> How to Use > バックアップと復元 > 解決済み|Windows10の更新中のエラーコード0x800F0922を修正する

解決済み|Windows10の更新中のエラーコード0x800F0922を修正する

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/22
   
Harumoe
執筆者:Harumoe
   

概要:

Windows10 KB 3163018バージョンにアップデートする中で、エラーコード0x800F0922を受信したことありますか?本記事は、このエラーを修正するための五つの効率的な方法を紹介します。そして、修復プロセスでの意外なデータ損失を防ぐ方法もお紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元
 

エラーコード0x800F0922は、Windows 10の最新のアップデートをダウンロードする時によく出たエラーです。新しいシステムをロードするためのパーティション領域が不足しているか、システムがWindows Updateサーバーへの接続に失敗していることを意味します。

次の部分で、エラーコード0x800F0922が発生する理由とこのエラーの解決策を説明します。一緒に見ていきましょう。

エラー コード0x800F0922が発生する原因

この部分では、Windows10の更新エラーコード0x800F0922が発生する原因を紹介します。

1.システムで予約済みのパーティションスペースが不足している。

システムで予約済みのパーティションに十分な空き容量が不足している場合、コンピューターは0x800F0922などのエラーコードで新しいWindows10インストール ファイルを読み込むことができません。

2.Microsoft Windows アップデート サーバーへの接続に失敗する。

ホーム ネットワークまたはオフィス ネットワークのVPN接続の原因で、コンピューターがMicrosoft Windows アップデート サーバーに接続できず、エラー コード 0x800F0922が表示される場合があります。

3.Windows10アップグレードの.Net Framework インストール部分が失敗する。

ヒント: エラー コード0x800F0922を修正する前に、システムと重要なデータをバックアップする

システムバックアップのイメージとデータのバックアップがあれば、エラーコードを修復するとき、データ損失の問題やシステム障害を防ぐことができます。専門的なWindowsバックアップソフトであるEaseUS Todo Backup Free は、無料でデータのバックアップと復元ができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

操作手順:

ステップ1. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つからバックアップする対象を選びます。

バックアップ種類を選ぶ

ステップ2. そしてバックアップの保存先を選びます。

保存先を選ぶ

ステップ3.「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。

バックアップ開始

Windows10 アップデート エラー コード0x800F0922を修正する

方法1.システムで予約済みのパーティション領域を拡張する

専門的なパーティション マネージャー ソフトウェアを使用して、システムで予約済みのパーティションを拡張(https://jp.easeus.com/partition-manager/windows-10-could-not-update-system-reserved-partition.html)します。ここでは、EaseUS Partition Master Free(https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html)をお勧めします。そのサイズ変更機能を使用して、システムで予約されているパーティション領域を拡張し、Windows10 アップデートのエラー コード 0x800F0922を修正することができます。

方法2.トラブルシューティングを実行して、エラー コードを修正する

操作手順は次のとおりです。

step1.Windowsアイコンをクリックし、Wを押して検索機能を開きます。

step2.トラブルシューティングと入力して、Enter キーを押します。

step3.トラブルシューティング ウィンドウが開いたら、[すべてを表示]を選択し、[Windowsアップデート]を選択します。

step4.詳細を選択し、管理者として実行を選択します。

step5.[次へ]をクリックし、画面の指示に従います。

方法3.DISMを実行して、エラー コードを修正する

操作手順は次のとおりです。

step1.Windows + X を押して、コマンド プロンプト管理を選択します。

step2.dism.exe/online/cleanup-image/scanhealthを入力し、Enterキーを押します。スキャンが完了するまでお待ちください。

step3.そして、dism.exe/online/cleanup-image/restorehealthを入力し、Enterキーを押します。

これが完全に実行されるまでにはかなり時間がかかりますが、Microsoft Windows10の更新のために破損したファイルを復元できます。

step4.PCを再起動し、Windows10の新しいビルドへの更新をもう一度試みます。

方法4.VPN接続の問題を解決して、エラー コードを修正する

ネットワークを切断する > VPNソフトウェアをオフにする > Microsoft Windows 10 Update を実行する > PC を再起動する > ネットワークを再接続し、VPNをオンに戻します。

方法5..NET Frameworkを修正する

step1.Windows + Xを押して、コントロール パネルを選択して、プログラムをクリックします。

step2.Windowsの機能の有効化または無効化をクリックして、次の画面で、.NET Framework3.5(.NET2.0および3.0を含む)をクリックします。

step3.[OK]をクリックして、Windows10の更新を再度続行します。

まとめ

本記事はエラーコード0x800F0922を修正する四つの方法を説明しました。そして、Windows10を更新する中での予期しないデータ損失を防くために、データとシステムのバックアップ方法も紹介しました。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。