> How to Use > Macファイル復元 > 【解決済み】Macでゴミ箱からファイルが削除されるのをすぐに停止する方法

【解決済み】Macでゴミ箱からファイルが削除されるのをすぐに停止する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

aoki | カテゴリ: Macファイル復元 | 2022年12月26日に更新

概要:

ファイルがゴミ箱に入ることなくすぐに削除されたため、Mac上のゴミ箱から削除されたファイルを復元するためのアクセスを失いました!?落ち着いて、私たちはあなたのための解決策を見つけました。EaseUS Data Recovery Wizard for Macを使って意図せず削除されたファイルを復元し、すぐに削除することを停止して、ターミナルのコマンドプロンプトからゴミ箱フォルダを通常の状態に戻すことができます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

Q: Macでゴミ箱の中身をすぐに削除しないようにするにはどうしたらいいですか?

"macOS High Sierraにアップグレードした時点で、ゴミ箱フォルダーがすぐにファイルを削除してしまうようになりました。ゴミ箱にファイルをドラッグすると、'xxを削除してもよろしいですか?この項目はすぐに削除されます。この操作は取り消せません。'削除したファイルを保存しなくなったので、ゴミ箱が使えなくなったようです。Macがゴミをバイパスしてアイテムをすぐに削除するのを停止するにはどうしたらよいでしょうか?"

Macでファイルがすぐに削除される

ご安心ください。この記事は、ゴミ箱のファイル削除を停止し、失われたデータを復元するために知っておきたいことをすべて網羅しています。

Macのゴミ箱でファイルがすぐに削除され、削除されたファイルが復元できないのはなぜ?

Macがファイルをゴミ箱に保存せずにすぐに削除してしまう原因は、基本的に2つあります。

1.Macで「すぐに削除」機能を使う

「すぐに削除」は、手動でゴミ箱を空にすることなく、Macからファイルやフォルダをすぐに削除できる、Macユーザーにとって便利な機能です。ゴミ箱の機能をスキップして、ファイルだけを削除します。Macで「すぐに削除」機能にアクセスし、使用するには2つの方法があります。1).クイックアクセスキー操作:Option + Command + Delete;2).ファイルメニュー >すぐに削除...

Macでファイルをすぐに削除するクイックアクセス

この機能を使うことで、Macユーザーはゴミ箱をスキップしてMacからすぐにファイルを削除することができ、ゴミ箱にファイルを削除してゴミ箱を空にするよりも高速に削除することができます。

2.ゴミ箱ファイルのパーミッションエラー

いくつかの公式説明によると、ゴミ箱に関連するファイルのパーミッションがおかしくなっていて、OS XやmacOSがゴミ箱フォルダに新しいファイルを書き込んだり、削除したい項目を一時的な場所に移動させたりできなくなるためだそうです。そんなわけで、削除したファイルやフォルダはゴミ箱を素通りして一瞬で消えてしまうという事実を受け入れなければなりません。

Macのゴミ箱に入らない意図せず削除したファイルを復元する方法

ファイルがゴミ箱に入ることなくすぐに削除されたとして、あなたはMac上のゴミ箱から削除されたファイルを復元するための迅速なアクセスを失ったときに心配しないでください。EaseUS Data Recovery Wizard for Macを使えば、Macのゴミ箱を空にしたファイルを簡単に復元することができます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

ファイル権限の問題でゴミ箱からファイルがすぐに削除されてしまったり、キーボードショートカットの「Option + Command + Delete」やFinderのファイルメニューから「すぐに削除」オプションを使用したとしても、EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、この場合、すぐにスキャンして失ったファイルを見つけるための便利なデータ復旧ユーティリティーです。

チュートリアル:ゴミ箱やFinderからすぐに削除されたファイルを復元する方法

ステップ1.削除されたファイルをスキャンします。

大切なデータやファイルが削除されたハードディスク、外付けドライブ、SSDを選択し、「スキャン」をクリックします。

Mac上で削除されたファイルの場所を選択し、スキャンします。

ステップ2.失われたファイルをフィルタリングします。

このソフトウェアは、クイックスキャンとディープスキャンを実行し、選択したボリューム上でできるだけ多くの削除ファイルを見つけるために懸命に働きます。「種類」と「パス」オプションを通じて、必要なファイルをフィルタリングします。

失われたファイルをフィルタリングして選択する

ステップ3.削除されたファイルを復元します。

削除されたファイルをダブルクリックして、プレビューします。そして、それらを取り戻すために「復元」ボタンをクリックします。

Macから削除されたファイルを復元する

Macのゴミ箱からファイルが削除されるのをすぐに停止する方法

Mac で Option + Command + Delete または Mac メニューの「すぐに削除」オプションを押すとファイルがすぐに削除される場合、この操作を簡単に停止できます。次回からは、クイックアクセスではなく、ゴミ箱にファイルを移動することを忘れないでください。

