> How to Use > 記憶媒体復旧 > 壊れたUSBメモリからデータを取り戻す方法

壊れたUSBメモリからデータを取り戻す方法

2019年08月16日に更新

筆者:Bak

記憶媒体復旧
概要:
日常生活で、重要なデータがなくなってしまった問題はありませんか。しかし壊れたUSBからデータを取り戻す方法があるので、これ以上心配する必要はありません。専門のデータ復旧ソフトを利用して紛失したデータを快速で簡単に取り戻すことができます。本ページでは、データ復旧ソフトの「Data Recovery Wizard」を紹介したいと思います。

前回、パソコンがUSBメモリを認識しない時の復元方法を紹介しましたが、反応が良かったので、今回は皆さんの質問に対して、USBメモリが壊れた際、ファイルを救出する方法を紹介しようと思います。

USBメモリが壊れてファイルが損傷した

『壊れたUSBメモリからデータを取り戻す方法があれば、教えてください。SONY製8GBのUSBメモリですが、普段仕事用のファイルを一部その中に保存しています。この前、パソコンに差し込んでファイルを編集しようと思ったら、突然すべてのファイルが消えて、USBメモリもスタックになってしまい、何も操作できなくなりました。直接抜き出してからもう一度差し込んだら、パソコンに認識されるけど、やはり中身は何もなく、操作もできない状態です。何度繰り返しても同じ状況です。

とても焦っていたので思わずフォーマットしてみたら、USBメモリがやっと正常に戻りました。しかし、データは全部なくなってしまいました。そのデータを取り戻したいです。USBメモリの復元方法があれば教えてください。』

USBメモリが壊れた原因

USBメモリが、突然正常に作動しなくなったのには、いくつかの原因があります。

USBメモリの電力供給不足

USBメモリが認識されない一番の原因はこの電力不足。USBメモリは「バズパワー」と呼ばれるPCの電力をUSBポートから受け、動く仕組みになっています。そのため、例えば、パソコンに別の外付けHDDが接続されている場合、電力が分散され、十分な電力が対象のUSBメモリに行き届いていない可能性があります。USBメモリについているランプが点灯しているか確認してみてください。これは、USBメモリに供給される電力が十分かどうかを判断することができます。まずは、1.対象のUSBメモリ以外全ての外付けHDDを取り外し、そのUSBメモリが認識されるか、再確認しましょう。また、USBポートの劣化により、電力がうまく伝えられていない可能性があります。その場合に対しては、一箇所のUSBポートのみで試すのではなく、2.他のUSBポートに挿して試してみましょう

USB端子の接触不良

USBメモリが認識されず、原因が接触不良だと考えられる場合、2パターンが考えらます。

  • USB端子が破損している

USBポートは何度も抜き差しを繰り返すため、年々劣化していきます。また、劣化するのは、USBメモリだけではなく、パソコン側のUSBコネクタも同様で、使用頻度を考慮すれば、むしろパソコン側の方が劣化するスピードが早いとも言えます。特に、低価格のUSBメモリは要注意です。この場合は、別のUSBポート、または、別のパソコンに接続して、様子を見ましょう。もし、問題が解決されれば、パソコン側のUSBポートに問題があったということになります。

  • USB端子が汚れている

USBメモリは、頻繁に持ち運ばれるため、ホコリが入りやすく、端子部分が汚れると、電気が通電しにくくなってしまいます。まず、最初に1.USB3.0対応のUSBメモリならUSB3.0ポート、USB2.0対応ならUSB2.0ポートと規格に合わせて差し込んでみましょう。それでも認識しない場合は、2.USB3.0対応をUSB2.0ポートへ、USB2.0ポートをUSB3.0ポートへ差し込んでみます。それでも、うまく認識しない場合、USBの抜き差しを繰り返してみたり、パソコンの別のUSBポートに差し込んでみましょう。また、接点復活剤で端子部分をクリーニングするのも効果的です。

メモリの寿命

メモリの寿命による故障は、かなり高い確率で考えられます。症状としては、

  • ドライブとしては認識するが、アクセスできない
  • ドライブとして認識されないが、デバイスマネジャーからは認識する
  • デバイスマネジャーからも認識しない

のような状態悪化が考えられます。

PC側の不具合

通常は、USBメモリを接続すれば、Windowsが自動的にドライバを認識、インストールしますが、このドライバが正常にインストールされていない可能性が考えられます。この場合、一度ドライバを削除して、USBメモリを再接続、ドライバの再インストールを試してみましょう。

1.[スタートボタン]>「コントロールパネル」>「デバイスマネージャー」を起動

2.「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を開く

3.「」「」が表示されている該当のドライバ(インストールに失敗したドライバ)を右クリック>「削除」を選択

4.削除できたら、再度USBメモリを接続し、ドライバが正常にインストールされ、認識されるかどうか確認する

USBメモリの異常

パーティションの破損

パーティションに何らかの異常が発生している場合、マイコンピュータが「リムーバルディスク」として認識されることが多いです。このような場合、パーティションの再構築が必要になります。

ファイルシステムの破損

USBハブにたくさんのUSB機器を接続すると、電力不足でメモリが突然機能停止し、その際、USBメモリにアクセス中であった場合、ファイルシステムが破損するということも考えられます。

USBメモリの熱暴走

USBメモリを長時間使用していると、USBメモリが高温になり、熱暴走でアクセス不能になる可能性があります。この場合は、USBメモリを取り外して、冷却してあげると復活することがあります。

物理的故障

場合によっては、自分たち自身の不注意によってUSBメモリに物理的損傷を与えってしまったということも考えられます。また、USBメモリをポケットに入れたまま、洗濯してしまったなど、水没も故障の原因となり得ます。

 

壊れたUSBからデータを取り戻す方法

日常生活で、上記の場面のように、重要なデータがなくなってしまったという問題が常に起こっています。それでは、USBメモリが壊れた原因別の対処法を皆さんに紹介します。

USBメモリが壊れた場合、データを取り戻す方法があるので、これ以上心配する必要はいりません。USBメモリが壊れた原因をざっくりと分ける、物理的故障と論理故障があります。物理的故障は、USBメモリが外部から損壊を受け、パソコンに挿入しても何の反応がなくなることです。論理故障は、ファイルシステムや不良セクターなどの原因で、USBメモリが認識されなくなることです。多くの場合、USBメモリに論理故障があったら、PCに接続する時に何等かのエラーが発生します。

  • 物理的故障の対処法:

データ復旧センターに依頼、または、無償保証期間内ならUSBメモリのメーカーに依頼

  • 論理的故障の対処法:

専門のデータ復旧ソフトを利用して紛失したデータを快速で簡単に取り戻すことができます。

本ページでは、データ復旧ソフトの「Data Recovery Wizard」を使って壊れたUSBメモリからデータを復元する方法を皆さんに紹介します。たったの3ステップだけで損失データを復元可能ですので、今すぐ無料体験してみましょう。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

EaseUS Data Recovery Wizardで壊れたUSBメモリからデータを取り戻す手順

EaseUS Data Recovery Wizardを利用したら、ただ3つのステップでUSBメモリのデータを完全に復元できます。以下は詳しい手順です。ご参照ください。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

豆知識!この操作手順に従って、壊れたSDカードの復元もできますよ。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

下記USBメモリからファイルを復元する方法を紹介するビデオチュートリアルをご参照ください

 

無料で
USBメモリを
復活する!

強力なスキャン機能で、USBメモリを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。