> How to Use > バックアップと復元 > USBからWindows7をインストールする方法

USBからWindows7をインストールする方法

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年10月20日に更新

概要:

USBドライブからオペレーティングシステムをインストールしたい場合、この記事を読み逃しないでください。この記事では、USBドライブでWindows7をインストールする再簡単な方法を紹介します。この記事が紹介する方法をフォローし、Windows10/8/7を楽にインストールできます。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ
 

Windows7を使いたい、そのやり方は?

「Windows10のDellのノートブックを持っています、すでにWindows7になれていました。Windows7を使いたいんですが、Windows10もそのまま維持したいと思っています。なので、どうすればいいのでしょうか、何かWindows7を使える簡単な操作方法があるのでしょうか。教えてください。」

実はネットでオペレーティングシステムをインストールする方法を検索すれば、様々な方法が出てくると思います。ただし、大部の方法がパソコン初心者向けではなく、ちょっと複雑な気味があるのではないかと思いますので、今回は、初心者でも簡単にやれるUSBメモリにWindows7をインストールする方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

ただ数ステップでWindows7をコピーし、使うことができます。それに、USB起動ディスクを作成することで、Windows7をいつでもどこでも使えるようになってきます。

USBメモリからWindows7をインストールするには必要な準備

USbメモリをブードとして、Windows7を起動したい場合は、3つの準備を揃えれば、成功の第一歩と考えられます。

1.ドライブCのすべてのデータが保存できるUSBドライブ

usbブード
2.正常に起動できるWindows7のパソコン
3.システムクーロンができる専門的な無料バックアップソフト

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

Windows7をUSBにインストールする方法

Windows7をUSBメモリにインストールする方法は、以下の3スッテプに従って、手軽くて完成できます。

ステップ1.USBメモリをパソコンにインストールし、EaseUS Todo Backupを実行してください。そして「システムクーロン」をクリックします。

EaseUS Todo Backupでシステムクーロンをクリックする

ステップ2.クーロン先のディスクとしてUSBメモリを選択します。(ここでUSBメモリの空き容量は足りるかどうかをチェックできます。)

EaseUS Todo Backupでシステムのクーロン先を選択する

ステップ3.ウィンドウ左下のバックアップオプションで「ブータブルディスクを作成」をチェックしてクーロンを実行してください。

システムクーロンのプロセスが終わってすぐUSBメモリからWindows7を使えます。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

USBメモリからWindows7を起動する方法

ステップ1.USBメモリをパソコンに正確に接続してください。そしてF2キーを押し続けながら、パソコンを再起動することで、BIOSに入ります。(パソコンの起動動作設定は、BIOSと呼ばれるメニューにあります。

ステップ2.BIOSで起動ディスクをUSBメモリと指定すればOKです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。