドライブをフォーマットする効率的な方法はないでしょうか?"

ペンドライブやUSBフラッシュドライブは、その違いに深く掘り下げなければ、かなり頻繁に交換可能に使用されています。今日、私たちのデジタルライフでは、ペンドライブやUSBドライブなどのリムーバブルストレージメディアは、コンピュータ間のファイル転送、データのバックアップ、USBドライブでポータブルwindows10/11の作成、アプリケーションのインストールなど、柔軟にデータを管理する上で重要な役割を担っています。一般的に、USBペンドライブを正しく使用する限り、ブランドのドライブは、少なくとも5年の寿命を持っています。ペンドライブの問題のすべての種類は、多くのことを起こるにもかかわらず、それらのほとんどは自分で修正可能です。たとえば、このページでは、ペンドライブから書き込み保護を解除する方法を学ぶことができますし、 書き込み保護解除後のペンドライブをフォーマットする方法。

ペンドライブ書き込み保護とは?

ライトプロテクトとは、ハードウェアデバイスやソフトウェアプログラムが、新しい情報を書き込んだり、一方で古い情報を修正/変更したりするのを防ぐ機能のことです。簡単に言うと、ディスクが書き込み禁止されている場合、そのディスクにデータを書き込んだり、データをコピーしたりすることは通常できないのです。

書き込み保護は通常、Windows PCではWindowsのプロンプトメッセージで表示され、ディスクが書き込み保護されていることをいくつかの補足メッセージとともに警告します。

#1.ペンドライブがフォーマット中にライトプロテクトされている。

フォーマット中にペンドライブが書き込み禁止になるのを修正する

#2.ペンドライブがファイルコピー中に書き込み禁止になり、書き込み禁止を解除するか、他のディスクを使用するように言われた。

ファイルコピー中にペンドライブが書き込み禁止になるのを修正する。

書き込み保護の問題以外に、時々、似たような「読み取り専用」エラーに遭遇することがあります。このような場合、慌てないでください。これから紹介する書き込み保護の解除方法を使えば、ハードディスク/USB/SDカード/外付けHDDが読み取り専用エラーを解除することができます。

ペンドライブから書き込み禁止を解除する方法

USBメモリ、ペンドライブ、SDカードの99%の書き込み保護は、物理的なロックと仮想属性の変更に起因している可能性があります。その原因を突き止めることで、この問題を解決し、書き込み制限を解除することが容易になります。

方法1.ロックスイッチを確認し、書き込み禁止を解除する

トグル式ペンドライブ・ロック・スイッチで書き込み保護機能を無効にする。

ペンドライブの左右にロックスイッチがあるのをご存知でしょうか?ロックスイッチは、写真のように、デバイスの読み取りと書き込みの能力を制御するために設計されています。最近のペンドライブのほとんどは、このようなロックスイッチで設計されており、私たちはSunDisk、ソニー、キングストン、および非常に多くの人気ブランドで見てきました。このスイッチを「ロック」から「アンロック」の位置に切り替える必要があります。この方法で、あなたは再び「ディスクは書き込み保護になっています」エラーに会うことなく、再び自由にペンドライブを使用することができます。

方法2.ペンドライブのリードライトのプロパティを変更する

「このPC」を開き、「リムーバブル記憶域のあるデバイス」の中から、お使いのペンドライブデバイスを探します。そのデバイスを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。「編集」をクリックし、ポップアップボックスの中に、「書き込み保護を解除する」というオプションがある場合があります。このオプションの状態を変更して、もう一度試してください。

ペンドライブのプロパティを変更し、読み取りと書き込みができるようにする

方法3.CMDを使用して書き込み保護を無効にする

Windows 10/8/7であらゆるドライブの書き込み保護を解除するには、今のところWindowsコマンドプロンプトが必殺の方法です。少しレベルの高そうなコマンドに挑戦すれば、ペンドライブから90%以上の書き込み保護を解除できる可能性が非常に高いです。

ステップ1.Windowsでコマンドプロンプトを検索し、管理者としてプログラムを実行します。

ステップ2.Windowsのコマンドプロンプトで、以下のように各コマンドラインを入力し、各コマンドの後にEnterキーを入力します。

  • diskpart
  • list disk
  • select disk #
  • attributes disk clear readonly

ステップ3.書き込み保護が解除されると、「Disk attribute cleared successfully」というメッセージが表示されます。exitと入力し、ウィンドウを閉じます。

cmdを使用してペンドライブから書き込み保護を解除する

方法4.書込み禁止解除ソフトで書込み禁止を解除する

自分がプロコンピュータユーザーであるとは思っておらず、コマンドラインに精通していなくても、心配は無用です。ハードディスク、USBドライブ、SDカードなどの書き込み禁止を解除するためのグラフィカルなソリューションがあります。

