> How to Use > ディスクコピー > 無料SSDクローンソフト|SSD to SSDクローンソフト無料ダウンロード

無料SSDクローンソフト|SSD to SSDクローンソフト無料ダウンロード

2019年08月20日に発表

筆者: Tioka

ディスクコピー
概要:
このページでは、無料で高機能なSSDクローンソフト―EaseUS Disk Copyをダウンロードすることが可能です。SSDから他のSSDにクローニングしたいなら、EaseUS Disk Copyは最もカンタン且つ安全な対策です。

SSDから他のSSDへのクローンについて

近年、SSDの価格はますます低廉化になっているので、SSDの容量不足問題を解決するため、128GBなどの小さい容量のSSDを大容量のSSDへアップグレードするよい時期と言えます。小容量のSSDを大容量SSDに交換するには、SSDから他のSSDへのクローンが必要となります。元々SSDの交換は少し専門気味で、一般ユーザーは自分で行えないような作業です。しかしながら、使いやすいSSDクローンソフトを使えば、OSを含む元のSSDに保存されているすべての内容を簡単に新しいSSDに移行できるので、クローンの経験がまったくない初心者でも、SSDのクローン及び交換をとても楽に行えると思います。

高機能SSDクローンソフト―EaseUS Disk Copyをご紹介

Windowsのコピー/ペースト機能で、Windows OS、プログラムなどを移行できませんが、EaseUS Disk CopyというSSDクローンソフトを使ったら、Windows OS、ファイル、プログラムなどのデータを完全に新しいSSDに移行できます。このソフトはクローン専門ソフトとして、もちろんクローン機能に取り組んでいます。クローンの安全性、便利さや成功率などにも優れています。そして、このソフトに「セクターバイセクター方式のコピー」機能が備えています。「セクターバイセクター方式のコピー」機能を利用することで、SSD領域の最小単位 - セクターずつクローンを行います。そうすると、クローン先のSSDはクローン元のSSDとディレクトリ構造なども完全一致にすることができます。

このクローンソフトについて、もっと知りたい方は、EaseUS Disk Copyの公式ページに移動してください。

SSDクローンを行う操作手順

EaseUS Disk Copyを無料ダウンロードしてPCにインストールします。二つのSSDとも正確にPCに接続していることを確認した上、下記のステップに従ってSSDのクローンを実行してください。

Step 1. EaseUS Disk Copyを起動して、「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスク(クローン先)を指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

Step 2. ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。(このステップで、選択するディスク先のSSDの容量は前のSSDの使い済みの容量より大きいことを確認してください。)

ターゲット上のデータが全て消去されます」という警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:
①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

また、SSDだけではく、EaseUS Disk Copyという高機能のクローンソフトは、HDDのクローンにも対応しておりますので、詳しい操作手順は、HDDクローンの実行方法をご参照ください。