> How to Use > バックアップと復元 > OneDriveの接続問題を解決する簡単な方法

OneDriveの接続問題を解決する簡単な方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年09月21日に更新

概要:

最近、ローカルプロファイルにログインしようとしたときに、OneDrive デスクトップクライアントに何か違和感があることに気づきました。OneDriveアイコンはグレーで同期されていないように見えますが、サインインしようとすると、「OneDriveは接続されていません」という警告メッセージが表示されます。本文では、この問題の解決策を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

最近、ローカルプロファイルにログインしようとしたときに、OneDrive デスクトップクライアントに何か違和感があることに気づきました。

OneDriveアイコンはグレーで同期されていないように見えますが、サインインしようとすると、「OneDriveは接続されていません」という警告メッセージが表示されます。

さらに、アプリケーションにはサインインするためのプロンプトが表示されません! この問題は一般的で、ほとんどの人が影響を受ける可能性があります。

このような問題に遭遇した場合、どのような方法で解決すればよいのでしょうか?この記事では、「OneDrive が接続されていません」問題を解決してサインインするための最も迅速な方法をいくつか紹介します。ぜひお読みください。

OneDriveの接続問題

OneDriveが接続できない原因

OneDrive(Microsoftが所有)は、最高のクラウドストレージサービスの1つです。重要なファイルをクラウド上に安全に保存し、どこからでも取り出すことができます。その優れた使い勝手と優れたサービス提供にもかかわらず、アカウントにサインインするときにエラーが発生することがあります。

それどころか、サインインに失敗してメッセージが表示されることもあります。「OneDriveは接続されていません。」 これは多くの理由で発生します。OneDriveアカウントへのアクセスを妨げる一般的な理由には、次のようなものがあります。

  • 旧バージョンのOneDriveプログラムを使用している
  • ネットワーク接続が悪い
  • お使いのオペレーティングシステムの更新エラー
  • Microsoft アカウントとオペレーティング システムの間の接続エラー

よくあることですが、これらのエラーを修正することで、MicrosoftのOneDriveアカウントに簡単にアクセスできるようになります。これらのエラーを修正する方法については、後で説明します。

「OneDriveが接続されていません」の問題を解決する方法

OneDriveアカウントへのサインインに失敗することは、特に緊急にいくつかのファイルにアクセスしたい場合、非常に迷惑です。OneDriveの問題を解決する最も手っ取り早い方法には、次のようなものがあります。

  • 1. インターネット接続を確認する
  • 2. OneDriveクライアントを再起動する
  • 3. OneDriveを手動で更新する
  • 4. セキュリティ機能を無効にする

方法1. インターネット接続を確認する

デバイスのネットワーク接続が不十分なため、OneDriveアカウントにアクセスできない場合があります。これは、ネットワークが不安定な場合から、全く接続されていない場合まで、さまざまです。次の手順でネットワーク接続の問題を解決することができます。

1. 電源に断線がないか確認します。無線接続を使用している場合、ルーターが正常に動作していることを確認します。また、ルーターを再起動することで、再接続を確立することができます。

2.いくつかのウェブページを開き、他のサイトでもネットワークが機能するかどうかテストしてください。他のWebページが問題なく読み込まれる場合は、ネットワーク接続に問題がないことを示します。

3.ネットワークに問題がある場合は、「設定」>「ネットワークとインターネット」>「ネットワークのトラブルシューター」を選択します。これは、ネットワークの問題を診断して修正するのに役立ちます。

方法2. OneDriveクライアントを再起動する

OneDriveの起動プロセスでエラーが発生すると、正しくサインインできない可能性があります。この起動プロセスのエラーに対処する最良の方法は、OneDriveクライアントを再起動することです。これは、2つの基本的な手順で実現できます。

1. 画面の右下にあるOneDriveのアイコンをクリックします。「その他」 > 「OneDriveを閉じる」をクリックします。

OneDriveクライアントを再起動する

2. 「スタート」メニューをクリックし、検索バーに「OneDrive」と入力します。これにより、コンピュータ上のOneDriveプログラムを再起動することができます。

方法3. Windowsセキュリティ機能を無効にする

ファイアウォールやアンチウイルスなどのWindowsのセキュリティ機能により、OneDriveプログラムが正しく機能しない場合があります(場合によっては)。この問題に対処するには、これらの機能を一時的に無効にして、変化があるかどうかをメモする必要があります。

