> How to Use > バックアップと復元 > GPTパーティションHDDをSSDにクローンする方法

GPTパーティションHDDをSSDにクローンする方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/28
   
chalk
執筆者:chalk
   

概要:

この記事では、GPTパーティションHDDをSSDにクローンする方法を皆さんに紹介します。

 

HDDをSSDにクローンする理由

優秀な稼動スピードを持つSSDが、値段の低下に伴って、より多くのユーザーを獲得しているようです。新品のSSDに買い換える場合、古いHDDでのデータ、アプリ、システムまでの移行が難題になります。システムをリビルド、アプリを再インストールするのは大変時間かかりますし、資源の無駄遣いとも言えます。

GPTパーティション搭載の古いHDDを、どうやって再インストールなしで、丸ごとSSDにコピーできるでしょうか?

その場合、ディスククローンの実行を行う方法が有効です。HDD内のシステム、データなどをそのままSSDにクローンしておけば、大量の時間を省くことが可能です。

HDDをSSDにクローンする事前準備

GPTパーティション搭載の古いHDDデータを無料にSSDにクローンする場合は、以下のことを事前に用意したほうがいいと思っています。

  • ①SSDの購入
  • ②SSDをパソコンに挿入してGPTの形式でファーマットを行うこと
  • ③GPTパーティション搭載HDDをクローンフリーソフト
  • ④セキュアブートの無効にすること
  • ⑤FastBootの無効にすること
  • ⑥PCシステムの高速スタートアップの無効化

「コントロールパネル」を開き、電源オプション>電源ボタンの動作の選択、シャットダウン設定で「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外して、「変更の保存」をクリックします。

高速スタートアップ無効化

最高のシステムクローンソフト

ここで、ディスククローンソフト ― EaseUS Disk Copyを皆さんにお薦めします。簡単なステップで、GPTパーティションHDDをSSDにクローンすることができます。ディスククローンが必要な場合、是非試してみてください。

2

ディスククローンの操作手順

ステップ1.ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択します。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。

ご注意:

①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。

②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3.ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。そしてディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

ディスクを調整

ステップ4.ディスククローンのプロセスが始まります。

クローン開始

関連記事

【無料ダウンロード】SSDアップグレードソフト

この記事では、EaseUS Disk Copyを直接ダウンロードすることで、信頼性の高いソフトウェアを使ってSSDをアップグレードする方法を習得することができます。

EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>