削除されたファイルがMacのゴミ箱に保存されず、ファイル権限の問題ですぐに削除された場合、ターミナルコマンドプロンプトは問題を解決する良い方法となります。ガイダンスでコマンドを入力するときは、1つのミスで他の無実のファイルを削除してしまう可能性があるので、十分に注意する必要があります。

チュートリアル:ターミナルでゴミ箱によるファイルの削除をすぐに停止する方法

ステップ1. アプリケーションを起動し、「ターミナル」を開きます。

ターミナルを開いてMacのゴミ箱からファイルが消える問題を解決する

ステップ2. コマンドプロンプトで、「sudo rm -ri ~/.Trash」と入力し、「戻る」キーを押します。

Macでファイルを即座に削除するエラーを修正するためにターミナルコマンドを使用します。

  • ターミナルがプロンプトを表示してアカウントのパスワードを要求する場合は、パスワードを入力し、「戻る」を押します。
  • 次に、.Trashフォルダー内のファイルやフォルダーを削除するように指示され、次に.Trashフォルダー自体を削除するように指示されるはずです。それぞれのプロンプトで yesとreturnをタイプしてください。

ステップ3. macOSまたはMac OS Xのアカウントからログアウトし、再度ログインします。

ターミナルでコマンドを実行した後、Macが正しいパーミッションで新しい.Trashフォルダを作成するため、Macの「すぐに削除」ゴミ箱問題はこれで解決するものと思われます。

結論

このページでは、Macでゴミ箱に保存せずにファイルがすぐに削除されてしまう原因について説明します。Macのクイックアクセスで「すぐに削除」機能を使用している場合と、Macのゴミ箱のファイルのパーミッションエラーの2つが原因です。

この問題を解決するには、「すぐに削除」クイックアクセスの使用を中止するか、上で紹介した「ターミナル」コマンドを実行すればよい。Macですぐに削除された失われたファイルについては、EaseUS Data Recovery Wizard for Macを使えば、たった3つの簡単なステップで解決することができます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

Mac ゴミ箱の削除についてよくある質問

Macのゴミ箱の削除や復元について、もっと多くの質問がある方もいらっしゃると思います。もしあなたがこのようなMacユーザーの一人で、ここに挙げたような類似または同じ質問がある場合、答えをチェックして、ガイドに従って、今すぐMacから問題を取り除くことができます。

1.Macでファイルがすぐに削除されないようにするにはどうしたらいいですか?

意識してファイルを削除する以外に、バックアップはファイル/フォルダーが誤って削除されるのを防ぐ最も安全な方法です。タイムマシンやサードパーティのEaseUS Todo Backup For Macを使ってMac上のファイルをバックアップすれば、心配もなくリスクもありません。

2.Macのゴミ箱がすぐに削除するのはなぜですか?

通常、Option + Command + Deleteキーを押したり、Finderメニューの「ファイル」>「すぐに削除」オプションを使用すると、Macはゴミ箱をスキップして直接ファイルを削除します。この問題を回避する最善の方法は、アクセスの使用を停止することです。その代わり、ファイルをゴミ箱にドラッグし、これらのファイルが二度と必要ないと100%確信したときにゴミ箱からファイルを空にする必要があります。

3.Mac でゴミ箱が空にならないようにするにはどうしたらいいですか?

Macのゴミ箱にはWindowsのごみ箱と同様の機能があり、30日後にゴミ箱からアイテムを削除するように設定することができます。

たまたまこの機能が有効になっていた場合は、Finder > 環境設定 > 詳細設定 > 「20日後にゴミ箱から項目を削除する」のチェックを外してください。また、間違ってファイルを削除してしまわないように、Finderの環境設定で「ゴミ箱を空にする前に警告を表示する」にチェックを入れておくとよいでしょう。

4.ゴミ箱を空にした後、削除したファイルを復元するにはどうすればよいですか?

ゴミ箱を空にした後にファイルを紛失してしまった場合、ここで紹介する効果的なソリューションを使用すれば、何の障害もなくMacで空にしたゴミ箱のデータを復元することができます。EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、Mac上のゴミ箱から削除されたファイルを簡単に取り戻すことができ、またMac上のゴミ箱を空にすることもできます。

詳しくは、「Macのゴミ箱から削除したデータを復元する方法」をご参考にしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。