> How to Use > バックアップと復元 > 『2選』Windows7からWindows11にアップグレードする方法

『2選』Windows7からWindows11にアップグレードする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月09日に更新

概要:

お使いラップトップはまだWindows7を使用し続けていますか?最近、Windows11がリリースされました。Windows11をワクワク体験したいですか?Windows7からWindows11に直接アップグレードする前に、データ損失を避けるために、Windows7のデータをバックアップすべきです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 7からWindows 11に直接アップデートする場合、クリーンインストールが必要となります。Windows 7のユーザーは、Windows10に更新することで、さらにWindows 11に更新することができます。Windows 11のクリーンインストールを行う前に、重要なをバックアップしておきます。

現在、ほとんどのデバイスは、簡単にWindows 11にアップグレードすることができます。Windows 10は、Windows 11にアップグレード、クリーンワイプ、または再イメージングすることができます。システム要件を満たす Windows 7 システムでは、クリーン インストールまたは再イメージングする必要があります。これらの解決策は、古いバージョンのWindowsを実行しているPCでも適用できます。しかし、その前に、お使いの PCのが Windows 11 に適合していることを確認してください。この記事では、Windows 7からWindows11にアップグレードする方法について説明します。

Windows 7からWindows11にアップグレードする方法

Windows 7からWindows 11に無償でアップグレードできますか?

Windows 7をWindows11にアップグレードには2つの方法があります。データを失うことがなく、ISOファイルを使って、クリーンインストールで、Windows 11にアップデートすることが良いし、Windows 7をWindows 10にアップグレードして、さらにwindows11にアップグレードすることも良いです。ただし、再インストールが必要です。アプリケーションや設定は、新しいWindowsに移行されません。したがって、Windows 7からアップグレードする前に、お使いのデバイスがWindows 11の基本システム要件を満たしていることを確認してください。

Windows 11をインストールするには、お使いのデバイスにTPM 2.0、Fast Boot、64GB SSD、および4GB RAMが必要です。現在、Windows 11はWindows 10へ無料アップデートサビースがありますけど、Windows 7ユーザー向けの正式な選択肢ではありません。ですから、もしライセンスを持っていないなら、今すぐライセンスを取得して、アップデートを楽しんでください

関連記事:Windows 11のPCにデータを完全移行する方法

Windows 7からWindows 11へのアップグレードの前にディスクバックアップを作成

PCにWindows 11をインストールする前に、システムの復元ポイントを作成し、データの完全なバックアップを取ることを強くお勧めします。なぜなら、Windows 11の初期リリースには多くの欠陥や不具合が存在する可能性があるので、データ損失のリスクがあります。

何か問題が発生した場合、バックアップがあれば、より迅速に消えたデータを復元することができます。Windows 11をインストールする前に、外付けまたはクラウドにデータのバックアップファイルを作成してください。

以前の時点からデータを復元することができれば、不測の事態が発生した後でも、個人や企業の復旧に役立つかもしれません。元のデータが失われたり、破損したりする可能性があるため、バックアップをとっておくことが肝要です。そこで登場したのがEaseUS Todo Backupという専門なデータバックアップソフトを使って、システムディスク、個々のファイルやフォルダ、ハードディスク全体をバックアップできます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

解決策1:Windows 11をWindows 7コンピュータにISOでインストールする

Windows 11 Pro版のISOファイルを直接リンクを探したい?

ISOファイルを使用して、以下の簡単な手順でWindows 7からWindows 11にアップグレードします。

操作手順

ステップ 1: Windows 11 ISOファイルをダウンロードし、起動します。

Windows 11 ISOファイルをダウンロード

ステップ2: 左のペインを使用してマウントされたドライブに移動します。

ステップ3:Windows 11の更新を開始するには、ファイルをダブルクリックします。

ステップ4:プロンプトが表示されたら、Windowsセットアップがアップデートを取得する方法を変更するオプションを選択します。システムから更新プログラムをダウンロードする方法を変更します。

ステップ5:[今はしない]オプションを選択します。

ステップ6:アップグレードの実行中に自動更新をオフにします。

ステップ7:ポップアップメニューから[次へ]オプションを選択します。

ステップ8:[同意する]ボタンをクリックします。完了したら、[インストール]ボタンを押してファイルとプログラムを保持します。

解決法2:Windows10に更新してから、Windows11への自動アップグレードを行う

Windows 11にアップデートしたいが、その方法がわからないWindowsユーザーは、この部分の内容を参考になれます。最初にオペレーティングシステムをWindows10にアップグレードして、さらにコンピューターをWindows11アップグレードします。以下の手順に従ってください。

1.Windows7からWindows10にアップグレードする方法

ステップ1:すべての重要な文書、プログラム、およびデータのバックアップがあることを確認します。

ステップ2: MicrosoftのWebサイトのWindows10ダウンロードページに移動します。

ステップ3:  Windows10インストールから[ツールを今すぐダウンロード]を選択して、アプリケーションを実行します。

 Windows10をダウンロードする手順

ステップ4:必要に応じて、[この時点でこのPCをアップグレードする]を選択します。

注: Windows 10の公式ライセンスは、Windowsのインストールが完了した後、[設定]>[更新とセキュリティ]>[ライセンスの認証]にあります。

2.Windows10からWindows11にアップグレードする方法

Windows 10をインストールし、Windows 11にアップグレードする予定があるユーザーは、次の方法を参考になれます。

ステップ1:無料かつ安全なWindows11チェッカーを使って、PCがWindows11と互換性があるかどうかを判断できます。

ステップ2:重要な資料、アプリケーション、およびデータのバックアップを作成します。

ステップ3: Windows10コンピューターの[スタート]メニューから[設定]>[更新とセキュリティ]>[WindowsUpdate]を選択します。

ステップ4:無料のWindows11アップグレードをダウンロードしてインストールするオプションとして表示されます。

Windows10からWindows11にアップグレードする方法

ステップ5:ダウンロードしてインストールするには、[ダウンロードしてインストール]を選択します。

ステップ6:画面の指示に従って、Windows11の構成オプションを設定します。

結論

この記事では、Windows7をWindows11にアップグレードする方法について説明しました。ISOファイルからクリーンインストールを実行するか、Windows7からWindows10に更新してから、次にWindows11にアップグレードすることができます。いずれの場合も、Windowsをアップグレードする前にデータをバックアップすることが不可欠です。幸い、Ease Todo Backupを安全に使用して、重要なデータを保存したり、失われたファイルを取得したりできます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。