> How to Use > バックアップと復元 > 簡単な家庭用パソコンのバックアップ方法

簡単な家庭用パソコンのバックアップ方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月16日に更新

概要:

家庭用パソコンには、常に大量の複雑なデータやファイルが保存されていますので、簡単なコピーはすべてのデータをバックアップすることができません。それで、今日は無料のバックアップソフトを使って、家庭用PCのバックアップを実行する簡単な方法を解説します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

自宅用PCが盗難、システム障害、ウィルス、ディスクの破損などに遭って、大切な音楽、動画、アプリケーション、ゲーム、または重要なドキュメントを失ってしまうことが度々起こっています。安全、即時のバックアップ計画を立っておくと、データ損失が発生しても簡単に復元できます。

家庭用パソコンには、常に大量の複雑なデータやファイルが保存されていますので、簡単なコピーはすべてのデータをバックアップすることができません。それで、今日は無料のバックアップソフトを使って、家庭用PCのバックアップを実行する簡単な方法を解説します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

何をバックアップするべきか?

バックアップの重要性は知っていますが、何をバックアップするべきか、どのような頻度でバックアップするのは適切かについては分からないパソコン使用者は多くいます。下記は、バックアップが必要な4種類のデータを紹介します。

1.Windows システムのファイル/パーティション

システム故障とディスク破損時のシステム復元だけではなく、システムパフォーマンスを向上させるために、システムを再インストールする場合にも役に立ちます。システムバックアップやシステムディスクのバックアップを持っていれば、システムの再インストールはかなり簡単になります。

2.ドキュメントファイル

重要なドキュメントファイルを即時にバックアップするべきです。何時間かかって作成したレポートや文書は、パソコンの突然のシャットダウン、ソフトのエラーなどによって消えてしまうかもしれません。

3.マルチメディアファイル

写真、音楽、ビデオなど、すべてのマルチメディアファイルをバックアップする必要があります。このらのファイルは常に大きいですので、データ損失が発生したら、復元ソフトで復元しても、ファイルの一部が破損したさえ、ファイル全体が壊れてしまいます。

4.有料アプリケーション/ゲーム

システムクラッシュやHDD障害は、すべての有料アプリ、プログラムやゲームの完全消失を起こさせますので、よく使っているアプリやゲームをバックアップしておいたほうがいいです。

どこにバックアップしていいのか

バックアップしたいファイルを確認したけど、バックアップファイルをどこに保存すればいいですか?ここでは、各バックアップ先を利用するメリットとデメリットを詳しく解説します。

1.外付けストレージ

外付けHDD、USBメモリ、DVDなどの外付けストレージをバックアップ先として使われていることが多いです。その外付けデバイスをちゃんと保管すれば、基本的にはバックアップのデータが消失するトラブルが発生しません。しかも、払う料金がクラウンストレージより安いです。

2.ローカルデバイス

データをローカルドライブへバックアップすれば、他のストレージ設備を買う必要がありません。ただし、ローカルデバイスを使う場合、デバイスに故障があれば、バックアップファイルを消失する可能性があります。

3.クラウドへのバックアップ

最近、クラウドストレージを利用する方が増えています。データをクラウドへバックアップすれば、どこでもクラウンドストレードにバックアップしたファイルを確認できます。また、外付けデバイスやローカルドライブの破損によって、バックアップの紛失のリスクも減らします。しかし、クラウンドストレージを利用するコストが高いです。

家庭データをバックアップする方式

1.フルバックアップ

フルバックアップというのは、文字通りすべてのバックアップしたいデータをバックアップすることです。増分、差分バックアップと比べて、フルバックアップの速度は遅くて、イメージファイルの容量も大きいです。しかし、完全バックアップは増分バックアップと差分バックアップの基礎なので、いずれのバックアップを取る場合でも、初回は完全バックアップを取る必要があります。

2.増分バックアップ

増分バックアップとは、前回のバックアップ以降に変更された部分のみをバックアップする方式を指します。増分バックアップは3つのバックアップメソッドの中で、一番快速でバックアップファイルの容量が小さい方式です。増分バックアップのデメリットと言えば、バックアップを復元する時、大量の増分バックアップファイルから復元を実行する必要がありますので、かなり時間がかかります。また、初回の完全バックアップや一つの増分バックアップファイルが壊れたや削除された場合、バックアップの復元が不可能になる可能性があります。

3.差分バックアップ

差分バックアップとは、最新の完全バックアップ以降に変更されたすべてのデータのみをバックアップする方式を指します。差分バックアップは直接完全バックアップと関連していますので、別の差分バックアップが壊れても、バックアップを順調に行うことができます。

家庭データをバックアップすれば、データバックアップソフトを使用して、この3つのバックアップモードを柔軟に使って、データを完全にバックアップできます。

簡単で迅速な家庭用パソコンのバックアップ方法

バックアップすべきものを了解した後、バックアップのソフトを見てみましょう。ここでは無料で簡単なシステム、ファイル、プログラム用のバックアップソフトを紹介したいと思います。「EaseUS Todo Backup Free」Windows 10対応のバックアップフリーソフトで、HDDのほか、人気のクラウドストレージまでもデータを簡単にバックアップできます。「EaseUS Todo Backup Free」には高度なオプションがあって、バックアップ日にち、頻度を設定して、データを自動的にバックアップすることができます。フリ、差分、増分という3つのバックアップモードにもあります。この人気かつ実力を兼ねて備えるを無料で使いたい場合、下記の青ボタンからクリックしてダウンロードすることができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

「EaseUS Todo Backup Free」の機能紹介動画

データをクラウドストレージにバックアップする方法

ここではデータをクラウドストレージにバックアップする方法を例として説明します。

操作手順

ステップ1:EaseUS Todo Backupを起動します。

EaseUS Todo Backup

ステップ2:ソフトのホーム画面でバックアップの種類を選択した後、バックアップしたいデータを選択します。

バックアップしたいデータを選択する

ステップ2:そして、バックアップファイルを保存する場所を選択することができます。ローカルに保存するほか、第三者のクラウドサービスにバックアップすることも可能です。

第三者のクラウドサービスを選択する

ステップ2:バックアップしたいデータとターゲット場所を選択した後、自動バックアッププランを立てることができます。

自動バックアップのプランを立てる

「EaseUS Todo Backup Free」についての詳細情報は、公式サイトの紹介ページをご参照ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。