> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10をUSBドライブに転送する方法

Windows 10をUSBドライブに転送する方法

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年10月20日に更新

概要:

EaseUS Todo Backupを用いてWindows 10をUSBドライブに転送することは可能です。Windows 10をUSBドライブに転送することで、どこでも自分のオペレーティングシステムが利用可能になります。

無料体験Windows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ
 

「サラリーマンなんですけど、最近、会社は全てのPCをWindows 10にアップグレードしましたが、うちのPCはまだWindows 7でした。Windows 10は本当に評価できるオペレーティングシステムだと思うんですので、USBとかの外付けデバイスに転送してWindows 10を持ち帰ったらいいなと思っています。パソコンにあんまり詳しくないので、誰かがご指摘ください。」

上記の場合、Windows 10をUSBドライブに転送するにはどうすればいいのでしょうか。次はその方法についてみなさんにご紹介します。

Windows 10をUSBドライブに転送する方法

Windows 10をUSBドライブに転送するといえば、下記は最も使われている2つの方法です。

方法1.Windows To Go

ウィキペディアによりますと、Windows To Go (ウィンドウズ トゥ ゴー)は Windows 8 Enterpriseエディションの機能で、フラッシュメモリや外付けハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイスからのブートとOS実行を可能にする。

現時点では、市販のWindows To Goがプリインストールされているusbデバイスはたくさんあります。

方法2.USB起動ディスクを作成する

EaseUS Todo Backupを使うことでUSB起動ディスクを作成することは可能です。この高機能なバックアップソフトでWindows 10をUSBドライブに転送すれば、Windows 10をどこで使えるようになります。

EaseUS Todo Backupを用いてWindows 10をUSBドライブに転送する方法

1.EaseUS Todo Backupをダウンロードしてパソコンにインストールしてください。

無料体験Windows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

2.USBをパソコンに挿入してソフトを立ち上げてください。

3.ソフトのインタフェースで「システムクローン」を選択してください。

EaseUS Todo Backupでシステムクローンを選択する

4.ターゲットディスクをUSBドライブと指定して、「バックアップオプション」で「ブータブルWindowsUSBドライブを作成」の前にチェックを入れてください。

バックアップオプション

5.それから、実行していればusbのWindows起動ディスクを作成することは可能です。

無料体験Windows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。