> How to Use > Macデータ復元 > Macでファイルを永久に削除する方法【4選】

Macでファイルを永久に削除する方法【4選】

WuYanG
更新者:WuYanG 2023/12/22
   
Shawty
執筆者:Shawty
   

概要:

この記事では、Macのゴミ箱を空にする、Macのショートカットを使う、ターミナルコマンドを使う、ディスクユーティリティでファイルを永久に削除するなど、Macでファイルを永久に削除する実証済みの4つの方法を紹介します。詳しくは文章をご覧ください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

Macでファイルを削除する一般的な方法は、Macのゴミ箱にファイルを移動することですが、これはファイルを完全に削除するものではなく、削除されたファイルはまだMacに残り、貴重なストレージスペースを占有しています。Macでファイルを完全に削除する方法は?ここでは、テストされた方法とユーザーの経験を紹介します:

🗑️空のMacゴミ箱

これがファイルを永久に削除する最も一般的な方法であることを考えると、一般的なコンピューター・ユーザーにとって、ゴミ箱を空にした後に消えたファイルを取り戻すことは、専門的なデータ復元ソフトウェアを使用しない限り困難です。

💻マックのショートカットを使う

ショートカットを使えば、プライベートなファイルや不要になったファイルを完全に削除することができます。しかし、誤って重要なファイルを削除してしまう可能性があり、ショートカットを使用して誤って削除したファイルを取り戻すことは困難です。

⚠️ターミナルコマンドを使用

Terminalコマンドでファイルを永久削除:ファイルを探して何度もクリックする必要さえありません。しかし、この方法はコンピューターの初心者には使えません。ターミナルコマンドを使うには慎重な操作が必要です。

💾ディスクユーティリティから

ディスクユーティリティからの削除は、単一のファイルを完全に削除するのではなく、MacBook Pro/Airのハードドライブボリュームを消去するために使用されます。そのため、特定のファイル/フォルダを削除する必要がある場合は、最初の3つの方法をお勧めします。

お使いのMacBook ProまたはAirを売却するとします。マシンを売却する前に、個人情報を保護するためにMac上のファイルを完全に削除する方法を検討する必要があります。Macでファイルを永久に削除する方法は?この記事では、Mac上のファイルを永久に削除する効果的な方法を紹介します。

ゴミ箱を空にしてMacBook Airのファイルを永久に削除する

Macユーザーがファイルの削除を検討する場合、ゴミ箱にファイルを移動するのが最も簡単で早い方法です。しかし、ゴミ箱に保存されたファイルは、ゴミ箱を空にするまで自動的に削除されません。

そのため、Macのゴミ箱のデータを復元できないように、ファイルを完全に削除したい場合は、ゴミ箱を空にすることができます。

ゴミ箱を空にすることでファイルを完全に削除する方法を説明したビデオです:

  • 00:17 - ファイルをゴミ箱に移動します
  • 00:41 - 「ゴミ箱を空にする」オプションを選択します

ゴミ箱の機能は、誤って削除されたファイルを復元する機会を提供しますが、時間制限設定をオンにすると、ゴミ箱は30日後にアイテムを自動的に削除します。ゴミ箱の時間制限設定を確認する方法のガイド:

ステップ1.Finder > 設定 に移動し、「詳細設定」をクリックします。

ステップ2.「30日後にゴミ箱からアイテムを削除する」オプションの選択を外します。

ゴミ箱を空にした後、いくつかの重要なデータが誤って削除され、永久に削除されたMacファイルを復元したい場合、唯一の方法は、それらを復元するためのデータ復元ソフトウェアを見つけることです。EaseUS Data Recovery Wizard for Macは信頼できる強力なデータ復元ツールで、ほとんどのデバイスで様々なファイルタイプをサポートします。

信頼できるEaseUSのソフトを使えば、数回クリックするだけで、空になったMacのゴミ箱を復元することができます。以下の手順に従って、削除されたファイルを素早く取り戻しましょう:

Step 1.削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「失われたファイルを検索」をクリックします。

削除されたファイルを復元する1

Step 2.「失われたファイルを検索」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

削除されたファイルを復元する2

Step 3.検索後、左側で「種類」や「パス」を選択することができます。そして、 復元したいファイル(ファイル形式によっては目のアイコンをクリックするとプレビューできます)を選択し、下の「復元」ボタンをクリックします。保存すると、復元の作業が完了です。

削除されたファイルを復元する3

Macのショートカット上のファイルを永久に削除する方法

Macでショートカットを使うと、作業がスムーズになり、効率が上がり、時間の無駄を省くことができます。ここでは、Macで削除するためのショートカットをご紹介します:

  • 「 Command + Delete」:選択した項目をゴミ箱に移動します。
  • 「Shift + Command + Delete」:ゴミ箱を空にします。
  • 「Option + Shift + Command + Delete」:確認ダイアログなしでゴミ箱を空にします。

「Command+Delete」キーを押してもファイルが削除されないとしたら、3つの点をチェックする必要があります:

  • ファイルは現在使用されていないこと。
  • ファイルはロックされておらず、読み取り専用です。
  • ファイルを変更する権限を持っています。

Macでファイルを強制削除

【Mac向け】削除できないファイルを処分!

