> How to Use > バックアップと復元 >【Windows向け】システムイメージの復元 VS システムの復元

【Windows向け】システムイメージの復元 VS システムの復元

Pちゃん | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年11月11日に更新

概要:

システムイメージの復元とシステムの復元は、Windows OSを復元するための 2 つの方法です。両方の方法はシステムを復元すること、またはシステムをロールバックすることから完成しますが、お互いに大きな違いがあります。そこで、この記事では、皆さんにそれらの違いを紹介します。記事を読んだ後、自分のニーズに応じてより良いWindows OSを復元する方法を選んでください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

システムイメージの復元とは?

[スタート] ボタンを右クリックし、[システムとメンテナンス] の [コントロール > バックアップと復元 ] でシステムイメージを作成できます。

システムイメージ

システムイメージから復元するには、まず、システムイメージを作成しなければなりません。

システムイメージは、ドライブのコピーと言ってもいいです。Windowsはハードディスクのシステムイメージを作成し、安全な場所(通常は外付けハードディスクやDVD)に保存します。コンピュータに大きな障害が発生した場合、システムイメージを利用して、アプリケーション、設定、ドキュメント、写真、音楽などのユーザーデータ、およびすべてのファイルを含むハードドライブの内容全体を、システムイメージを作成したときの状態に復元することができます。

関連記事:システムイメージとフルバックアップの違い

システムの復元とは?

システムのプロパティ>システムの保護> システムの復元

システムの保護-システムの復元

システムの復元は、特定の時点におけるコンピュータのシステムファイルと設定のメモリである復元ポイントを自動的に作成します。不良ドライバ、システム設定の不要な変更、または悪意のあるソフトウェアの活動の結果、システムに何か問題が発生した場合、システムの復元を使用してシステムを以前の時点の状態に戻すことができます。

システムイメージの復元とシステムの復元の違い

この2つの方法の主な違いは、システムイメージのバックアップには、OS、アプリケーション、設定、およびすべてのファイルを含む、ハードドライブ上のすべてが含まれているのに対し、システムの復元はシステムファイルと設定にのみ影響するという点です。つまり、コンピュータに大きな障害が発生した場合、システム イメージを利用して、ハード ドライブの内容全体を、システムイメージを作成したときの状態に戻すことができます。しかし、システムの復元では、個人ファイルではなく、システムファイルと設定のみを以前の時点に戻すことができます。

また、システムイメージの復元には、起動可能な別のメディア(CD/DVDまたはUSBドライブ)が必要なのに対し、システムの復元Windowsから直接実行できます。

さらに、システムの復元はWindows自身が作成した復元ポイントや手動で作成した復元ポイントに戻ることができますが、システムイメージの復元はWindowsバックアップと復元で作成したシステムイメージバックアップの復元にのみ利用されます。

比較表をご覧いただき、それぞれの特徴をより深く知ってください。

  説明
システムイメージの復元 システムイメージの復元を使用するには、事前にシステムイメージを作成しておく必要があります。システムイメージとは、Windowsを含むパーティションのパーソナライズされたバックアップで、プログラムおよびドキュメント、写真、音楽などのユーザーデータも含まれます。
システムの復元

電子メール、ドキュメント、写真などのファイルに影響を与えることなく、コンピュータのシステムファイルを以前の時点に復元します。

システム回復オプションメニューからシステムの復元を使用した場合、復元操作を元に戻すことはできません。ただし、システムの復元を再度実行し、別の復元ポイントが存在する場合は、それを選択することができます。

システムイメージの復元とシステムの復元、どっちが自分に向いている?

OS、アプリケーション、設定、およびすべてのファイルを含む、ハードドライブと同じコピーを作成したいなら、システムイメージ復元をお勧めします。

個人的なファイルに影響を及ばずに、システムを以前の時点に戻したいなら、システムの復元がおすすです。

まだ決断しがたいですか?私個人の見解では、どちらもWindowsシステムを安定に保つための方法であり、どちらの方法も将来いつか復元作業を行うことに役立ちます。それぞれの保護対策にかける時間と労力のコストを考慮すると、ユーザーにはコンピュータでシステムの復元機能を常に有効にし、同時に、定期的にシステムイメージのバックアップを作成することをお勧めします。

