> How to Use > バックアップと復元 > 対処法:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました

対処法:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました

2019年06月18日に更新

筆者:Tioka

バックアップと復元
概要:
パソコンを起動すると、すぐ「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。」というエラーメッセージが表示されることがありませんか。この様な場合、どうしたらいいのでしょうか。この記事では、「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。」の対処方法について紹介します。このページを参考にして簡単にエラーを修復しましょう。

Windows 10のユーザープロファイルが読み取られない!

user-profileファイルが読み取られないエラー

上記のような「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。」というエラーメッセージが表示される原因は、あなたのユーザープロファイルが破損したことにあります。

また、ログオンしようとする際に、ウイルス対策ソフトウェアがコンピューターをスキャンしている場合などは、Windows でユーザー プロファイルが正常に読み取られないことがあります。 このエラーによってパソコンを正常に起動できないこともよくあるので、日常使用に当たって避けられないエラーの一つです。次は、「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。」エラーを修復する詳細な手順を書いてきます。初心者でもこのチュートリアルを参照して、エラー解決できると思います。お見逃しなく!

対処法:User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました

このエラーを解決する前に、とりあえずパソコンを再起動して、このエラーがもう1度出てくるかをチェックしてください。エラーが依然として発生する場合は、下記の対処法に移動してください。

対処法1.パソコンをセーフモードで起動してエラーを修正

下記の2ステップに従えばパソコンをセーフモードでパソコン起動して、「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。」を修復できます。

ステップ1.セーフモードでパソコン起動する

セーフモードはドライバー、ソフトウェアとサービスの最小限を読み込みますので、パソコンが正常に起動しない多くの場合は、セーフモードからパソコンを問題なく起動できます。エラー修正に役に立つモードです。

  • スタートアップ修復」画面が表示されるまで、パソコンを起動―シャットダウン操作を繰り返します。(普通は2回で表示される)

スタートアップ修復画面が表示

  • 詳細なオプション ボタンをクリックします。
  • トラブルシューティングを選択します。
  • 詳細オプションをクリックします。
  • その先にスタートアップ設定をクリックします。
  • ここで再起動ボタンがありますので、そこをクリックします。
  • 再起動すると、起動の設定メニューが表示されます。ここで4)セーフモードを有効にするを押します。(オンライン検索などの操作を実行する必要がある場合は、5)セーフモードとネットワークを有効にするを押します。)

セーフモードを有効

ステップ2.レジストリデータの値を変更することでユーザープロファイルを修正

1.セーフモードでWin+Rキーを同時に押すことでレジストリエディターを開きます。
2.HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Microsoft > Windows NT > CurrentVersion > ProfileList の順にクリックします。

レジストリエディターを開く

3.「S‐1-5」シリーズのフォルダー中に入っている「ProfileImagePath」項目のデータを確認します。
4.「ProfileImagePath」項目のデータがC:\Users\アカウント名の場合は、そのフォルダーの「State」データの値を0に変更します。

stateのデータの値を変更する

5.「RefCount」のデータの値を0に変更します。(RefCountという項目がない場合は、新規作成が必要です。右クリックして新規DWORD(32ビット)の値 の順にクリックしてから、名前をRefCountと指定し、データの値を0に設定します。また、表記は16進数です。)

refcount項目を新規作成

6.レジストリエディターを閉じてパソコンを再起動してください。

対処法2.新しいユーザーアカウントを作成する

新しいユーザーアカウントの作成に移る前に、ユーザープロファイルをバックアップする必要があります。一般的に大量のファイルのバックアップはとても時間がかかります。ここで最も簡単な無料バックアップソフトで、プロファイルのファイルをバックアップする方法を皆さんにおススメします。時間の節約にもなります。

1. EaseUS Todo Backupを実行し、ファイルバックアップを選択します。
2. Cドライブ中のusersフォルダーを選択します。
3. usersフォルダーに保存している写真、動画などのユーザープロファイルのファイルの保存場所を選択します。(保存先を外付けHDDと指定することがおススメです。なぜかといえば、外付けHDDに保存しないと、全てのファイルが元のユーザープロファイルに止まってしまうからです。)

EaseUS Todo Backup Freeのメインウィンドウ

新しいユーザーアカウントを作成する方法

1.スタートボタン設定 アカウント家族とそのほかのユーザー の順にクリックします。
2.他のユーザー項目から、「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。
3.ローカルアカウントを作るには、「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

ローカルアカウントを作成する

4.アカウントを作成するためのMicrosoftアカウントの追加画面が表示されます。ここで「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
5.このPC用のアカウントの作成画面でユーザー名パスワードを記入てから「次へ」をクリックすれば作成完了です。

ユーザーアカウントを作成するためにユーザー名やパスワードを記入

それから、パソコンを起動する度、新しいアカウントにログオンすることができます。