Macでファイルが削除できなくても、心配しないでください。この記事では、Macコンピュータ上で強制的にファイルを削除する4つの実証済みの方法について説明します。続きを読む >>

ターミナルを使用してMac上のフォルダを完全に削除する

Macターミナルでrmまたはrm -Rコマンドを使えば、ファイルを永久に削除することができます。これは危険なほど簡単です:

  • 「ファイル名」という名前のファイルを永久に削除するには、rm filenameコマンドを実行します。
  • rm -R archivesコマンドを実行すると、サブディレクトリやファイルを含むアーカイブでいっぱいのディレクトリを永久に削除することができます。

rmコマンドで削除されたファイルの復元

MacでRMによって削除されたファイルを復元する方法

この記事では、Macコンピュータでrmコマンドによって削除されたファイルを復元する効果的で簡単な方法を紹介します。続きを読む >>

さらに、ターミナルでsecure-eraseコマンドを使えば、Mac上のファイルを完全に削除できます。

注:secure-eraseコマンドは、ディスク全体を安全に消去します。特定のファイルやフォルダを削除したり、ハードドライブ・ボリュームを消去したりすることはできません。

secure-eraseコマンドでファイルを完全削除 Mac

Terminalのsecure-eraseコマンドを使用すると、Macのハードドライブボリューム上の空のストレージ領域を安全に消去することができます:

ステップ1.アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル に進み、diskutil listと入力します。

ステップ2.diskutil secureErase 2 disk# と入力する。#をハードディスク番号に置き換えてください。

ディスクユーティリティでMacのファイルを完全に削除する方法

DIskユーティリティからファイルを完全に削除する

注:この方法は、Macのハードドライブから個々のファイルやフォルダを削除するのではなく、Macのハードドライブのボリュームを拭くのに役立ちます。

Macのハードドライブのボリュームを消去するには、以下の手順に従ってください:

ステップ1.MacBook Airで「ディスクユーティリティ」を開きます。

ステップ2.永久に削除したいファイルを含むハードドライブのボリュームを選択します。

ステップ3.上部メニューの「消去」をクリックすると、確認ウィンドウがポップアップ表示されます。

ステップ4.ボリューム名を入力し、HFS+(Mac OS Extended)などのフォーマットを選択し、「セキュリティオプション」をクリックします。

ステップ5.「最も安全」を選択し、「OK」をクリックして開始します。

まとめ

Macでファイルを完全に削除する方法は?Macでファイルを完全に削除するには、ゴミ箱を空にする、Macのショートカットを使う、ターミナルコマンドを使う、ディスクユーティリティを使うなどの方法があります。ただし、3.と4.の方法は個々のファイルやフォルダを削除するのには使えません。

Macのショートカットを使用したり、ゴミ箱を空にしたりすると、MacBook Pro/Air上のファイル/フォルダが永久に削除されることが示唆されています。そして、ユーザーはEaseUS Data Recovery Wizard for Macのような専門的なデータ復元ソフトウェアを使用しない限り、永久に削除されたファイルを復元することはできません。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率99.7% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

よくある質問:

1.Macでゴミ箱の「すぐに削除」をオフにするには?

Macの「すぐに削除」をオフにするには:

ステップ1.アプリケーション」を起動し、「ターミナル」に移動します。

ステップ2.コマンドプロンプトで sudo rm -ri ~/.Trash と入力し、「Return」を押します。

ステップ3.macOSまたはMac OS Xアカウントからログアウトし、ログインし直します。

2.Macから復元できないようにデータを完全に消去するには?

以下の4つの方法のいずれかを使用して、データを完全に消去することができます:

  • ゴミ箱を空にすると、Mac上のファイルを完全に削除できます。
  • Option + Shift + Command + Delete を押すと、確認ダイアログが表示されずにゴミ箱が空になります。
  • Macのファイルを完全に削除するには、ターミナルでrmコマンドまたはsecure-eraseコマンドを使用します。
  • ディスクユーティリティからデータを消去し、Macから復元できないようにします。

3.Macでファイルを完全に削除するショートカットは何ですか?

Macのファイルを完全に削除するには、「Shift + Command + Delete」を押してゴミ箱を空にするか、「Option + Shift + Command + Delete」を押して確認ダイアログなしでゴミ箱を空にします。

4.Macで削除できないファイルを削除するには?

アイテムがロックされている場合は、ゴミ箱に入れる前に、そのアイテムをゴミ箱に移動するか、ロックを解除するかを確認する必要があります。アイテムのロックを解除するには

ステップ1.アイテムを選択し、File > Get Info を選択します。

ステップ2.ロックされているチェックボックスの選択を解除します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。