EaseUS CleanGeniusは、コマンドラインの知識がなくても、ドライブ上の前述の問題を修正することができるツールの一つです。

ここでは、このツールを使って問題を解決する方法をわかりやすく説明します。

ステップ1:EaseUS CleanGenius(無料)をダウンロードし、パソコンにインストールします。

ステップ2:パソコン上でEaseUS CleanGeniusを実行し、最適化を選択し、書き込み保護モードを選択します。

書き込み禁止にする

ステップ3:書き込み保護されているデバイスを選択し、「無効」をクリックして保護を解除します。

ストレージデバイスからの書き込み保護機能を無効にする。

方法5.Regedit.exeを使用してペンドライブから書き込み保護を解除する

Windowsレジストリエディタ(Regedit)は、Windowsオペレーティングシステムのグラフィカルなツールで、許可されたユーザーがWindowsレジストリを表示し、変更を加えることができます。最後の手段ではありますが、このレジストリ編集方法は、書き込み禁止を解除する際にリスクと危険を同時に晒すことになるため、あまりお勧めできません。

警告
1.Windowsレジストリエディタは上級者のみが操作し、管理者は変更を加える前に必ずレジストリのバックアップを作成する必要があります。
2.Windowsレジストリを編集すると、確かにペンドライブから書き込み禁止を解除することができます。しかし、Windows XPやWindows Vistaなど、初期のWindows OSでは通常有効であることがわかりました。Windows 7/8/10をお使いの方は、ほとんど効果がありません。

ステップ1.ペンドライブをパソコンに接続します。

ステップ2.Windowsキー+Rキーを押し、「ファイル名を指定して実行」を表示させます。空欄に「regedit」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ3.「HKEY_LOCAL_MACHINE」を押して、「System」を展開します。

ステップ4.「System」リストで「Current Control Set」を探して「コントロール」をクリックします。

ステップ5. 「Storage Device Policies」というキーがあることを確認し、「DWORD値」ボックスの数字を「0」に変更し、「OK」を押して変更を保存します。

ご注意:「Storage Device Policies」という名前のキーが見つからない場合は、キーを作成する必要があります。「コントロール」を右クリックして新しいキーを作成し、「Storage Device Policies」という名前にします⇒この新しいキーを右クリックして「DWORD値」を開き、「書き込み禁止」という名前にします⇒ダブルクリックして数字を変えます。

書き込み保護解除後にペンドライブをフォーマットする方法

書き込み保護されたUSBフラッシュドライブは、書き込み保護を解除し、フォーマットします。ペンドライブが書き込み保護されている場合、Windowsネイティブのディスクフォーマットプログラムやサードパーティ製のUSBフォーマッタを使用してフォーマットすることはできません。

幸いなことに、あらゆる種類の記憶装置から書き込み保護を解除するための適用可能なソリューションがあります。ここで、あなたのペンドライブから書き込み保護を解除した後、今、ヒッチなしで自由にそれをフォーマットすることができます。EaseUS Partition Masterは、EXT、NTFS、FAT32にUSBドライブをフォーマットすることができる無料のパーティションマネージャとして非常に推奨されていて、Windowsのドライブフォーマット機能よりも優れています。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.フォーマットするUSBドライブを選択します。

USBドライブまたはペンドライブをパソコンに接続します。EaseUS Partition Masterをダウンロードし、起動します。フォーマットするUSBドライブを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

ステップ2.USBにドライブレターとファイルシステムを設定します。

選択したパーティションに新しいパーティションラベル、ファイルシステム(NTFS/FAT32/EXT2/EXT3/EXT4/exFAT)、クラスタサイズを割り当てて、「OK」をクリックします。

ステップ3.「はい」をチェックして、USBのフォーマットを確認します。

警告ウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックします。大切なデータが入っている場合は、あらかじめデータをバックアップしてください。

ステップ4.変更内容を適用します。

まず「1タスクの実行」ボタンをクリックし、「適用」をクリックすると、USBドライブがフォーマットされます。

ビデオ:EaseUS Partition Masterで外付けハードドライブ/USB/SDカードをフォーマットする

結論

この記事では、ペンドライブの書き込み保護を解除する方法というトピックを取り上げました。通読することで、書き込み保護が何であるかを明確に理解し、書き込み保護されたUSBペンドライブを修正するための5つの方法を学ぶことができます。

1.ロックスイッチのトグル
2.ペンドライブの読み取り/書き込みのプロパティを変更する
3.CMDを使用して書き込み保護を無効にする
4.自動書き込み保護解除ソフトで書き込み保護を解除する
5.Regedit.exeを使用してペンドライブから書き込み保護を解除する

書き込み保護を解除した後のUSBペンドライブのフォーマットでさらにお役に立てるよう、リムーバブルハードディスクをフォーマットするWindowsの能力を完全に代替できるオールオンワンのEaseUS Partition Masterをお勧めします。さらに、32GBを超えるドライブやパーティションをFAT32ファイルシステムにフォーマットできないWindowsの問題を解決することもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!