> How to Use > データバックアップコンテンツハブ >【完全ガイド】コンピューターをバックアップする方法(Windows&Mac)

【完全ガイド】コンピューターをバックアップする方法(Windows&Mac)

Harumoe | カテゴリ: データバックアップコンテンツハブ | 2022年11月21日に更新

概要:

本記事はバックアップの種類、スマートなバックアップ戦略、及びコンピューターをバックアップする方法などを詳しくご紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

バックアップとは?バックアップの種類は?

※本記事で述べる「バックアップ」は、主にパソコンのファイルをバックアップすることを指します。

ほとんどのデータ保護サイトは、バックアップということの重要性を強調しています。しかし、データと重要なファイルを保護するためにバックアップ作成の重要性を意識しても、どのようなバックアップ方法が最善であるかまだわからないかもしれません。では、バックアップを作成する前に、まずバックアップとは何か、バックアップの種類を学びましょう。

自分にとって必要なファイルの安全性を確保するため、これらのファイルの内容を1つずつ複写して、複写ファイルを元のファイルとは別の場所に保存する操作は、「バックアップ」と呼ばれています。バックアップを取った後、すべての複製ファイルがまとめられるイメージファイル(.PBDファイル)が1つ作成されます。何らの原因によって、重要のデータがなくなった場合、このイメージファイルから、データを復元することができます。

バックアップには、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップという三つのタイプがあります。詳細には次の文を見ていきましょう。

1)完全バックアップというのは、文字通りすべてのバックアップしたいデータをバックアップすることです。増分、差分バックアップと比べて、完全バックアップの速度は遅くて、イメージファイルの容量も大きいです。しかし、完全バックアップは増分バックアップと差分バックアップの基礎なので、いずれのバックアップを取る場合でも、初回は完全バックアップを取る必要があります。

2)増分バックアップとは、前回のバックアップ(完全、増分、差分バックアップを問わず)以降に変更された部分のみをバックアップする方式を指します。増分バックアップは3つのバックアップメソッドの中で、一番快速でバックアップファイルの容量が小さい方式です。増分バックアップのデメリットと言えば、バックアップを復元する時、大量の増分バックアップファイルから復元を実行する必要がありますので、かなり時間がかかります。また、初回の完全バックアップや一つの増分バックアップファイルが壊れたや削除された場合、バックアップの復元が不可能になる可能性があります。

増分バックアップ

3)差分バックアップとは、最新の完全バックアップ以降に変更されたすべてのデータのみをバックアップする方式を指します。差分バックアップは直接完全バックアップと関連していますので、別の差分バックアップが壊れても、バックアップを順調に行うことができます。

差分バックアップ

バックアップを作成する最良の戦略

パソコンのバックアップは、一回で終わる作業ではありません。その代わり、定期的に指定のハードディスクに効果的なバックアップを作成する必要があります。バックアップは三つのタイプがあります。この三つのタイプは、最高のバックアップ体験、バックアップの頻度、重要なバックアップからの復元速度の向上を確保しています。

コンピュータのバックアップに関しては、「万能」なソリューションはありません。最適なバックアップ戦略は、データ、データが変更される頻度、損失を許容できる量によって異なります。
バックアップ計画を作成する際に下記のことを考えてみてください。

  • どのくらいのデータを持っていますか?
  • どのくらいの頻度で変更されますか?
  • データの種類は何ですか? (例: ドキュメント、写真、音楽など)
  • データ損失の可能性は? (例: ハードウェア障害、ソフトウェア破損、誤った削除など)
  • データ復旧の費用はいくらですか?

これらの質問に基づいて、データをバックアップする頻度とバックアップのタイプを決定しましょう。
たとえば、頻繁に変更される大量のデータがある場合は、増分バックアップ戦略のほうが適切だと思われています。これは、データを定期的に (毎日または毎週) バックアップし、最後のバックアップ以降に変更されたファイルのみがコピーされることを意味します。ストレージ スペースやバックアップの時間が限られている場合に適したオプションです。

一方、頻繁に変更されない少数のデータである場合は、フル バックアップ戦略のほうが適切だと思われています。これは、すべてのデータを一度に (毎月または毎年) バックアップし、すべてのファイルを指定された宛先にコピーすることを意味します。ストレージ容量やバックアップ時間が十分な場合に適したオプションです。
どのようなバックアップ戦略を選択しても、バックアップを定期的にテストして、正しく機能していることを確認するのが不可欠です。バックアップからいくつかのファイルを復元し、元のファイルと比較することで実行できます。違いがある場合は、バックアップが正しく機能していないことがわかり、問題をトラブルシューティングする必要があります。

関連記事:2022ガイド:なぜバックアップ戦略は必要?

