> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10 OSを異なるハードウェアまで移行する方法

Windows 10 OSを異なるハードウェアまで移行する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

chalk | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年11月16日に更新

概要:

一般的には、Windows 10システムを異なるハードウェアのパソコンまで移行するのは簡単なことではありません。専門的なバックアップソフトでWindows 10システムを簡単に異なるハードウェアのPCまで移行できます。EaseUS Todo Backupはシステムイメージを異なるプロセッサ、マザーボードを備えたハードウェア、或いは異なる大容量装置まで復元できます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 10 OSを異なるハードウェアまで移行することについて

一般的には、Windows 10システムを異なるハードウェアまで移行するのは簡単なことではありません。バックアップセットは意外が発生した後、同じパソコンにシステムをリカバリできますが、異なるPCまでの復元を行いたい場合、ハードウェアが違うため、エラーが発生しやすいです。

専門的なバックアップソフトでWindows 10システムを簡単に異なるハードウェアまで移行できます。

EaseUS Todo Backupはシステムイメージを異なるプロセッサ、マザーボードを備えたハードウェア、或いは異なる大容量装置まで復元できます。また、サーバーやワークステーションがリストアした後、正常に動作できることも保証できます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 10 OSを異なるハードウェアまで移行する必要な場合

1.システムを他のパソコンに移動する

パソコンを買い替えた場合、現在利用中のパソコンのOS、Cドライブにインストールしたプログラム及びそのデータを一緒に他のパソコンに移行したい場合は、新旧パソコンはハードウェアが同じな可能性が低いので、異なるハードウェアのパソコンに移行するのは比較的に効率な方法だと思われています。

2.故障パソコンを回復する

もし利用中のパソコンが何らの原因によってシステムに入らなくなった場合、正確に動作しているパソコンからシステムをバックアップして、故障パソコンにシステムを移行したら、故障したパソコンを効率的に回復できます。

3.マザーボードをエラーから保護する

どんなタイプのマザーボートを利用していても、マザーボートのエラーを避けることができません。この機能で、ハードウェア環境が異なるパソコンにもシステムを効率良く移行することができるので、マザーボートなどのハードウェアを置き換えても、システムをカンタンに回復できます。

EaseUS Todo BackupでWindows 10 OSを異なるハードウェアまで移行する方法

システムを異なるPCやハードウェアまで移行する前に、Windows 10 OSをイメージファイルでバックアップしたことがあると確認してください。システムをバックアップする方法をご参考ください。それでは、次は、Windows 10システムを異なるハードウェアまで移行する一番詳細な操作手順を皆さんに紹介しますので、これらのステップを1つずつ参照して異なるハードウェアパソコンにWindowsを移行してみましょう。

ステップ1.起動ディスクを作成する

ハードウェア環境が違うパソコンまでイメージファイルを復元するには、まずはEaseUS Todo Backupを使って起動ディスクを作成する必要があります。

1.USBフラッシュドライブ、または外付けHDDをパソコンにインストールします。(利用可能な容量は最低100GB程度)

2.EaseUS Todo Backupを開き、「ツール」>「ブータブルディスクの作成」を順次にクリックします。

「ツール」>「ブータブルディスクの作成」を順次にクリックします

3.ブートディスクの場所でUSB/外付けHDDを選択して、「実行」ボタンをクリックすることで起動ディスクを作成します。

winpe起動ディスクを作成

ステップ2.Windowsシステムのイメージを作成する

注:もし既にイメージファイルを持っている場合は、直接にステップ3に移動してください

1.正確に動作できるパソコンでEaseUS Todo Backupを立ち上げ、「システムバックアップ」をクリックします。

『システムバックアップ』をクリックする

2.バックアップしたいOSを選択して、「宛先」で先の起動ディスクを含むUSB/外付けHDDを選択して、「実行」します。

システムバックアップの設定をする

ステップ3.起動ディスクからEaseUS Todo Backupを起動するシステムイメージを復元する

1.起動ディスクとなるUSB/外付けHDDをパソコンに接続します。
2.パソコンを再起動して、F2/F8(機種によってキーが異なる)を押し、BIOSに入ります。
3.BIOSでパソコンのブートディスクを先に作成した起動ディスクに変更して起動したら、EaseUS Todo Backupのメインウィンドウが自動的に表示されます。

ステップ4.EaseUS Todo Backupでシステムイメージを復元する

1.EaseUS Todo Backupのメインウィンドウで「システムの移行」をクリックします。

「システム移行」機能

2.ステップ2で作成したシステムイメージファイルを選択して、「OK」をクリックします。

3.復元の場所を選択して、移行プロセスを「実行」します。

ステップ5.移行したシステムを起動

1.biosでブートディスクを移行したシステムを含むディスクに変更します。
2.変更を保存してパソコンを再起動します。

ここで、移行したいOSをハードウェア環境が異なるパソコンに成功に移行できると思います。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

まとめ

予期せぬ事態が発生した場合、OSを別のハードディスクやパソコンに移さなければならないことがあります。
しかし、OSの移行は単純なコピー&ペーストの作業ではなく、一般のユーザーにとって自力で行うことは困難です。 そのためには、信頼できるEaseUS Todo Backupを使うことをお勧めします。
また、大切なデータを失わないために、事前にバックアップを取り、EaseUS Todo Backupのバックアップ機能を使って大切なデータを保護することをお勧めします。

よくある質問

1.パソコンのデータ移行にUSBを利用する方法は?

外付けハードドライブまたはUSBメモリを古いコンピュータのUSBポートに接続し、移行するファイルを外付けハードドライブまたはUSBメモリにコピーします。 次に、コピーしたデータが入った外付けハードディスクまたはUディスクを新しいコンピュータに接続し、しばらく待ってからデータの移行を完了します。

2.パソコンデータ移行の時、移行すべきデータは何ですか?

データの移行およびバックアップ中に移動する必要のある重要なデータには、お気に入り、ドキュメント、デスクトップ、電子メールアカウント、アドレスブック、および送受信された電子メールデータが含まれます。他には、自分のニーズに応じて転送するデータを選択します。

3.パソコンを買い替えた後、どのような準備をしなければならないのですか?

コンピュータを交換した後、次のことを行う必要があります。古いパソコンのデータ移行、インターネット接続設定、周辺機器の接続、Wi-Fiの設定、パソコンのセットアップ、ソフトウェアのインストール、セキュリティ設定。

4.クローンの時、なぜアプリケーションやファイルもクローンされるのですか?

「OSの移行」機能を使用すると、EaseUS Partition Masterはシステムパーティションとブートパーティションにあるすべてのコンテンツをクローンします。そのため、これらのパーティションにインストールしたプログラムや保存したファイルがある場合は、それらもSSDにコピーされます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。