# アンチウイルスを無効にする手順

1. Windows セキュリティ > ウィルスと脅威の保護 > 設定の管理 に進みます。

2. リアルタイム保護 のスイッチをオフにする。これにより、ウイルス対策ソフトが無効になります。

アンチウイルスを無効にする手順

方法4. OneDriveを手動でアップデートする

OneDrive は、他の Microsoft プログラムと同様に常に自動的に更新されます。しかし、デバイスの自動更新を無効にしているため、古いバージョンのプログラムを使用している可能性があります。この問題に対処するには、OneDriveを手動で更新する必要があります。

以下の手順を適用して、このプログラムを手動で更新してください。

1. OneDrive の Web サイトにアクセスします。ダウンロード」リンクをクリックし、お使いのコンピュータの最新ソフトウェアバージョンを入手します。

2. ダウンロードが完了したら、スタートメニューから検索バーに「OneDrive」と入力します。最初に表示される結果をクリックし、新しいバージョンをインストールします。

最高の選択肢を試す- EaseUS Todo Backup

OneDriveデータバックアップに関連する一般的なエラーを回避するため、より簡単な代替手段を用意しました! 重要なデータをクラウドに保存するために、EaseUS Todo Backupを試してみてはいかがでしょうか。

このサードパーティソフトウェアツールは、MicrosoftのOneDriveよりも便利で安全です。EaseUS Todo Backupツールは、ディスク、パーティション、OS、ファイルのバックアップを作成する強力な能力を持っています。このソフトウェアツールは、ローカルドライブ、クラウド、NASにバックアップを保存することができます。

EaseUS Todo Backupはクラウドストレージから大きなデータの塊を保存し、取り出すことができるため、将来的にも安心です。まず、安全性が高く、マルウェアの攻撃からデータを安全に保護します。第二に、クラウドバックアップはいつでもデータのバックアップを取り出すことができるため、非常に柔軟性があります。第三に、クラウドストレージは250GBまで無料で利用できるため、費用対効果が高いことです。これは、15GBしか提供しないOneDriveとは異なります。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup ソフトウェアのその他の機能

簡単なバックアップ管理

EaseUS Todo Backup では、バックアップを結合、分割、削除、圧縮して、ディスク容量を節約することができます。また、毎日、毎週、毎月のバックアップ計画をスケジュールすることができます。

バックアップの効率性を強化

差分バックアップや増分バックアップの際に、変更されたデータのみをバックアップする必要があります。

ブータブルバックアップ機能

ブータブルバックアップは、システムを起動し、データを復元するためのデバイスにシステムバックアップを作成します。ブータブルバックアップ機能により、マルウェアの攻撃、システムクラッシュ、ハードウェアの破損などの災害時に、失われたデータを復元することができます。

ディスクとパーティションのクローン

EaseUS Todo Backupでは、元のディスクと同一のハードディスクを新規に作成することができます。

パスワードで保護されたバックアップ

このバックアップツールは、すべてのバックアップファイルを暗号化し、不正アクセスを防止することで、データ保護を倍増させます。

クラウドにバックアップする方法がわからない場合は、以下のチュートリアルを参考にしてください。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

よくある質問

1. OneDriveの同期に関する問題はどのように解決すればよいですか?

ファイルやフォルダーを圧縮する。

同期するフォルダを選択します。

OneDrive アカウントを Windows に手動で接続します。

Windowsをアップデートします。

Officeアップロード」機能をオフにします。

ストレージを管理する。

システムからOneDriveのリンクを解除します。

OneDrive プログラムを手動でリセットします。

2. OneDrive をアンインストールすると、ファイルは失われますか?

いいえ。コンピュータのOneDriveをアンインストールしても、ファイルが失われることはありません。OneDriveはこれらのファイルをクラウド上に保存するため、他のデバイスからOneDriveアカウントにサインインすれば、簡単にファイルにアクセスすることができます。

結論

ほとんどのOneDriveエラーは簡単に解決できます。失敗した試行の後にこのバックアップツールにサインインするには、上記の方法を使用できます。これらのソリューションのいずれかを使用して、OneDriveの問題に対処することができます。

OneDriveに関連する一般的なエラーを回避するには、EaseUS Todo Backupと呼ばれるサードパーティツールを使用することをお勧めします。これは主に、あなたのデータ用に250GBの無料クラウドストレージスペースへのアクセスを許可するものです。今すぐEaseUS Todo Backupを始めるには、こちらをご覧ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。