Windows OSでコンピュータをバックアップする-バックアップの選択肢

「コンピュータをバックアップする」と言うのは、実際には非常に曖昧な言葉です。コンピュータのデータをバックアップする必要があり、そのデータはいくつかの部分に分割されるからです。たとえば、コンピューターでの重要なファイルをバックアップしたい場合、これらのファイルをフォルダーまたはディスクに保存できます。または、コンピュータが起動できない場合や深刻な損傷を受けた場合にシステムを復元できるように、コンピュータのシステム ディスクをバックアップする必要があります。したがって、このセクションでは、コンピュータのさまざまな部分をバックアップするときの対処方法と、バックアップの保存場所について説明します。

知っておくべきバックアップの選択

バックアップ ファイルを作成するときは、適切な保存先と適切なバックアップ形式を選択するのが非常に重要です。一般に、さまざまなデータ保護の要望を満たされるバックアップの選択肢は、外付けハードドライブへのバックアップ、ディスク イメージ バックアップの作成、およびクラウド サービスへのバックアップという3つがあります。

外付けハードドライブ:バックアップ ファイルを作成する場合、適切な保存先を選択するのが非常に重要です。バックアップを保存するのに最適な場所は、安全で使いやすく、大量のデータを保存できる外付けハードドライブだと思われています。外付けハードドライブを使用すると、特定のファイルをコピーとペーストしたり、バックアップ イメージを保存したり、ディスクやパーティションをクローンしたりなどができます。

ディスク イメージ:ディスク イメージは、正確なディスクまたはパーティションのコピーです。ディスク イメージは多くの場合にバックアップ目的で使用されます。コンピュータが起動しない場合に備えて、外付けハードドライブにシステム ディスク イメージを作成することをお勧めします。

クラウド: ファイルをバックアップとしてクラウド サービスに保存することは、新しいトレンドです。クラウドは、ユニバーサル アクセスとスケーラビリティの面で、従来のバックアップ先より優れています。バックアップしたファイルを時々チェックしてアクセスする必要があると場合は、クラウド ドライブ サービスをお勧めします。

コンピュータ全体をバックアップする

  1. #1.コンピュータを外付けハードディスクにバックアップする
  2. #2.ディスクイメージのバックアップ用コンピュータを作成する
  3. #3.コンピュータをクラウドにバックアップする

#1.コンピュータを外付けハードドライブにバックアップする

上記の部分では、外付けハードドライブは最適なバックアップ先であると述べました。ストレージスペースが豊富で、データ転送も高速で、持ち運びに便利です。さらに、外付けハードドライブを使うと、重要なデータのコピーを手動で作成したり、バックアップ ソフトウェアを利用してそのドライブをバックアップ先として設定したりなどができます。

a)ファイルとフォルダーを手動でバックアップします。

これは、コンピューターのデータを外付けハードドライブにバックアップする最も簡単な方法です。

ステップ1.バックアップ外付けハードドライブをコンピュータに接続します。(新しいドライブの場合は、事前に初期化する必要があるかもしれません。)

ステップ2.バックアップしたいファイルを外付けハードドライブにコピーとペーストします。

お知らせ:
この方法では、ファイルとフォルダーのみをバックアップできます。システムまたはディスク全体 (ディスク レイアウトを含む) をバックアップする場合は、Windows の組み込みシステム イメージ ツールまたはサードパーティのバックアップ ユーティリティを使わなければなりません。

b) ドライブをバックアップ先として設定する。

Windowsに組み込まれるバックアップ ユーティリティ (ファイル履歴またはバックアップと復元) とサードパーティ製のバックアップ ソフトウェアを使用してコンピュータをバックアップする場合、セットアップ プロセスでバックアップ ドライブを選択するということがシステムに通知されます。ここでは、バックアップ先として外付けハード ドライブを設定する方法を説明します。

