> How to Use > バックアップと復元 > 「簡単で速い」データ損失なしでWindows 11のリフレッシュ方法|3つの解決策

「簡単で速い」データ損失なしでWindows 11のリフレッシュ方法|3つの解決策

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年05月27日に更新

概要:

windows11の発売に伴い、「リフレッシュ」機能が見つからないという状況があります。または、リフレッシュしたいけれども、元のデータが失われるのが心配ですが。この記事では、データ損失なしで、リフレッシュを簡単に使う方法を3つご紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 11のPCでリフレッシュの目的は何ですか?

多くのWindowsユーザーは、コンピューターで作業するときに「リフレッシュ」オプションを使用することがよくあります。 これは、画面上のウィンドウやファイル、Webサイト、およびその他の多くのプログラムを手動で更新するのに役立ちます。 そして、コンポーネントを更新したり、グリッチを排除したり、システムの遅延を防止したりすることもできます。また、リフレッシュオプションを使用して、システムの応答性を判断することもできます。

windows11

「パソコンがwindows11OSに変わってからリフレッシュのオプションが見つからなくなり、仕事の時はとても不便です。Windows11のリフレッシュオプションはどこにあるか、教えてください。 お願いします。」

しかし、Windows 11が世界中のより多くの人々に受け入れられるにつれて、ますます多くのユーザーが「リフレッシュ」オプションがないことに不満を感じ始めています。Microsoftは、Windows 11のインターフェイスから「リフレッシュ」ボタンを削除したようですが、実際には消えてはいません。「リフレッシュ」ボタンはまだありますが、デフォルトでは非表示になっています。以下はWindows11で「リフレッシュ」ボタンを使う方法です。

3つの方法でWindows 11をリフレッシュ

「リフレッシュ」は、Windows 11のファイルエクスプローラから削除されないので、以下の3つの方法で見つけることができます。

1.コンテキストメニューからWindows11をリフレッシュする

コンテキストメニューから「更新」ボタンにいつでもアクセスできます。ただし、次の例に示すように、「その他のオプションを表示」という見出しの下にに隠れており、2回ではなく3回タップする必要があります。

ステップ1.. 画面上の任意の場所で右クリックし、メニューを起動します。

ステップ2. コンテキストメニューが表示されたら、リストの最後の項目である「その他のオプションを表示」を選択します。

コンテキストメニュー

ステップ3. ページの最後に、「最新の情報に更新」ボタンが表示されます。 Windows 11をリフレッシュするには、それをクリックします。

2.キーボードショートカット「F5」でWindows 11をリフレッシュする

F5キーを使ってWindows 11のPCを速くリフレッシュすることも可能で、これも簡単な方法です。Microsoftは、Windows 11でこの方法を残しました。この方法は、以前のバージョンのWindowsでも利用可能です。

ステップ1. F5キーを押して使うと、すぐにパソコンがリフレッシュされます。

ステップ2. F5ボタンを押し続けると、システムは更新を続けます。

F5キーボード

3.キーボードショートカットShift+F10でWindows 11をリフレッシュする

上記の方法に加えて、もう一つの対策があります。

ステップ1. Shift+F10を同時に押すと、画面上にコンテキストメニューが表示されます。

ステップ2. コンテキストメニューから「リフレッシュ」を選択すると、PCがリフレッシュされます。

プログラムとデータの損失なしでWindows 11のインストールをリフレッシュする方法

パソコンがウイルスに感染すると、ハードウェアやソフトウェアの障害や不適切な操作によってシステムがクラッシュし、パソコンが正常に動作しなくなる可能性があります。しかし、ほとんどのユーザーは事前にバックアップをとっていないため、上記のような悪い状況に陥り、多くの重要なデータが失われています。

システム障害による損失や不都合ができるだけないように、素晴らしいソフトEaseUS Todo Backupを利用できます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupの主な機能:

  • 柔軟なバックアップ:プランは、指定された日や計画されたイベント中に使用することができます。
  • オペレーティングシステム、ハードディスク、データファイルのバックアップと復元を行います。
  • HDDとSSDの間でディスク/パーティションとWindowsオペレーティングシステムのクローンを素早く作成します。
  • WinPEディスクをUSB/CDに作成し、緊急復旧用やポータブルUSBドライブとして使用できます。

データの損失に悩まされている場合は、次の手順を試すことができます。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

まとめ

今回ご紹介した方法でwindows11のパソコンをリフレッシュすることもできますが、再インストールする前に、EaseUS Todo Backupをおすすめして、使って重要なファイルやデータをバックアップしておくことができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。