> How to Use > ディスクコピー > ディスクをコピー、複製、クローン―EaseUS Disk Copy

ディスクをコピー、複製、クローン―EaseUS Disk Copy

2018-05-09 10:50:00 Posted by Tioka to ディスクコピー

概要:
EaseUS Disk Copyは、ディスク上のデータを完全に他のディスクにコピー、複製、クローンすることで両方のデータを一致させることが可能です。この記事では、その方法について皆さんにご紹介します。

ディスク上のデータを大事に保存していくためには、それらデータのバックアップを取ったほうがいいです。なぜかというと、予想せずにデータが紛失された場合でも、バックアップ先からでーたを復元できるからです。それでは、ディスク上のデータを完全に他のディスクへクローンするにはどうしたらいいでしょうか。

ディスククローンについて

ディスククローンとは、ハードディスクの内容を別のハードディスクまたはイメージファイルにコピーすることを指します。一般的に、コピー元のハードディスク内容はイメージファイル経由で、コピー先のハードディスクに書き込まれます。この方法は、大容量ハードディスクへのデータ移行にも適用できます。

ディスククローンはデータバックアップの他、データ復元にも役に立ちます。ハードディスクのデータには、読み取り可能データと復元可能データの2種類があり、読み取り可能データはシステムにより読み取ることが可能なので、パーティションで表示される他、編集、削除、非表示などの操作を実行することができます。復元可能データは誤って削除した、フォーマットした、或いはウィルスによって消されてしまったデータを指します。

一般的なディスク・パーティションクローンは読み取り可能データのみをクローンしますが、以下で紹介するEaseUSのディスククローンソフトはハードディスク全体を丸ごと複製することができます。

ここで、ディスククローンソフトを使ってセクターまでもクローンできる方法を紹介していこうと思います。クローンしたデータはクローン元のデータと一致することを保証できるソフトです。次は詳細なマニュアルですので、是非ご参照ください。

EaseUS Disk Copyでディスクを完全にコピー/クローンする方法

下記のダウンロードボタンをクリックしてソフトをパソコンにインストールしてみましょう。それから、下記のチュートリアルに従って操作してください。

Step 1. 「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 2. ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。