ファイル履歴をセットアップする

ステップ1.[設定] > [システムとセキュリティ] > [ファイル履歴] に移動します。

ステップ2.外付けハードドライブをコンピュータに接続します。

ステップ3.左側の[ドライブの追加]をクリックし、接続されているハードドライブをバックアップ先として選択します。

サードパーティのバックアップ ソフトウェアをセットアップする

サードパーティのバックアップ ソフトウェアを使用する場合は、バックアップ ファイルをさまざまな場所に保存できます。ここでは、EaseUS Todo Backupを例として、コンピューターを外付けハードドライブにバックアップするプロセスを示します。無料のバックアップ ソフトウェアをダウンロードし、操作手順に従って作業を始めましょう。

EaseUS Todo Backupのメリット:
  • コンピュータをバックアップするための完全無料なソフトウェア。
  • 操作が簡単でやすい。(使い方を学ぶのに多くの時間を費やすことがなし)
  • フル/差分/増分バックアップのタスクを設定できる。
  • 幅広いバックアップ サポートが備える。(単一のファイル フォルダからオペレーティング システム全体まで)

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

操作手順:

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、「バックアップ内容の選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

ディスクバックアップ手順1

ステップ2.「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ディスク」を選択します。

ディスクバックアップ手順2

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクとパーティションを選択します。

ディスクバックアップ手順3

ステップ4.「バックアップの保存先を選択」をクリックします。

ディスクバックアップ手順4

ステップ5.ディスク/パーティションのバックアップの場合、バックアップをローカルドライブまたはNASに保存することを選択します。

ディスクバックアップ手順5

ステップ6.「今すぐバックアップ」をクリックします。プロセスの完了を待ちます。

ディスクバックアップ手順6

#2.ディスクイメージを作成してコンピュータをバックアップする方法

ディスクイメージは、ディスク上の構造を含むデータ全体を、イメージファイル形式で保存したものです。 ディスクバックアップイメージを作成した後、リストアを実行するまで、バックアップの内容にアクセスすることはできません。 このため、ほとんどのユーザーは、システムをイメージとしてバックアップすることを選択します。 システムイメージは、オペレーティングシステム、アプリケーション、設定、構成、およびすべてのファイルを含む、コンピュータの完全なコピーです。 Windowsが起動できなかったり、マルウェアに感染したり、ハードウェアに障害が発生したりなどの場合、システムイメージを使って、システムイメージを作成した時点の状態にPCを復元することができます。

Windows バックアップと復元 (Windows 7) は、システムイメージを作成するユーザー向けに設計されており、このツールを使用してコンピュータのシステムイメージを作成する方法を次にご紹介します。

注:事前にUSB フラッシュ ドライブをNTFS にフォーマットすることを忘れないでください。そうしないと、「システム イメージを USB ドライブに作成できません」というエラーが表示されます。

操作手順:

ステップ1.空のUSBフラッシュ ドライブをPCに接続します。

ステップ2.[バックアップと復元](Windows 7)を開きます。

Windows7の場合:[スタート]アイコンを右クリック > [設定] を選択 > [バックアップと復元] を選択します。

Windows10/8の場合:Windows アイコンを右クリック > [検索] を選択 > コントロール パネルを検索して開き、[バックアップと復元] をクリックします。

バックアップと復元

ステップ3.[システム イメージの作成] をクリックします。

[ハードディスク上] セクションで、外付けUSB ドライブまたはUSB フラッシュ ドライブを宛先ディスクとして選択し、[次へ] をクリックして続行します。

ステップ4.システムおよびシステム予約パーティションがデフォルトで選択されますので、「次へ」をクリックして続行します。

ステップ5.[バックアップの開始]をクリックして、USB ドライブに現在のシステム イメージを作成します。

システム イメージを作成します

バックアッププロセスが完了したら、外部デバイスを安全に切断します。

ご参考までに:

1. Windowsバックアップと復元を使って作成されたシステムイメージは、現在のWindowsオペレーティングシステムが起動できる、または復元ウィンドウで起動できる場合にのみ復元することができます。

つまり、現在のシステムが起動できない場合、USBドライブのイメージでWindowsを復元することはできません。

2. システム イメージは、ソース コンピューターへの復元にのみ使用できます。

3.Windows 7のシステムイメージWindows 10のパソコンに復元するなど、異なるシステムを使う別のパソコンにシステムイメージを復元することはできません。 サポートされていないのです。

