> How to Use > 記憶媒体復旧 >ソフトなしでUSBフラッシュドライブからファイルを復元する方法

ソフトなしでUSBフラッシュドライブからファイルを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji |カテゴリ: 記憶媒体復旧| 2022年08月12日に更新

概要:

USBメモリから削除されたファイルを復元する方法は?EaseUSデータ復元ソフトを使えば、数クリックでUSBから削除したファイルを復元することができます。また、ソフトを使わずにUSBからファイルを復元する方法は3つを紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

USBメモリやペンドライブに保存されたファイルの消失には、意図しないファイルの削除、ハードディスクのフォーマット、記憶装置の故障、ウイルス攻撃など、いくつかの原因が考えられます。その中でも、誤操作による削除は、USBからのデータ消失の原因として最も可能性が高いものです。

ソフトなしでUSBフラッシュドライブからファイルを復元する方法

USBから削除されたファイルはどこに行くの?

USBフラッシュドライブやペンドライブは、外部デバイスであるため、USBフラッシュドライブ上で削除されたファイルは、ごみ箱に行くのではなく、永久に削除されますので、あなたは実行できませんごみ箱の回復からファイルを復元するUSB。しかし、あなたはまだこのチュートリアルで3つの方法を使用してUSBから削除されたファイルを回復する機会があります。

注意:誤ってUSB上のファイルを削除してしまった場合、データの上書きを避けるために、すぐにUSBフラッシュドライブの使用を停止してください。

関連記事:USBが切断と再接続の繰り返し?不安定なUSBを修復する方法【完全解説】

ソフトなしでUSBから削除されたファイルを回復する方法

サードパーティのソフトウェアでUSBファイルを復元するのが好きではない一部のユーザーのために、あなたはCMD、Windowsバックアップ、および以前のバージョンでUSBからファイルを取得するために、この部分で3つの方法を試すことができます。

しかし、これらの解決策には制限と要件があります。事前にUSBをバックアップしていない場合は、データ復旧ソフトを使用してUSBファイルを取得することしかできません。

CMDを使用してUSBからファイルを復元する

コマンドプロンプトは、すべてのWindowsオペレーティングシステムで利用可能なWindowsアプリケーションです。あなたのファイルは削除されていませんが、あなたのUSBフラッシュドライブまたはペンドライブから欠落している場合は、CMDを使用してUSB上の隠しファイルを回復するために、このメソッドに従うことができます. 

CMDを使用してUSBフラッシュドライブから削除されたファイルを回復するガイド

ステップ1.お使いのコンピュータにUSBフラッシュドライブを接続します。

ステップ2.「検索」ボタンをクリックし、cmdを入力します。「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ステップ3. 以下のコマンドラインを順番に実行します。

chkdsk X: コマンドプロンプトのウィンドウに「/f」と入力し、Enterキーを押します。X はUSBメモリーに割り当てられている文字に置き換えてください。

attrib -h -r -s G:\*.* /s /dと入力し、Enterキーを押す。(eはUSBドライブの文字です。パソコンに表示されているご自身のUSBドライブの文字に合わせてgを置き換えてください)

その後、処理が完了するのを待ち、ウィンドウを閉じます。その後、ファイルが戻ってきたかどうか確認できます。

関連記事:USB外付けハードドライブがWindows11に表示されない

以前のバージョンからUSBから削除されたファイルを復元する

ソフトウェアまたはCMDを使用してUSBから永久に削除されたファイルを回復することに加えて、Windows 10/8.1/8/7でファイルの古いバージョンを復元するための別のオプションを試すことができます。

この方法を試す前に、自動的にファイルをバックアップするためにファイル履歴を設定していることを確認してください。この機能をオンにしていない場合は、この方法をあきらめて、USBドライブ復元ソフトで作ってください。

ステップ1.USB上の削除したファイルがあるフォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2. 「以前のバージョン」というタブをクリックします。

