> How to Use > データバックアップコンテンツハブ >【2022究極ガイド】ハードドライブをバックアップして、コンピュータを復元する

【2022究極ガイド】ハードドライブをバックアップして、コンピュータを復元する

Harumoe | カテゴリ: データバックアップコンテンツハブ | 2022年11月21日に更新

概要:

ハードドライブのデータが失われたり、コンピューターのシステムクラッシュの問題に直面したりするとき、どうぞご心配なく!本記事は、ハードドライブ バックアップ ソフトウェアを使って、ハード ドライブにコンピュータ システムと重要なファイルのバックアップを作成する一般的なルールを説明するものです。今すぐ読みましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

定期的にバックアップを作成することは、コンピュータユーザーが決して無視してはならないタスクの1つであるべきです。多くの人々が、ハードドライブ障害が原因でデータ損失やシステムクラッシュを経験しているので、バックアップのハードドライブは、常にほとんどの災害から重要なファイルを保護するための最良の方法だと思われています。

ハードドライブのバックアップとは?

自分にとって必要なファイルの安全性を確保するため、これらのファイルの内容を1つずつ複写して、複写ファイルを元のファイルとは別の場所に保存する操作は、「バックアップ」と呼ばれています。バックアップを取った後、すべての複製ファイルがまとめられるイメージファイル(.PBDファイル)が1つ作成されます。何らの原因によって、重要のデータがなくなった場合、このイメージファイルから、データを復元することができます。

ハードディスクバックアップとは

コンピュータのハード ドライブ データをバックアップするには、主に4つの方法があります。

  • コピーと手動転送:データをある場所から別の場所にコピーすることで、手動でバックアップするようになる。(例:コンピューターのハードディスクから外付けハードディスクやクラウドストレージにコピーする場合など)。
  • 高度なソフトウェアによるバックアップ:バックアップの作成プロセスを自動化し、バックアップのスケジュール設定、増分バックアップなどの追加機能を提供する専門的なバックアップ ソフトウェアによることもできます。
  • 特定のバックアップ ハードドライブを使う:一部のハード ドライブは、バックアップと同期専用に設計されています。たとえば、Seagate HDD および SSD は、PCまたは Macに同梱されている Seagate Toolkit アプリを介して、すべての重要なファイルをコンピュータからストレージ デバイスに自動的にバックアップできます。
  • ハードドライブのクローン作成: ドライブのクローンは、既存のドライブの正確なコピーを作成し、元のドライブがクラッシュまたは故障した場合にバックアップとして使用することができます。

パソコンのバックアップは、一回で終わる作業ではありません。その代わり、定期的に指定のハードディスクに効果的なバックアップを作成する必要があります。バックアップは三つのタイプがあります。この三つのタイプは、最高のバックアップ体験、バックアップの頻度、重要なバックアップからの復元速度の向上を確保しています。

バックアップの三つタイプは次のどおりです。

  • 完全バックアップというのは、文字通りすべてのバックアップしたいデータをバックアップすることです。増分、差分バックアップと比べて、完全バックアップの速度は遅くて、イメージファイルの容量も大きいです。しかし、完全バックアップは増分バックアップと差分バックアップの基礎なので、いずれのバックアップを取る場合でも、初回は完全バックアップを取る必要があります。
  • 増分バックアップとは、前回のバックアップ(完全、増分、差分バックアップを問わず)以降に変更された部分のみをバックアップする方式を指します。増分バックアップは3つのバックアップメソッドの中で、一番快速でバックアップファイルの容量が小さい方式です。増分バックアップのデメリットと言えば、バックアップを復元する時、大量の増分バックアップファイルから復元を実行する必要がありますので、かなり時間がかかります。また、初回の完全バックアップや一つの増分バックアップファイルが壊れたや削除された場合、バックアップの復元が不可能になる可能性があります。
  • 差分バックアップとは、最新の完全バックアップ以降に変更されたすべてのデータのみをバックアップする方式を指します。差分バックアップは直接完全バックアップと関連していますので、別の差分バックアップが壊れても、バックアップを順調に行うことができます。

ハードドライブをどこにバックアップする?

 ハードドライブ データのバックアップに使用できるさまざまな保存場所があります。最も一般的なのは次のとおりです。

  1. - コンピューターの他のローカル ハード ドライブまたは 2 つ目の内蔵ハード ドライブ
  2. - 外付けハード ドライブ (例: USB ハード ドライブ、SD カード、または USB フラッシュ ドライブ)
  3. - クラウド ストレージ (例: OneDrive、Dropbox、Google ドライブなど)
  4. - ネットワーク接続ストレージ (NAS)
  5. - 光ディスク(CD、DVDなど)
  6. - テープドライブ

バックアップを保管する場所として考えられる選択肢の中で、どれを選ぶべきでしょうか? バックアップ業界の専門家は、 「3-2-1 バックアップ ルール」を推奨しました。

3-2-1 バックアップ ルールはシンプルですが効果的なルールであり、その内容は次の通りです。 

  1. -データのコピーを少なくとも3つ保管する。
  2. - バックアップ データを2つ異なる場所に保存する。
  3. - オフサイトに少なくとも1つのバックアップ コピーを保管する。

related articles

3-2-1バックアップルールとは?

