> How to Use > バックアップと復元 > 無料でOSをHDDからより小さいSSDにクローンする方法

無料でOSをHDDからより小さいSSDにクローンする方法

2019年12月13日に更新

筆者: Bak

バックアップと復元
概要:
古いHDDを廃棄し、より小さいSSDを使おうとお考えですか?Windows 10/8/7を再インストールせずにHDDからSSDに移行したいと思っていますか?面倒に思うかもしれませんが、実は簡単に実行できる操作です。無料でOSをHDDからより小さいSSDにクローンする方法を、この記事で皆さんに紹介します。

「システムの起動スピードを上げたくて、新品のSSDを買って換装を行おうと思います。大容量のSSDは値段があまりにも高すぎるので、元のHDDより小さいSSDを買うことにしました。しかし、システムを再インストールするのは面倒すぎます。何か直接今のOSをHDDからSSDに移行する方法はあるでしょうか?」

なんでOSをより小さいSSDにクローンすることが必要

上記のシチュエーションのように、現在、容量が普通でも1TB/2TBのHDDと比べて、SSDの容量がまだまだ小さいです。大容量のSSDが販売されているのも確かなことですが、同じ容量のHDDと比べると、5倍以上の値段になるので、さすがに敬遠なものです。また、HDDが経年劣化で動作がどんどん重くなっていて、SSDの高い稼動スピードを気に入って、SSD換装を行おうとする人は少なくありません。大容量のSSDがかなり高額なので、容量がより小さいものにする人は少なくありません。その際、多くのユーザーがOSをより小さいSSDにクローンすることが必要となります。

しかし、換装後のOSリビルドは大変時間がかかりますし、うまくいかなかったらシステムクラッシュを起こして、パソコンが起動できなくなる可能性もあります。それゆえ、現在のOSを直接に新品SSDにクローンすれば、OSリビルドの手間を省けるし、多くの問題を避けることができます。実際のデータから見ると、システム移行の成功率も多いに上げられます。

ここで、システムクローンツールEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。30日間に無料でシステムクローンを実行できます。SSD換装を行うには最適なツールです。システムクローンの他、システムバックアップ、ディスクバックアップなど全面的なバックアップ機能も備えています。是非試してみてください。

OSをHDDからより小さいSSDにクローンする手順

OSをHDDから容量がより小さいSSDにクローンする前に、注意を払わなければいけないのは1点あります。

ご注意:OSをクローンするには、システムディスクを丸ごとクローンを実行します。だから、現在使用中のシステムディスクの使い済みの容量がSSDの容量を超えたら、システムのクローンも失敗になりますので、ご注意ください。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、上側の「クローン」を選択します。

上側の「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。ソースドライブに不良セクターがある場合、「セクタバイセクタクローン」の前チェックします、そうすると、ソースディスクはセクターごとにクローンされます。そして、クローン先がSSDなので、「SSDに最適化」にもチェックを入れておきます。最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクを指定する

EaseUS Todo Backupの主な機能はディスク/パーティションバックアップ、システム移行スケジュールバックアップなど色々あります。30日間の体験期間中に、思う存分使ってみてはいかがでしょうか。