ステップ3. ファイルの旧バージョンのリストが表示されます。探しているファイルの版を選び、「復元」ボタンをクリックするとUSBファイルが取り出せます。

WindowsのバックアップでUSBから削除されたファイルを復元する

以前にデータをバックアップしたことがある場合は、そのバックアップを確認することができます。また、利用しているオンラインストレージやクラウドストレージサービスも確認しましょう。

Microsoft OneDrive、Dropbox、Google Driveなどのクラウドストレージサービスにファイルを同期している可能性があります。Windowsのバックアップをオンにしている場合は、それでUSBデータを取り出すことができます。

ステップ1. 「コントロールパネル」を開き、「システムとメンテナンス」から「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。

ステップ2. 「ファイルの復元」をクリックします。

ステップ3.「ファイルを参照」または「フォルダを参照」をクリックして、以前に作成したバックアップを選択します。

ステップ4. バックアップを保存する場所を「元の場所」または「次の場所」から選択します。矛盾がある場合、ニーズに応じて「コピーと置き換え」、「コピーしない」、「コピーするが、両方のファイルを残す」を選択します。

ステップ5. 復元プロセスが完了するのを待ちます。その後、永久に削除されたすべてのファイルやフォルダは、元の場所または新しい場所にあなたのPC上で表示されます。

おまけ:データ復旧ソフトを使用してUSBからファイルを復元する方法

効果的なデータ復元ソフトウェアーEaseUS Data Recovery Wizard

  • さまざまなデータ損失の状況から、削除およびフォーマットされたUSBデータ復元を実行する
  • 写真、ドキュメント、ビデオ、オーディオ、Eメール、圧縮ファイルなど、あらゆるタイプの紛失ファイルを復元する
  • システムの起動に失敗したり、クラッシュしたときに、ダウンロードしたWinPEで起動する

USBから削除されたファイルを復元する最も効果的で可能な方法は、専門的なデータ復元ソフトウェアを使用することです。トップランクのデータ復元ツールであるEaseUS Data Recovery Wizardは、UBSフラッシュドライブ、ペンドライブ、SDカード、HDD、SSD、ビデオカメラ、デジタルカメラなどから削除されたファイルを完全に復元することができます。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

USBフラッシュドライブ/ペンドライブのデータ紛失を回避する方法

USBのデータを効果的な方法で保護することも極めて重要です。USBのデータ消失に悩まされたくないなら、以下のヒントを参考にしてください。

定期的にファイルをバックアップする

ファイルバックアップソフトウェアの助けを借りて、自動的にファイルをバックアップするのは良い選択です。ここでは、EaseUS Todo Backupを使うことをお勧めします。

このソフトを使えば、専門的な知識がなくても、イメージを作成することができます。EaseUSバックアップとリカバリーソフトウェアの助けを借りてデータをバックアップするには、以下の詳細に従ってください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

USBフラッシュドライブを正しく抜き差しする

パソコンやノートパソコンにUSBを挿したり抜いたりするときは、正しい方法で行ってください。取り外すときは、右クリックで「USBの取り出し」オプションを使ってください。

USBのウイルスをスキャンして除去する

アンチウィルスソフトを使用して、悪質なコンピュータウィルス、トロイの木馬、その他の悪意のあるウェアからコンピュータを保護してください。アンチウィルスソフトを最新のパッチとシグネチャファイルに更新して、最大限のセキュリティを確保するようにしてください。

まとめ

USBでファイルを削除しても、永久的なデータ損失を意味するわけではありません。この記事では、我々はソフトウェアの有無にかかわらず、ペンドライブ上の削除されたファイルを回復するために3つの方法を説明しました。 EaseUSデータ復元ソフトウェアは、USBからファイルを復元する最大のチャンスを提供しています。それは削除されたファイルの回復、フォーマットされた回復、未加工のドライブ回復、およびより多くのデータ回復機能をサポートしています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

タイムライン

お問い合わせ

主な内容: