> How to Use > バックアップと復元 > PCファイルをDropboxにバックアップする方法

PCファイルをDropboxにバックアップする方法

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年07月31日に更新

概要:

Dropboxは優れたクラウドストレージアプリとして、多くの人に使用されています。ファイルの交換や保存には大きな役を立ってくれます。もしPCファイルをDropboxにバックアップしたいなら、どうやって実現させるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

無料体験Windows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ
 

質問:パソコンでのファイルをDropboxにバックアップするのは可能?

「パソコンでのファイルをDropboxアカウントにバックアップするのは可能でしょうか?実は仕事関係でよくDropboxを利用して、ファイルの交換などを行っています。突然に気付いたのですが、Dropboxの空き容量はかなり大きいので、それをパソコンファイルのバックアップ先として利用できるではと思いました。それは現実的なのでしょうか?」

Dropboxなどのクラウドストレージをバックアップ保存先として利用したいが、どうやってクラウドアカウントでファイルバックアップを作成するのは分かりません。あなたもそのようなことに悩んでいるでしょうか?

手動でDropboxにデータをバックアップする方法

Dropboxをパソコンにインストールして、アカウントをログインすると、ハードドライブに「Dropbox」というフォルダが自動的に生成されます。

この「Dropbox」フォルダに入れるファイル/データが自動的にDropboxのサーバーにバックアップします。だから、ファイルをDropboxにバックアップしたい場合、バックアップしたいファイルをこの「Dropbox」フォルダにコピーすればよいです。

Dropboxのダウンロードリンク:https://www.dropbox.com/ja/downloading

dropboxのフォルダ

バックアップソフトでPCファイルをDropboxにバックアップする操作手順

上記の方法に従って、手動でファイルを選択して、Dropboxにバックアップする方法と比べて、クラウドバックアップに対応するバックアップソフトを使う方法の方がもっと簡単且つ効率です。

ここで、クラウドバックアップソフトEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。画像、ビデオ、音楽...様々な形式のファイルをクラウドストレージにバックアップすることが可能です。Dropboxでの空き容量を存分に生かしたいなら、是非試してみてください!

無料体験Windows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

1.ソフトを実行して、「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップを選択する

2.バックアップしたいファイルをチェック入れて、バックアップの保存先を指定します。初めてクラウドにバックアップする時、「クラウドストレージサービスを追加」をクリックします。

クラウドストレージサービスを追加する

3.Dropbox」をクリックして、アカウントを追加します。

Dropboxアカウントを追加する

4.最後に、Dropboxアカウントを登録し、アクセスを許可すれば、バックアッププロセスを開始することができます。

バックアッププロセスを開始する

無料体験Windows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。