> How to Use > バックアップと復元 > システムやデータを別のHDDに移行する方法

システムやデータを別のHDDに移行する方法

さわこ
更新者:さわこ 2024/02/28
   
chalk
執筆者:chalk
   

概要:

移行したいデータが多くない場合、専門ソフトを使う必要はありません。移行したいファイルをターゲットHDDにコピー・ペーストするだけで完了します。しかし、データが多すぎる場合や、システムファイルやアプリケーションを含んでいる場合、HDD移行の専門ソフトを使う必要があります。安全かつ効率的なHDD移行ソフト- EaseUS Todo Backup FreeとEaseUS Todo PCTrans Freeをお勧めします。記事内で紹介しているソフトはHDDのクローンとイメージ機能を兼ねて備えます。下記で詳しい操作手順を紹介します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ
 

HDD移行について

PCを日常的に使用している中、時々HDDデータの移行が必要となります。一般的には、HDDにユーザーの個人データが保存されていますが、OSを含む場合も少なくありません。それでは、HDD中のデータやOS(システム)を別のHDDに移行するにはどうすればいいですか。また、HDDの移行を実行しなければいけない原因はなんでしょうか。

HDDを移行しなければならない原因:

  • 古いHDDが容量不足になり、データをより大きいHDDに移行する必要がある。
  • 新しいHDDを購入し、プログラムやデータを古いHDDから新しいHDDに移行したい。
  • HDDの一部のデータをほかのHDDに移行したい。

上記のように、様々な場合ではHDDのデータやシステムを移行する必要があります。それでは、どうやって徹底的にHDDの移行を行いますか。移行したいデータが多くない場合、専門ソフトを使う必要はありません。移行したいファイルをターゲットHDDにコピー・ペーストするだけで完了します。しかし、データが多すぎる場合や、システムファイルやアプリケーションを含んでいる場合、HDD移行の専門ツールを使う必要があります。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

HDDデータ移行:ハードディスクをコピーする方法

データ、システムなど、HDDの移行を行うために、下記の二つの方式があります。自分のニーズによってどちらを使うかを選択することができます。ここの「コピー」は通常の意味での「コピー」ではありません。

コンピューターでのコピーという操作は、特定のファイルの内容を複写して、同じ内容のファイルを作成することを指します。しかしながら、もし話が「HDDのコピー」になりますと、ここのコピーは、「クローン」の意味をしています。なぜかという、HDDのコピーを実行する多くの場合、その中に保存するファイルをコピーすることだけではなく、そのHDDのフォルダ構造、隠しデータ、レジストリ情報なども一緒に新しいHDDにコピーしたいとユーザーが思っているからです。

このようにHDDを徹底的に別のHDDにコピーしたり、移行したりする操作は、「クローン」と呼ばれています。だから、ここでHDDを徹底的にコピーしたり、移行したりする方法を皆さんに紹介します。

1.別のHDDにクローンする

簡単なコピーと異なり、ディスククローンソフトはファイルごとに、或いはセクターごとにデータを移行できます。元のOSは新しいHDDで順調に動作でき、すべてのユーザ設定やアプリケーションが安全に保たれます。

HDDにクローンする前の注意点

1.古いHDDより容量が大きなデバイスを用意しておく

2.HDDのデータをバックアップする

①コピーの手順が間違ったら、コピー中にデータ紛失の可能性が低いけど、念のため、HDDのバックアップを取ります。

②古いHDDを新しいHDDにクローンすると、新しいHDDのデータが上書きされるので、HDDのデータのバックアップが必要となります。あるいは、何も保存していないHDDを用意します。

操作手順

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.ソースディスクまたはパーティションを選択して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択する

3.次に、ターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクはソースディスクまたはパーティションより大きいことを確認して、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択する

4.クローンを作成すると、ターゲットディスク/パーティション上のすべてのデータが永久に消去されるという警告ウィンドウが表示されますので、クローンを開始したい場合は、「続ける」をクリックします。

クローンを作成すると、警告ウィンドウが表示されます

関連記事:コピー/バックアップ/クローンの違い解説

2.HDDイメージでデータを移行

HDDイメージソフトはHDDのイメージを作成し、新しいHDDに復元することができます。このメソッドもOSとアプリの正常な動作を確保することができます。

イメージファイルで移行するには、イメージファイルを作成する、それから、イメージファイルを新しいHDDにデータを復元という流れになります。その一方で、クローンで移行するのは、2つのHDDを同時にパソコンに接続するので、システムやデータが直接にHDDから他のHDDに移行することが可能です。クローンという方式によってシステムやデータを移行したら、手順が少なく、時間も大幅に節約できるので、イメージファイルより理想的な移行方法だと考えられています。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

related articles

クラウドバックアップと外付けHDDバックアップ:どちらが良い?

クラウドバックアップと外付けハードディスクは、最も一般的なバックアップソリューションの2つです。バックアップデータの保存には、クラウドと外付けハードディスクのどちらを選ぶべきでしょうか。詳しくは本記事をご覧ください。

バックアップ

HDDの移行:様々なデータを完全に移行する方法

安全かつ効率的なHDD移行ソフト- EaseUS Todo PCTrans Freeをお勧めします。このソフトを使って、現在使用中のパソコンから、様々なデータを簡単にほかのパソコンに移行することができます。以下は詳しい操作手順を紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。

データ転送するステップ1

Step 2:提示のように、2台のPCとも同じネットワークに繋いでTodo PCTransをインストールして開いてください。それから、「続ける」をクリックします。

データ転送するステップ2

Step 3:Todo PCTransが自動に同じネットワーク下のPCを検出します。PCをクリックして接続します。目標PCが表示されない場合、PCを追加ボタンをクリックしてIPアドレスを入力することで手動に追加できます。(手動にPCを追加する場合、目標PCのパスワードが要求される可能性があります。

データ転送するステップ3

Step 4:2台のPCが繋いだ後、転送方向を確認します。このPCから他のPCへ転送する、若しくは他のPCからこのPCへ転送するを選択して「OK」ボタンをクリックします。

データ転送するステップ4

Step 5:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 6: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

まとめ

一般的には、HDDのデータを丸ごとに他のデバイスに移行すれば、サードパーティ製のソフトの助けを借りなくて行うことが大変です。本記事で紹介している安全で使いやすいHDDデータ移行ツールを使用することで、HDDのデータが失うことがなく効率的に移行することができます。また、その2つのツールに関する何かご不明なところがあれば、([email protected])までご連絡ください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。