> How to Use > バックアップと復元 > Windows 11のエラーコード0x0 0x0:修正方法は?ーEaseUS

Windows 11のエラーコード0x0 0x0:修正方法は?ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月09日に更新

概要:

PCをWindows 11にアップグレードするときに0x0 0x0エラーコードが表示されたことを経験したことがありますか?この記事に紹介している修正方法に従って、0x0 0x0 エラーを修正して、Windows 11 に正常にアップグレードします。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 11 insderのエラー 0x0 0x0

"こんにちは、皆さん、Windows Insider Programで問題があります。 insdeのビルドを取得しようとすると、この0x0 0x0エラーが表示されます。エラーコード 0x0 0x0を修正する方法がありますか?"

エラーコード0x0 0x0って何?

Windows エラー 0x0 0x0 またはそれに似たエラー (0x0) は、かなり一般的なものです。0x0 0x0エラーは、WindowsユーザーがWindowsオペレーティングシステムのベータ版をインストールできるWindows Insider Preview機能に関連しています。このエラーは、Windowsシステム要素に障害が発生したことを意味します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 11の0x0 0x0エラーの発生原因について

実は、0x0 0x0のエラーコードの発生原因は、以下の通りであり、そのほとんどが修正することができます。ご安心ください。

  • オペレーティングシステムの障害
  • ウイルスやマルウェアの感染
  • Windows起動ファイルの損傷
  • レジストリやシステムファイルの誤削除
  • 一部のプログラムの不適切なアンインストール/インストール

Windows 11のエラー0x0 0x0を修正する方法

Windows 11のエラー0x0 0x0を修正する方法に進む前に、何度かPCを再起動したことを確認してください。また、トラブルシューティングの重要な注意事項を読み飛ばさないようにしてください。

対処法1.Windowsレジストリを修復する

問題を解決するために、WindowsSelfHostレジストリキーを削除してみてください。「設定」の「Windows Insider Program」ページに移動すると、自動的に再作成されるはずです。

お知らせ:この方法には、レジストリを変更する手順が含まれています。レジストリの変更を誤ると、重大な問題が発生する可能性があります。そのため、注意を払っててください。また、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしてください。そうすれば、問題が発生したときにレジストリを復元することができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

ステップ1. Windows+Rキーを押し、regeditと入力し、Enterキーを押します。

ステップ2. HKEY_LOCAL_MACHINE > SOFTWARE > Microsoft > WindowsSelfHostに移動します。

ステップ3. WindowsSelfHostを削除します。

ステップ4. PCを再起動し、問題が解決されるかどうかを確認します。

対処法2. SFCおよびDISMを実行する

Windowsのシステムファイルの破損は、Windowsの0x0 0x0エラーの潜在的な原因である可能性があるので、2番目のステップは、コマンドプロンプトを介してSFCとDISMスキャンを実行することで、不足または破損したシステムファイルを修復し、難局から抜け出すことができると思われます。

ステップ1. 検索ボックスにcmdと入力し、管理者としてコマンドプロンプトを開いてください。

ステップ2. 以下のコマンドを1つずつ入力します。

  • DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  • sfc /scannow

ステップ3.PCを再起動すると、OSが自動スキャンを開始し、システムファイルの整合性をチェックします。

対処法3. クリーンインストール用のWindows 11 Insider Preview ISOをダウンロードする

まず、公式ページでWindows 11 Insider Preview ISOをダウンロードします。

ステップ1. ファイルやアプリケーションをすべてバックアップします。Windows Insider Preview ISO を使ってクリーンインストールすると、ファイル、設定、アプリケーションのすべてが消去されます。

*EaseUS Todo Backupでは、ディスク/パーティションバックアップ、システムバックアップ、クラウドドライブを含む複数のバックアップ先へのファイルバックアップのオプションが用意されています。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ 2. Windows Insider ISOページから選んだISOファイルをデバイスの場所に保存するか、起動可能なUSBを作成してダウンロードします。

ステップ3. ファイルエクスプローラを開き、ISOを保存した場所に移動します。ISOファイルを選択して開くと、Windowsがイメージをマウントし、アクセスできるようになります。

ステップ4. setup.exeファイルを選択し、インストールプロセスを開始します。

ステップ5. セットアップ中、保持したい項目を選択して、次の画面で「ない」を選択するとクリーンインストールが完了します。

ステップ6. インストールが完了したら、Windows Insiderの設定が正しいことを確認してください。「設定」>「Windows Update」>「Windows Insider Program」を選択します。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。