システムイメージの復元 - 長所と短所 

  • システムイメージを復元するには、まず、システムドライブ、パーティション、ブートドライブなどをバックアップします。それらのデータを保存するため、ハードディスクは大容量でなければなりません。
  • システムイメージの復元を行うためのすべてのプロセスは、Windowsの詳細オプションで終了し、通常はそれで乗り越えるのは難しく、時間がかかります。
  • システムイメージの復元は、CD/DVDのシステム修復ディスク、またはUSBリカバリードライブの助けにより、コンピュータが起動しないときでも有効にすることができます。

システムの復元 - 長所と短所 

  • システムの復元は、システムファイルと設定のスナップショットであるシステムの復元ポイントのみを使用するため、使いやすく、余分なストレージ容量も必要ありません。システム修復ディスクや USB 回復ドライブの助けを借りることなく、システム ドライブから直接システム復元を開くことができます。
  • システムの復元は、個人的なファイルに影響を与えることなく、以前の時点に戻るために使用することができます。
  • システムの復元は、個人的なファイルには影響しませんが、最後の復元ポイントが作成された後にインストールしたプログラムは削除されます。

上記の説明から、システムイメージ復元とシステムの復元は、安定したWindowsシステムのバックアップを作成するための2つの保護方法であることがわかります。ハードディスクの同一コピーを作成したい場合は、システムイメージ復元を選んだほうがいいです。個人的なファイルに影響を与えずに以前の時点に戻すだけなら、システムの復元が適しています。どのシステム復元方法を選んでも、システム保護を有効にし、定期的にバックアップを作成することが、データ損失からコンピュータを保護する最善の方法となります。

システムイメージの復元をを設定する方法

前述の通り、システムイメージの復元を行うにはシステムイメージが必要ですので、1つまたは多数のシステムイメージを確実に作成する必要があります。システムイメージのバックアップを作成するには、ハードディスク、外付けハードディスク、CD/DVDディスク、ネットワークドライブを使用してバックアップファイルを保存することができます。ここでは、Windows 10のシステムイメージ回復ツールにアクセスし、システムバックアップを設定する方法を説明します。

ステップ1. コントロールパネルを開き、「Windows バックアップと復元(Windows 7)」オプションを探し、クリックして開きます。

ステップ2. 左サイドメニューから「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

ステップ3. 使用可能なドライブを選択し、次へをクリックします。システムイメージのバックアップを保持するためのドライブで、システムCドライブの使用容量と同じサイズ(ほとんどが100GB前後)なので、特にUSBメモリにシステムイメージを作成する場合は、128GB以上の大容量ハードディスクを使用するようにしてください。また、バックアップする物理ディスクと同じドライブを選択しないようにしましょう。

ステップ4. システムがデフォルトで選択したバックアップ内容、つまりMicrosoft Windows OSに関連するすべてのパーティションを確認します。このステップで、他のデータドライブをバックアップリストに含めることができます。その後、次へをクリックします。

ステップ5. バックアップの内容をプレビューし、[バックアップの開始]をクリックします。今すぐドライブにシステムイメージバックアップを作成する必要があります。OSはアップデートを取得したり、新しいファイルを保存したり、新しいプログラムをインストールしたりと、常に変化しているため、定期的に行ってください。

バックアップの開始

Windows 10でシステムの復元をオンにする方法

システムの復元は、Windows 10で自動的に有効になるように設定することができます。システムの復元機能を設定する全プロセスは、システムイメージのバックアップを作成するよりも速く、簡単に行うことができます。

ステップ1. Windows10で「このPC」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.左側のメニューで、[システムの保護]をクリックします。

ステップ3. 「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。以前、システムの復元オプションをオンにしなかった場合、各ドライブパーティションの保護ステータスが「オフ」と表示されていることがわかります。Cドライブのシステム復元機能を有効にするには、Cドライブオプションをクリックし、次に構成します。

ステップ4.「 設定の復元」で、システムの保護をオンにする オプションにチェックを入れます。バックアップ予約戦略を設定して、システム保護に使用する最大ディスク容量を調整することができ、バックアップハードドライブのディスク容量を管理するのに便利です。変更が完了したら、[OK]をクリックします。