#3.コンピューターをクラウド (OneDrive) にバックアップする方法

コンピュータをクラウド ドライブにバックアップするには2つの方法があります。1つはコンピュータをクラウド ドライブにバックアップおよび同期するように設定することで、もう1つはバックアップ先としてクラウド ドライブを選択する方法です。OneDriveは、Windowsに組み込まれるクラウド サービスであるから、特定のフォルダーをOneDriveに自動的に同期するように設定できます。これを行う方法は次のとおりです。

メイン ファイルまたはデータをバックアップするには、次の手順に従ってください。

ステップ1:デスクトップで OneDrive アプリを開きます。

ステップ2:  OneDriveが開いたら、左側のサイドバーにある [ファイルのバックアップ] オプションをクリックします。

ステップ3:次の画面でバックアップするフォルダを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。

OneDriveでバックアップ

ステップ4:最後に、[バックアップの開始] ボタンをクリックしてプロセスを開始します。

コンピュータ イメージためのWindows バックアップ ソフトトップ8

上記の内容では、ファイル履歴、バックアップと復元 (Windows 7)、OneDriveなど無料のWindows 組み込みバックアップ ユーティリティを使ってバックアップする方法が紹介されました。EaseUS Todo Backupなどの効率的なサードパーティ製バックアップ ソフトウェアもあり、最小限の労力でコンピューターをバックアップできます。しかし、どのように自分のPCに適したバックアップ ツールを選択するのでしょうか。他に選択肢はありますか?Windows 11/10/8/7用の最高のバックアップ ソフトウェアを次に示します。

Macコンピュータをバックアップする方法

Macコンピュータをバックアップするには、Time Machine とサードパーティのバックアップ ソフトウェアという2 つの方法があります。Time Machine は、Mac コンピュータに組み込まれたバックアップ ユーティリティで、データを外部ドライブにバックアップできます。ユーザーは、システム全体または選択したフォルダーのみをバックアップできます。さらに、過去 24 時間の毎時バックアップと過去1か月の毎日のバックアップを保持します。サードパーティのバックアップ ソフトウェアについては、使いやすく、複数のバックアップ オプションをサポートするEaseUS Todo Backup for Mac をお勧めします。

#1.Time Machineを使って、 Mac コンピュータをバックアップする方法

ステップ1.外付けドライブをMacコンピュータに接続します。Time Machineでバックアップを作成するには、Macに接続された外部ストレージ デバイスが必要です。ドライブはUSB、Thunderbolt、またはFirewireドライブのいずれかです。

ステップ2.接続したら、アプリケーション フォルダから、またはメニューバーのTime Machineアイコンをクリックして、Time Machineを開きます。

ステップ3.Time Machineインターフェイスが表示されたら、[ディスクを使用]を選択し、接続したばかりの外付けドライブを選択します。

Time Machineでmacをバックアップ

ステップ4.ディスクを選択したら、[バックアップに使用] をクリックして、バックアップに使用を開始します。Time Machine は、システム全体の外部ドライブへのバックアップを開始します。

ステップ5.メニュー バーの [Time Machine] アイコンをクリックし、[Enter Time Machine] を選択して、バックアップが作成されていることを確認します。Finderウィンドウが表示され、過去のバックアップを参照することができます。

#2.EaseUS Todo Backup for Mac の使い方

ステップ1.EaseUS Todo Backup for Macを起動して実行します。画面左下の+ボタンをクリックして、バックアップのネームを入力し、「ok」ボタンを押します。

EaseUS Todo Backup for Mac

ステップ2.バックアップのターゲット場所を選択し、除外項目及び自動バックアップ計画を設置してから、「ok」ボタンをクリックします。

EaseUS Todo Backup for Mac

ステップ3.バックアップしたいファイル/フォルダをバックアップポロセスに追加します。

File+/Apps Data+をクリックすることでファイル/フォルダを選択することができます。そして青いボタンを押してバックアップを実行しましょう。

バックアップしたいファイル/フォルダをバックアップポロセスに追加

まとめ

上記はコンピュータのバックアップに関する詳しいガイドです。windowsとMacのユーザーは誰でも、本記事で必要なバックアップ方法を見つけられます。そして、本記事はプロなバックアップソフトであるEaseUS Todo Backup及びその使い方を紹介しました。、興味を持つ方は、下のボックスをクリックして、ダウンロードしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。