> How to Use > バックアップと復元 > 認定されてないUSBメモリでWindows To Goを作成する方法

認定されてないUSBメモリでWindows To Goを作成する方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/14
   

概要:

認証されていないUSBメモリでWindows To Goを作成するには、簡単にブータブルUSBを作成するソフトウエアが必要です。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ
 

Windows To Goは、Windows 11/10/8.1/8の企業向け機能で、これによってユーザーはWindowsライブシステムを搭載したブータブルUSB外付けハードディスクを作成することができます。ポータブルなWindows To Go USBドライブがあれば、ブート障害、マルウェアやウイルス感染によるシステムクラッシュなど、システム起動時の災害を心配する必要はありません。Windows To Go USBドライブは、どのコンピュータでも、どこでも使用できます。認証されたUSBフラッシュドライブにWindows OSをインストールするための以下の要件を満たすだけです。

Windows To Go認定USBメモリ一覧はこちら!

  • イメーション IronKey™ Workspace W300 / W500 / W700
  • キングストンDataTravelerワークスペース
  • Spyrus ポータブルワークプレイス
  • Spyrus Secure Portable Workplace
  • スパイラス・ワークセーフ
  • スーパータレントRC4/ RC8
  • WD My Passport Enterprise

ですから、対応したUSBメモリを入手したかどうかをまず確認してください。一方、それらのWindows To Go認定ドライブはすべてストレージ容量が32GBからなので、一般的に多くのコストがかかります。

認証されていないUSBメモリーでWindows To Goを作成することは可能か

非認証USBメモリにWindows To Goワークスペースを作成しようとすると、ほとんどの場合、「これはリムーバブルドライブであり、Windows To Goと互換性がありません」というエラーメッセージが表示され、失敗します。

実のところ、世界中のユーザーの大半は、SanDisk、Kinston、Toshiba、Samsungの人気USB 3.0フラッシュドライブを使用しており、そのほとんどはWindows To Goをサポートしていません。ポータブルドライブにパーソナライズされたWindowsオペレーティングシステムをインストールする必要がある非認証USB所有者を広く支援するために、サードパーティのWindows To Goクリエーターが開発され、Windows To Go非認証USBを使用することができます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

最後に、USBメモリに自分だけのWindows To Goを作ろう!

そのためには、最適なUSBブータブルソフトウェアを見つけることが必要です。例えば、EaseUS Todo Backup は、システム全体の構成とファイルのイメージを外部ストレージに作成することをサポートするシステムクローン機能を備えており、WindowsTo GoのようなポータブルWindowsオペレーティングシステムの作成が簡単にできます。

Tip
どのメーカーのUSBメモリでも、Microsoft Windows To Go認定USBメモリのリストにないものでも、EaseUS Todo Backupで使用することができます。ただし、2つのルールに従う必要があります。何も入っていない新しいUSBフラッシュドライブの場合、ストレージスペースがシステムパーティションより少なくないことを確認します。一方、古いUSBドライブの場合、既存のパーティションの前に十分な未割り当てスペースがある必要があります。

非認証USBメモリでWindows To Goを作成するためのガイドです。

USBを用意する:

1.システムCドライブのディスク容量がどのくらいか確認します。ここでは、40GBとします。次に、ディスク容量が40GBより大きい適格なUSBドライブを用意してください。

2.空の新しいUSBドライブを使うか、古いUSBドライブを使うか。システムクローンによってデータが完全に上書きされるため、重要なデータがすべて安全に転送されていることを確認してください。

3.USBドライブを正しくマシンに接続し、Windowsがそれを検出し、ドライブレターを割り当てたことを確認します。

全体的な手順に従って、ポータブルWindows USBドライブを作成し、そこから起動することができます。

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローンをクリック

ステップ2. ターゲットディスクを選択して、「次へ」をクリックします。

システムクローン手順2

注意:MBRからGPTへのクローン、またはGPTからMBRへのクローンには対応していません。クローン元ディスクとクローン先ディスクのパーティションスタイルが同じであることを確認してください。

ステップ3. 「ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がありません。システムクローンを開始するためにパーティションを削除します。」という警告メッセージを確認して、続けるをクリックすると、システムクローンが開始します。

システムクローン手順3

ステップ4.作成されたブータブルUSBからPCを起動します。

  • ポータブルUSBをパソコンに接続する
  • コンピュータを再起動し、「Del」キーを押してBIOSに入る
  • BIOSの「Boot」タブで起動順序を変更し、ポータブルUSBからPCが起動するように設定する
  • 変更を保存すると、USBドライブからシステムが起動するのが確認できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン スマートバックアップ

related articles

起動ディスク作成ソフト|ブータブルUSB作成ツール

この記事では、最高のUSBブータブルソフトウェア、個人ユーザーや企業にとって便利なブータブルUSB作成ツール - EaseUS Todo Backup についてを紹介します。

EaseUS Todo Backup

 

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。