> How to Use > Macファイル復元 > 「Mac ゴミ箱 復元」Macのゴミ箱から削除したデータを復元する方法

「Mac ゴミ箱 復元」Macのゴミ箱から削除したデータを復元する方法

Tioka | カテゴリ: Macファイル復元 | 2020年09月29日に更新

概要:

Macでファイルを削除して、ゴミ箱を空にしたら、どうやってデータを復元すればいいですか。Macからファイル、またはフォルダを削除したとしても、その分のデータが完全に消えることがありません。元々の保存領域が新しいデータや操作によって上書きされない限り、ゴミ箱から削除したデータを専門のMacデータ復元ソフトで完璧に復旧できます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

Macのゴミ箱から削除したデータを完全復活

Macのゴミ箱からデータを削除したケース

「Macでうっかりして削除してしまったデータはしばらくゴミ箱に移りますが、ゴミ箱を空にしたら、復元する方法はありますか?」

上記のように、削除の誤操作によるMacのデータ紛失の場合は一番見られています。それ以外、Macのデータ紛失は様々な原因によって毎日起きています。

Macのデータが紛失した原因

下記の画像は、削除の誤操作を含んで全てのデータ紛失の原因となります。Macのデータ紛失を引き起こす原因はさすがに多いので、定期的にMac上のデータをバックアップすることがおススメです。

Macでデータが紛失した原因

上記の画像によりますと、誤操作意図的な操作、又は不具合は9割強のデータ紛失シチュエーションの原因となります。もしこの3つの原因によってMacのデータがなくなった場合、下記の専門ツールによって復元することが可能です。

Macのデータ復元について

一般的には、macOSが搭載されているパソコンでは、データがすべてハードディスクに保存されています。故に、macOSでゴミ箱からデータを削除すると、データがハードディスクから消えます。macOSでのデータ復元も、実際にはMacのハードディスクからデータを復元することとなります。それでは、なぜmacOSでハードディスクからデータを復元可能かというと、macOSのゴミ箱からデータを削除しても、すぐに完全消失することはないからです。macOSのゴミ箱からデータを削除すると、元々データが保存されていた領域がデータ保存待ちの状態になります。もしこの保存待ちの状態でデータ復旧を行うと、データを完全に復元することが可能です。でも、一旦その領域に新しいデータを保存すると、新しいデータが削除したデータを上書きしてしまうので、復元を不可能にしてしまいます。なので、復元の成功率を上げるには、早めにデータ復旧の作業を実行することがポイントです。だから、下記は専門のMac向けデータ復旧ソフトを含むMacのゴミ箱から削除したデータを復元する方法を複数紹介します。

Macで紛失したデータを復元できる原因とケース

→ 関連記事:Windowsのゴミ箱復元はこちらから!

Macゴミ箱復元ツール:削除ファイル/フォルダーをすべて復元してくれる

Macで削除したフォルダーを復元する前、信頼できる復元ソフトを選択する必要があります。ここでは、安全、簡単で迅速に削除、フォーマットなどの操作ミスによって消してしまったファイル/フォルダを復元できるソフト - EaseUS Data Recovery Wizard for Macをお勧めします。この高性能のMac用復元ソフトは、macOSでHDD、SSD、外付けHDD、USBメモリ、SDカードなどの記憶装置から、削除してしまったファイル/フォルダを復元することができます。下記ボタンからデータリカバリウィザードの「Mac版」をダウンロードすることができます。ソフトの無料体験版は、削除したフォルダをスキャンして、フォルダ内の復元可能なファイルを表示させます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Macファイル復旧ソフトが適用のOSとモデル

上記のMac向けのデータ復旧ソフトは、幅広いMacパソコンで動作可能です。具体的な対応状況は下記の内容を確認してください。

対応するOS:  macOS 10.15、10.14 (Mojave)、Mac OS High Sierra、Mac OS Sierra、Mac OS X 10.11 (El Capitan)、Mac OS X 10.10 (Yosemite)、10.9 (Mavericks)

対応するモデル:上記のOSが搭載しているすべてのMacBook、MacBook Pro、iMac、iMac Pro、Mac Miniなどのアップル製パソコン

3ステップだけ、Macごみ箱復元を実行する

上記のソフトを使って、ディスクの選択 → ディスクへのスキャン → ファイルを選択して復元といった3つのステップだけで復元することが可能です。次はMacのゴミ箱から削除したデータを復元する詳細なステップを参照してください。

Macで削除ファイル/フォルダーを復元する手順:

Step 1. 削除されたファイル/フォルダが保存されていた場所を選んで、「スキャン」をクリックします。

Mac のゴミ箱から削除したデータを復元するステップ1

Step 2. 「スキャン」をクリックしてから、クイックスキャンとディープスキャンが開始します。

Mac のゴミ箱から削除したデータを復元するステップ2

Step 3. 検出されたフォルダをクリックして、フォルダ内のファイルを確認します。最後に、「今すぐ復元」をクリックして、Macパソコンに保存します。

Mac のゴミ箱から削除したデータを復元するステップ3

この復元ソフトの機能、動作環境、操作ガイドなどの詳細情報は、ソフトの紹介ページを見てください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Macで削除したデータを復元する方法を紹介するビデオチュートリアル

下記の動画で紹介するステップに従って、Macのゴミ箱から削除したデータを快適に復活することも可能です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。