> How to Use > バックアップと復元 > GPTパーティションHDDをSSDにクローンする方法

GPTパーティションHDDをSSDにクローンする方法

2019年06月20日に更新

筆者:Bak

バックアップと復元
概要:
SSDはHDDより作動スピードが速くて、特にパソコンの起動時間短縮、アプリロード速度向上に役立ちます。GPTパーティション搭載の古いHDDですが、中身のアプリを再インストールせずに、丸ごとにSSDにコピーできるでしょうか?この記事では、GPTパーティションHDDをSSDにクローンする方法を皆さんに紹介します。

HDDをSSDにクローン

優秀な稼動スピードを持つSSDが、値段の低下に伴って、より多くのユーザーを獲得しているようです。新品のSSDに買い換える場合、古いHDDでのデータ、アプリ、システムまでの移行が難題になります。システムをリビルド、アプリを再インストールするのは大変時間かかりますし、資源の無駄遣いとも言えます。

GPTパーティション搭載の古いHDDを、どうやって再インストールなしで、丸ごとSSDにコピーできるでしょうか?

その場合、ディスククローンの実行を行う方法が有効です。HDD内のシステム、データなどをそのままSSDにクローンしておけば、大量の時間を省くことが可能です。

最高のシステムクローンソフト

ここで、ディスククローンソフトEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。簡単なステップで、GPTパーティションHDDをSSDにクローンすることができます。ディスククローンが必要な場合、是非試してみてください。

ディスククローンの操作手順

1.古いHDDと新品SSDを同時にパソコンに接続します。そして、ソフトを実行して、初期画面で「クローン」をクリックします。

初期画面で「クローン」をクリックする

2.「ソースディスク」(つまりHDD)を選択して、「次へ」をクリックします。

「ソースディスク」を選択して、「次へ」をクリックする

3.クローン先のターゲットディスク(つまりSSD)を指定します。そして、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを指定する

4.ディスククローンが完了した後、パソコンをシャットダウンして古いHDDディスクを取り外し、SSDからパソコンを再起動します。