> How to Use > バックアップと復元 > システムイメージバックアップを取る方法【Windows 11】

システムイメージバックアップを取る方法【Windows 11】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月13日に更新

概要:

もしパソコンが何かのトラブル、マルウェアまたはエラーによって、システムファイルが損害され、起動不能状態に落ちれば、重要なデータやアカウントやシステム設定が紛失してしまいます。定期的にシステムイメージバックアップをすることでこれらの状況を防げることができます。本文では、Windows 11でシステムイメージバックアップを取る方法を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

イメージバックアップと通常のバックアップの比較

データのバックアップを作成し、維持することは、良い習慣です。しかし、イメージバックアップと通常のバックアップには少し違いがあります。以下、その違いをご覧ください。

イメージバックアップと通常のバックアップの違い

イメージバックアップは、システム全体のバックアップを作成するテクニックです。Windows OS、設定、アプリケーション、ユーザーアカウントなどのデータを丸ごとバックアップすることです。目的はシステムを再起動できてデータを復元するためのデバイスにシステムのバックアップを作成します。

通常のバックアップは、ファイルや重要なデータを保存するためのもので、OSをバックアップしなくて済むことです。パソコンが起動に失敗したときにバックアップファイルからの復元はできません。

イメージバックアップが作成されると、コンピュータをトラブルが発生する以前の状況に簡単に復元することができます。システムから正常に起動できないときに役に立ちます。イメージバックアップドライブからシステムを起動するだけで、データを復元することができます。

Windows 11でイメージバックアップを作成することはできますか?

Windows 11がリリースされて以来、大勢な方がWindows 11をアップグレードし、使用し始めました。念のためイメージバックアップを作成する必要があります。では、Windows 11でイメージバックアップを作成することはできるのでしょうか?答えはYesです。その前に、Windows 11で利用可能なバックアップ方法をまとめて一覧に見ましょう。

Windows 11でバックアップを取る方法

ファイル履歴:ファイル履歴は、Windowsに内蔵されているバックアップユーティリティです。 その名前が示すように、ファイルをバックアップするために使用されます。 これは、ファイル履歴の追跡を通じて、バックアップを作成および復元するのに役立ちます。

OneDrive:OneDriveを使ってアカウントとすべてのデータを同期させることができます。 そうすることで、どのデバイスからでもデータにアクセスできるようになります。 ただし、バックアップできるのはファイルとフォルダーのみです。

設定の同期:Windowsの設定同期は、Windows 11で新たに導入されたオプションで、 すべてのコンピュータの設定を同じに保つことができます。

アプリケーションによるバックアップ:アプリケーションのバックアップの機能を使用して、 パソコン全体のバックアップおよび復元することができます。

Windows 11でイメージバックアップを作成する方法

前述の通り、Windows 11はバックアップツールが豊富ですが、システムのバックアップができる機能は1つしかありません。このパートでは、イメージバックアップを作成する方法を詳しくお伝えします。また、EaseUS Todo Backupを使ってより簡単な方法も紹介します。

方法1. バックアップと復元を使う(Windows 7)

1.「コントロール パネル」を検索してクリックします。

バックアップと復元-1

2.「バックアップと復元(windows7)」を選択します。

バックアップと復元-2

3.「システム イメージの作成」をクリックします。

バックアップと復元-3

4.自分のニーズに合わせてオプションを選択してバックアップを作成します。

バックアップと復元-4

バックアップのプロセスが自動的に開始し、完了までお待ちください。以上の手順で、Windows 11に起動可能なバックアップを作成することに成功しました。

方法2. EaseUS Todo Backupを使用する

EaseUS Todo Backupは、Windows 11の自動バックアップを作成できる、優れたデータバックアップツールです。豊富な機能を持ち、Windows 11の起動可能なバックアップを作成することができます。

EaseUS Todo Backupのメリット

  • ワンクリックシステムバックアップ機能:Windowsシステムのバックアップ、ユーザー設定の作成、起動可能なバックアップをワンクリックで作成できる最小限の洗練されたユーザーインターフェイスを持っています。
  • クラッシュ時にシステムの復元:クラウドドライブとネットワークドライブ EaseUS Todo Backupは、バックアップファイルをクラウドやネットワークドライブに直接保存できるシンプルな機能も備えています。
  • カスタマイズされたバックアッププラン:ユーザーとして、カスタマイズされたバックアッププランを作成する本格的な権限を持っています。

まず、下のボタンからEaseUS Todo Backupをダウンロードし、手順に沿ってシステムのバックアップを作成します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

おまけ:Windows 11でファイルのバックアップを取る方法

onedriveを使ってバックアップを取る

1.onedriveを検索してアプリを開きます。

onedrive-1
2.バックアップしたいファイルを選択して続けるをクリックします。

onedrive-2

ファイル履歴を使ってバックアップを取る

1.「ファイル履歴」を検索してクリックします。

ファイル履歴-1

2.外部のストレージドライブをパソコンに接続します。
3.オンにするをクリックしてバックアップします。

ファイル履歴-2

まとめ

Windows 11のイメージバックアップは、通常のファイルバックアップよりもはるかに優れています。コンピュータの起動に失敗した場合、デバイスを起動し、すべてのデータを復元するのに役立ちます。Windows 11 は、ファイル履歴の使用、OneDrive フォルダの同期、設定の同期、アプリのバックアップなど、さまざまなバックアップ オプションを提供しています。

簡単にバックアップを取りたいなら、Windows 11バックアップに最適で最もお勧めのツールはEaseUS Todo Backupである。イメージバックアップの他に、自動バックアップ、クラウドとネットワークバックアップなどのオプションがあります。

よろしければ、ダウンロードして試してください。何が疑問点がございますなら、気軽に問い合わせください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。