> How to Use > バックアップと復元 > Windows 11/10のSモードについて

Windows 11/10のSモードについて

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月09日に更新

概要:

Windows 11のSモードってなんだろう、と思っていませんか? この記事では、WindowsのSモードについて詳しく紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

マイクロソフトのWindows 10 Sモードは、以前から、使い慣れた Windows エクスペリエンスを提供しつつあります。このSモードはWindows 11 Homeで復活し、より高いセキュリティとパフォーマンスのため、そして慣れ親しんだユーザーエクスペリエンスを提供するようになりました。

しかし、多くのWindows 11ユーザーは、まだそのSモードの存在を知らないようです。そこで、この記事では、Windows 11S モードとは何か、S モードをオフ/オンにする方法について、すべてを紹介します。

Windows 11のSモードとは

Windows OSのSモードは、Windows 10でWindows 10 Sとして初めて導入されました。低消費電力のデバイスを考慮して設計されたWindows Sモードは、安価なワークステーションが長期間にわたって最高のパフォーマンスを維持できるようにするものです。

Windows 11をSモードで使用すると、普通のモードより制限されます。SモードのWindows 11では、Microsoft ストアから別のブラウザをインストールできますが、デフォルトのブラウザは常にMicrosoft Edgeのままです。

Windows 11のSモードにおいて、Microsoftはセキュリティ、速度、安定性をセールスポイントとしてアピールしています。マルウェアはWindowsのストアからしかアプリケーションを起動できないので、Windows上で動作させることはできません。Webアプリはパソコンにインストールできないので、起動速度を遅くしたり、バックグラウンドに潜むスパイウェアをインストールしたりすることはできません。

また、Sモードでは、「Bing」を使うことが多くなります。 Sモードを終了しない限り、EdgeをGoogleなどに変更することはできません。Edgeでは、Google.comなど他の検索ページを使って、情報を検索することは可能です。

Microsoft Windows 11のSモードでは、PowerShell、Command Prompt、およびBashをコマンドラインシェルとして使用することはできません。また、そのほかの開発ツールの使用も同様に禁止されています。レジストリエディタを使って、Windowsレジストリへの直接アクセスは不可です。

Sモードは、使いたいアプリケーションがMicrosoft Storeでアクセス可能であれば、より安全な環境を提供します。そこで、Sモードは学校向けに設計されたものと言えます。Microsoft Edge、Microsoft Office、Apple iTunesやSpotifyなどのストアアプリを実行することができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 11のSモードを有効にする方法

相手先ブランド会社は、特定のデバイスにWindows 11 HomeをSモードでプレインストールすることがあります。すでにSモードのWindows 10 Homeをお持ちで、お使いのPCがWindows 11の最小限のハードウェア要件を満たしている場合、Windows UpdateによりSモードのWindows 11 Homeへの無償アップグレードが提供されます。

ただし、注意しなければならないのは、手動でSモードに入ることができない点です。SモードでWindows 11を使用している場合、そのときだけWindowsのバージョンを更新することを選択すると、デバイスのSモードの設定が保存されることになります。できることは、Windows 11 を S モードで使用しているかどうかを確認することです。それを確認するには、以下の手順に従ってください。

操作手順

ステップ1:Windows 11のPCでコントロールパネルを起動します。

ステップ 2: ここで、システムアイコンにアクセスします。

ステップ3:バージョン情報オプションをクリックします。エディションの横に in S Modeが表示されたら、デバイスはWindows Sモードに入っています。

Windows 11 の S モードを無効にする方法

SモードのWindows 11は、セキュリティとパフォーマンスのために最適化されており、Microsoft Storeのソフトウェアのみが実行されます。Microsoft Storeでアクセスできないアプリケーションをインストールするためには、Sモードを解除する必要があります。SモードのWindows 11は、現在もHomeエディションのみ使用できます。

Windows 11のPro、Enterprise、EducationエディションではSモードに使用できないため、すでにSモードのWindows 10をお持ちの場合、Windows UpdateではWindows 11は提供されません。そのため、Pro、Enterprise、EducationエディションのWindows 10をSモードで使用している場合は、Windows 11にアップグレードする前にSモードをオフする必要があります。

さて、Windows 11でSモードを解除させるには、以下の手順で行います。

ステップ1:Windows 11 PCで、「設定」に進みます。

ステップ 2: 左ペインで、[システム]タブをクリックします。その後、「ライセンス認証」選択します。

注:  [Windows のエディションをアップグレード] の下のリンクは選択しないでください。 これは S モードの状態を維持する別のプロセスです。

ステップ3:Microsoft Store で表示されたページ (S モードをオフにする、またはこれに似た名前) で、[入手] ボタンを選択します。 この操作を完了すると、Microsoft Store 以外からもアプリをインストールできるようになります。

WindowsのSモードは使うべきですか?

Windows 11 PC の S モードバージョンは、外部の脅威、マルウェア、ウイルスからオペレーティングシステムを保護します。ランサムウェアからコンピュータを保護するには、Sモードが最も有効です。

Sモードでは、リモートアクセスの悪質なソフトウェアやスパイウェアをダウンロードしたり、Windowsにインストールしたりすることはできません。その結果、Windows 11のSモードマシンは、ランサムウェアの攻撃から常に安全です。

ただし、SモードのPCはMicrosoft Storeからアプリケーションをインストールするのみので、制限されているように聞こえますが、それこそが目的なのです。Microsoft Edge、Microsoft Office、およびその他のMicrosoft Storeのアプリケーションは、他に何も必要としないのであれば、SモードのPCですべて使用できます。Sモード対応PCは、学生や中小企業向けPC、初心者のニーズに適しています。

ただし、ストアにないソフトを必要とする場合は、Sモードを終了する必要があります。さらに、SモードでPCをしばらく使ってみると、自分にとってどの程度の性能なのかがわかります。

まとめ

Windows 11をSモードで使用することは、マルウェアの攻撃からPCを保護するために有益かもしれませんが、欠点もあります。この記事を読んで、これまで「Windows 11のSモードとは何か」を知らなかった方は、関連情報を得ることができたのではないでしょうか。Sモードは用途に合わせてOFF/ONが可能!?

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。