> How to Use > 記憶媒体復旧 >CMDコマンドプロンプトでUSBドライブの隠しファイルを表示する方法

CMDコマンドプロンプトでUSBドライブの隠しファイルを表示する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak |カテゴリ: 記憶媒体復旧| 2022年08月12日に更新

概要:

この記事では、USBドライブでファイルやデータを見つけることができない場合、そのファイルが隠された状態になる可能性があります。本文では、CMD/コマンドプロンプトを使って、USBドライブ内の隠しファイルを表示する方法を皆さんに紹介します。また、隠しファイルを表示にしても見つからない場合は、紛失したデータを復元する方法も一緒に紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

記憶装置の中で悪意的なウィルスが広がっていて、ファイルが削除されたり、隠されたりして、勝手に消えることがよくあります。特にUSBメモリなどの外付けドライブでは、データが突然に消えたり、非表示にされたりすることは非常によく見られます。それでは、どうすればこの問題を解決できるでしょうか?

USBドライブ中の隠しファイルを表示するために、利用可能な方法は2つあります。コマンドプロンプト(略称CMD)とファイルエクスプローラーです。いずれかWindowsの内蔵機能として、無料で利用することができます。次は、コマンドプロンプトを始めにして、2つの方法とも皆さんに紹介していきたいと思います。

方法1.コマンドプロンプト(CMD)で隠されたデータを表示

次は、Windowsのコマンドプロンプトを使って、USBドライブの隠しファイルを表示する操作手順を皆さんに紹介します。

コマンドプロンプトを使って、隠しファイルを表示することができるコマンドラインは2つあります。次は、1つずつ皆さんに紹介します。

Attribコマンドで隠しファイルを表示

  • 対象USBメモリーをPCに接続
  • 「Windows」+「R」キーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」「cmd」と入力して、「OK」をクリック
  • 次は、「attrib –h –r –s /s /d E(USBのドライブ文字):\*.*」と入力して、「Enter」キーを押す

Dirコマンドで隠しファイルを表示

  • 「Windows」+「R」キーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」「cmd」と入力して、「OK」をクリック
  • 次は、dir F(USBのドライブ文字): /a:h /b /s」と入力して、「Enter」キーを押す

上記の方法を試して、隠しファイルも表示されないのは、ファイルやフォルダが削除した可能性があります。その場合だったら、データ復元ソフトを利用して一番良いです。隠しファイルを無料で復元できます。

方法2.ファイルとフォルダ設定を変更して隠しファイルを表示

USBドライブにあるファイルやフォルダーが隠されている場合、ファイルとフォルダーの表示設定を変更することで、隠しファイルを表示することもできます。各Windowsエディションで操作手順は少し異なっていますが、次の部分で確認しましょう。

Windows 10

ステップ1.タスク バーの検索ボックスに「フォルダー」と入力し、検索結果から [全てのファイルとフォルダーを表示] を選択します。

ステップ2.[ 詳細設定] で、[ 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] を選択し、[ OK]を選択します。

Windows 8.1 

ステップ1.画面の右端からスワイプし、[検索] を選択します (マウスを使っている場合は、画面の右上隅をポイントしてマウス ポインターを下へ移動し、[検索] を選択します)。

ステップ2.検索ボックスに「フォルダー」と入力し、検索結果から [フォルダー オプション] を選択します。

ステップ3.[表示] タブを選択します。

ステップ4.[ 詳細設定] で、[ 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する] を選択し、[ OK]を選択します。

Windows 7 

ステップ1.[スタート] ボタンを選択し、[コントロール パネル]、[デスクトップのカスタマイズ] の順に選択します。

ステップ2.[フォルダー オプション]、[表示] タブの順に選択します。

ステップ3.[詳細設定] で、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]、[OK] の順に選択します。

上記の対処法を参照して、依然としてUSBドライブ内の隠しファイルが見つからない場合、ファイルが不明な原因によって消されたことになると思います。このような場合、次の対処法を参照して、紛失データを復元しましょう。

方法3.表示にしても見つからない隠しファイルを復元

ここで、無料なデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。USB、SDカードなどの記憶装置で隠されたデータを抽出し、表示させることが可能です。

無料のデータ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~12.0

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

タイムライン

お問い合わせ

主な内容: