> How to Use > 記憶媒体復旧 > フォーマットしたUSBメモリの復旧方法

フォーマットしたUSBメモリの復旧方法

James.R | カテゴリ: 記憶媒体復旧 | 2020年12月11日に更新

概要:

使用中のUSBメモリを誤ってフォーマットしたことがありますか?こういう状況に遭う時、フォーマットしたUSBメモリの復旧方法を求めざるを得ないです。フォーマットしたUSBメモリから紛失したファイルを高速かつ有効に復旧するために、データ復旧ソフトを利用することが最高のチョイスだと思います。本文ではプロのデータ復旧ソフトーEaseUS Data Recovery WizardよりフォーマットしたUSBメモリを復旧する方法を紹介します。

 

使用中のUSBメモリを誤ってフォーマットしたことがありますか?その後、USBメモリに保存している重要なファイルが紛失したことにきっと困っているでしょう。USBメモリのフォーマット及びフォーマット復元について皆さんに紹介してきたいと思います。

USBメモリのフォーマットが必要となる場合

実際には、色々な場合で、使用中のUSBメモリをフォーマットする必要があります。

  • USBメモリはエラーが発生して、使用不可能になりました。
  • USBメモリを新しいゲーム機、デジカメに挿入します。
  • USBメモリを他人に譲渡します。

など、USBメモリのフォーマット操作は非常に使われている操作だと思います。だが、もし自分の不注意により、間違ってフォーマット操作を実行したら、フォーマットしたUSBメモリからどうやって復元しますか?

フォーアットしたUSBフラッシュメモリが復元可能ですか?

USBフラッシュドライブ(USBフラッシュメモリやUSBメモリとも呼ばれる)は、一番人気のある記憶装置の一種です。ハードディスクと比べて、フラッシュドライブのデータ読み取りの速度も速いし、持ち運びもやすいので、多くのユーザがフラッシュメモリに大量のデータを保存しています。では、誤ってUSBフラッシュメモリをフォーマットしたら、それらのデータを復元する方法がありますか?一般的には、USBメモリをフォーマットすると、USBフラッシュメモリ上のデータが全部消去されてしまいます。でも、新しいデータが書き込まれていない限り、フォーマット復元ソフトでデータを復旧する可能性があります。また、windowsの内蔵機能CMDを活用すれば、復元するかもしれません。

フォーマットしたUSBメモリの復元方法について

方法1:windowsの内蔵機能CMDを活用

コマンドプロンプト(CMD)で指令を実行することで、確かに誤削除による紛失されたファイルを復旧することが可能です。もしUSBをフォーマットしたり、SDカードでのファイルを誤って削除したり、ゴミ箱を一新したりしたら、コマンドプロンプトを使ってデータ復旧を試しましょう。

1. まずはUSBをPC に接続します。(以下はメモリカードのラベル名をG:と仮定して、例としあげます)

2. 「ここに入力して検索」で「Cmd」を入力して、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

3. 指令:chkdsk G: /fをタイプして「enter]キーを押します。

4. 「Y」をタイプして、指令を実行します。

5. 「G:」をタイプして、初期画面に戻ります。

6. 指令:「G:\>attrib -h -r -s /s /d *.*」をタイプして実行します。それで、こUSBから削除された全てのデータが復元できます。

方法2:無料データ復元ソフトを活用

フォーマットしたUSBメモリから紛失したファイルを高速かつ有効に復旧するために、データ復旧ソフトを利用することが最高のチョイスだと思います。本文ではプロのデータ復旧ソフトーEaseUS Data Recovery WizardよりフォーマットしたUSBメモリを復旧する方法を紹介します。

高機能USBメモリ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、文書ファイル(ワード、エクセル、PPTなど)をプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

このソフトはUSBメモリを含む様々なストレージデバイスから紛失した画像、動画、音楽、メールや文書ファイルなどのファイルを復旧できます。それに、EaseUS Data Recovery Wizardは誤操作などによって起こされた多様なデータロスに完璧に対応できます。次に、以下の復旧方法を読んでください。

USBメモリを復旧に最適なEaseUS Data Recovery Wizard

  • フォーマットしたファイルをファイル名などのディレクトリ情報と共に復元可能
  • 写真、画像、動画、音楽、メール、文書、圧縮ファイル、アーカイブなど、様々な種類に対応
  • USBメモリ、CFカード、SMカード、SD/MMCカードなどのフラッシュドライブの他に、フォーマットしたHDDの復元にも対応

ステップ1.USBメモリをパソコンに接続してから、ソフトを開きます。そして、初期画面でフォーマットしたUSBメモリを選択し、「スキャン」をクリックします。

USBメモリ フォーマット 復元1

ステップ2.USBメモリの紛失をスキャンし始めます。フォーマットしたUSBメモリへのスキャンはあまり長い時間がかかりませんので、しばらくお待ちください。

USBメモリ フォーマット 復元2

ステップ3.プロセスが終わったら、USBメモリの紛失ファイルがすべて表示されますので、(ディレクトリ情報が失っているファイルはすべて、スキャン結果の復元候補に入れていますので、そこも確認する必要もあります。)それらのファイルの中からファイルをチェックして「リカバリー」をクリックすることで、ロカールに保存できます。

USBメモリ フォーマット 復元3

注意:データが上書きされることを避けるために、復旧したファイルを元の場所となるディスクに保存しないようにしてください。

USBメモリ復元についてのビデオガイド

下記のビデオは、パソコンレッスンTVオンライン様がEaseUS Data Recovery Wizardを使ってKingstonのUSBメモリを成功に復元できた経験を紹介しています。USBメモリをフォーマットして、データを復元したい方は、動画中に紹介してくれた操作手順を参考にすることができますよ。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
SDカードを
復活する

強力なスキャン機能で、SDカードを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。