システムの保護をオンにするOKをクリックします

ヒント

1.システムの復元設定は、ハードディスクドライブ上のすべてのパーティションを対象としているわけではありません。他のドライブに反映させるためには、4つのステップをすべて繰り返して、各ドライブでシステムの復元を有効にする必要があります。

2.ドライブにシステムの復元機能を設定すると、Windowsは自動的に重要な復元ポイントを作成します。それでも、[構成]ボタンの下にある[作成]ボタンをクリックして、重要なシステムの復元ポイントを手動で作成することを選択できます。

システムイメージの復元とシステムの復元を実行する方法

システムイメージやシステムの復元ポイントの設定や構成は、Windows 10では異なるツールやオプションによって行われ、リカバリーの方法も様々です。ここでは、Windows 10の回復環境(Windows RE)の詳細オプションで両方の回復オプションにアクセスする共通の方法を共有したいと思います。この共有方法は、Windowsオペレーティングシステムにアクセスするためにログインできないときに非常に効果的です。

ステップ1. ログイン画面から[シャットダウン]をクリックし、Shiftキーを押しながら[再起動]を選択します。

ステップ2. Windows 画面が表示されたら、「オプションの選択」メニューから「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

ステップ3.詳細オプションに移動します。

詳細オプション

ステップ4. そこには、「システムの復元」と「イメージでシステムを回復」の両方のオプションが表示されています。

システムの復元とイメージでシステムを回復

ステップ 5.「システムの復元」か「イメージでシステムを回復」をクリックし、画面上の指示に従ってシステムの回復プロセスを完了します。

イメージでシステムを回復とシステムの復元は、クラッシュや異常が発生したWindowsOSを動作可能な状態に戻すために使用するWindowsシステムの必須なオプションであり、その他の復元オプションとしては、スタートアップ設定、Windowsメモリ診断ツール、コマンドプロンプトがあります。

2つのオプションの主な違いは、時間とエネルギーのコスト、個人ファイルの復元能力、およびバックアップディスクのストレージの要件に関連しています。ですから、システムイメージ回復またはシステム復元を選択することは、「どちらのシステム回復オプションが優れているか」に対する答えではありません。3-2-1バックアップルールによると、Windowsを保護する最良の方法は、少なくとも2つのバックアップのコピーを同時に作成することです。そこで、システムイメージバックアップとシステムの復元ポイントの両方を作成することをユーザーに提案します。

1つのソフトで2つバックアップと復元を実現ーEaseUS Todo Backup Home

Microsoft Windowsは、確かにユーザーがバックアップを取るためのバックアップと復元機能を備えています。ファイルのバックアップと復元のための「ファイル履歴」、システムのバックアップとリカバリのための「システムのバックアップと復元(Windows 7)」、システムの復元ポイントを作成するための「システム保護対策」などがあるのだ。ただし、これらはすべて基本的なバックアップ機能を提供する別個の機能です。

しかし、多くのユーザーはWindowsでバックアップ方法を知らないようです。また、バックアップの作成と復元の全プロセスは複雑で、学習するに時間がかかりすぎる。

システムイメージの復元とシステムの復元のいずれかを使用する際の時間と効率を考慮すると、EaseUS Todo Backupは Windows OSを保護するための良いツールと思われます。さらに、ファイル、ハードディスク/パーティション、メール、OSなど、コンピュータに保存しているすべてのものを包括的にバックアップすることができます。

最も重要なのは、バックアップのディスク容量を大幅に節約し、バックアップと復元の速度を向上させ、前もって設定したバックアップタスクを自動的に実行できることです。

下のダウンロードボタンをクリックして、無料で体験することができます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

では、システムイメージをバックアップする手順を紹介します。

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

そして、システムイメージを復元する手順を紹介します。

1. EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックします。

1.EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックする

2. 作成したシステムイメージを選択して、「OK」をクリックして復元します。

2.復元したいファイルを参照して、「ok」をクリックする

3.復元先のハードディスクを選択します。ここでソースディスクと復元ディスクのパーティションスタイルが一緒であることを確認してください。

3.復元先のハードディスクを選択します。

4.必要に応じてディスクレイアウトをカスタマイズします。次に、「実行」をクリックして、システムのバックアップ復元を開始します。

4.システムのバックアップ復元を開始します

興味のある方は。ぜひダウンロードして体験してください!

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。