> How to Use > ファイル復旧 > ワードファイルを復元する方法

ワードファイルを復元する方法

2014-12-24 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
ワードファイルが失われたらもちろん素早く、リーズナブルに復元する方法があります。本記事では、プロのワードファイル復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardを推薦したいと思います。このソフトはワードファイルだけではなく、エクセル、PPT、画像、動画、音声ファイルなどの紛失にも対応できます。

ワードファイルの紛失事例

「マイクロソフト・オフィスのワードファイルを間違えて消してしまいました。かなりの時間と労力を費やした文章です。しかも今日の午後にはそのファイルを提出する予定になっているため、業者にお願いしている時間はありません。この大切なワードファイルを、簡単に素早く、リーズナブルな価格で復元させる方法を探しています!お願いします。」

ワードファイルを復元する方法

ワードファイルが失われたらもちろん快速で安い復元方法があります。本記事では、EaseUS社が開発したプロのワードファイル復元ソフト-Data Recovery Wizardを推薦したいと思います。このソフトはワードファイルだけではなく、エクセルPPT、画像、動画、音声ファイルなどの紛失でも、もちろん対応できます。

そして、EaseUS Data Recovery Wizardは簡単に失ったファイルを検出でき、復旧率が極めて高いです。操作もとても簡単で、誰でもすぐに利用できます。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Data Recovery Wizardでワードファイルを復元

これから、EaseUS Data Recovery Wizardを利用してワードファイルを復元する方法を紹介します。

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ります。そこでワード(Word)ファイルを保存している元ディスクを選択して「スキャン」をクリックしてください。選んだディスクのスキャンが開始しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたワード(Word)ファイルが一つずつ確認して選択することができます。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいワード(Word)ファイルを決まったら「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたワード(Word)ファイルの保存場所を指定してください。ここまでは復元は完了しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

その他の事例とその対処

Wordが動作停止した場合

原因と対処法

グラフィックアクセレータの設定を変更する
CPUの負担を抑え、動作を軽くするために、初期設定ではグラフィックアクセレータが有効になっていますが、場合によっては、この設定がWordの動作を邪魔することもあります。
無効にする
Wordを起動>「ファイル」>「Wordのオプション」>「詳細設定」>「ハードウェアのグラfヒックアクセレーターを無効にする」にチェック

IME辞書が破損して不具合を起こしている
辞書ツールが破損してWordに不具合を生じさせている場合があります。これの要因によって不具合が発生するケースはかなり多くみられます。
言語ツールバー>「プロパティ」>「辞書/学習」>「修復」

容量の大きいファイルを編集しようとしている
図形や画像などを多く挿入すると、動作が遅くなる可能性があります。他のソフトを開いている場合は、それらを閉じ、挿入画像等は編集しファイルサイズ落とす等の工夫をしてみましょう。

Windows Updateを行なっていないと動作が不安定に
Windows UpdateにはOfficeソフトのアップデートも含まれるため、システムのアップデートを行い、Wordを新しいバージョンに更新する必要があります。
スタートボタン>「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」より更新プログラムのインストールを実行する

Windowsの一時ファイルが溜まっている
日々のWordでの作業によって、”一時ファイル”というファイルが蓄積されていき、パソコンの動作を重くすることがあります。
スタートボタン>「全てのプログラム」>「アクセサリ」>「システムツール」>「ディスククリーンアップ」を実行
目安は一ヶ月に一回程度です。

オフィスの修復を試す
Wordのプログラム・レジストリ・プロファイルに以上があると予想される場合は「Officeの修復機能」を実行すると効果的です。
スタートボタンを右クリック>「アプリと機能」>[Microsoft Office]を選択して「変更」>「クイック修復」を試す>うまくいかない場合>「オンライン修復」を行う

アドインを手動で無効にする
特定のアドインが原因で互換性の問題が発生している場合があります。この場合アプリをセーフモードで起動してみましょう。
スタートボタンを右クリック>「ファイル名を指定して実行」>[winword /safe]と入力し「Enter」よりWordを実行
※”見つかりません”と表示される場合はアプリ名と/safeの間にスペースがあることを確認してください。
※[excel /safe]でExcel、[powerpnt /safe]でPower Point、[mspub /safe]でPulisher、[visio /safe]でVisio のセーフモードを実行できます。

最後の手段「Officeの再インストール」
どの方法でもうまくいかない場合は、Officeの再インストールをする必要があります。

 

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。