3-2-1バックアップルールは、シンプルで効果的なデータバックアップ戦略です。このガイドで、独自のバックアップ計画を作成する方法を学びましょう。

3-2-1バックアップルールとは

ハードドライブに何をバックアップする?

バックアップに関しては、データ ファイル (写真、音楽、ドキュメントなど) のみをバックアップする人もいれば、オペレーティング システム、アプリケーション、および設定を含むすべてをバックアップする人もいます。一般的な経験則から見れば、失うわけにはいかないものはすべてバックアップするほうがいいです。

ユーザーがバックアップする可能性が高いものは次のとおりです。

- 必須データ ファイル:写真、音楽、ビデオ、ドキュメントなど。

- アプリケーション設定:基本設定、カスタマイズ、構成。

- オペレーティング システム:Windows レジストリとシステム ファイル。

- メール:メッセージ、連絡先、アカウント設定。

- データベース:財務記録、顧客情報、在庫など。

適切なバックアップ コンテンツを選択すると、バックアップ全体がもっと意味のあるものになります。 また、バックアップのタイミングを見極めることも重要です。 ハードディスクのデータは定期的にバックアップし、万が一データが消失しても、常に最新のバックアップを利用できるようにしておくことが理想的です。 バックアップの頻度は、データが変更される頻度によって異なります。

ハードドライブをバックアップする方法?4つ

ご存じのように、バックアップは、ハード ドライブの故障、ウイルス攻撃、システム クラッシュ、人的エラーなどの予期せぬ災害からデータを保護するための効果的な方法です。バックアッププロセス中に注意すべき点はなんでしょうか? 読み続けましょう。

方法1.ハードドライブのデータをコピーする (小さなハードドライブのバックアップ)

データをバックアップする最も一般的な方法は、重要なファイルをコンピューターのハードドライブから外付けハードドライブに手動でコピー とペーストすることです。これは単純明快なプロセスですが、いくつかの欠点があります。

  • 時間がかかり、バックアップするファイルを手動で選択しなければならない。
  • 重要なファイルやフォルダを見落としがち。
  • システム ファイルやアプリケーション設定がバックアップされない。

ヒント:ハードドライブのバックアップを手動で作成する方法は、コピーとペーストに限定されません。Windowsコマンドプロンプトの操作を熟知しているユーザーであれば、Xcopy と Robocopyによって、あるハードドライブから別のハードドライブにファイルとディレクトリをバックアップすることもできます。

*関連記事セーフモードでファイルをバックアップする方法

方法2.方法2.EaseUS Todo Backup でコンピュータのハードドライブ全体をバックアップする

データをバックアップする二番目の方法は、サードパーティのバックアップ ソフトウェアを使用することです。この方法は、ハードドライブでのデータを全てバックアップを作成できるため、手動バックアップよりも信頼性が高くなります。EaseUS Todo Backup Free、Macrium Reflect、Acronis Cyber​​ Protect Home Office など、多くのバックアップ ソフトウェアがインタネットで入手できます。

これらのバックアップ ソフトを使用すると、ハードドライブ全体または選択したファイルとフォルダーのバックアップを作成できます。また、自動バックアップをスケジュールし、バックアップ ファイルを外付けハードドライブ、ネットワーク ドライブ、またはクラウド ストレージに保存することもできます。

バックアップ ソフトウェアを選択するときは、次の要因を考えなければなりません。

  • 使いやすさ: 操作が簡単で、初心者にも使いやすいソフトのほうがいい。
  • 豊かなバックアップ オプション: 完全バックアップ、増分バックアップ、または差分バックアップをサポートするソフトのほうがいい。
  • スケジュール オプション: 自動バックアップのスケジュールを設定できるソフトのほうがいい。
  • ストレージ オプション: バックアップ ファイルを外付けハード ドライブ、ネットワーク ドライブ、またはクラウド ストレージに保存できるソフトのほうがいい。
  • ファイルの暗号化: バックアップ ファイルの暗号化をサポートするソフトのほうがいい
  • 技術サポート: 問題が発生した場合に備えて、バックアップ ソフトウェアには優れたカスタマー サポートが必要です。

ここでは、EaseUS Todo Backupを例として、コンピューターのハードドライブをバックアップする方法を説明します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

バックアップ コンテンツを選択する場合、このバックアップ ソフトウェアは、個々のファイル/フォルダー、オペレーティング システム、ハードドライブ全体、またはすべてのデータとアプリを含む単一のパーティションのバックアップを作成でき、Outlook メールも含まれることを知っておく必要があります。ダウンロードボタンからEaseUS Todo Backupを無料でダウンロードしてインストールし、以下のガイドに従って作業を始めましょう。

操作手順:

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、「バックアップ内容の選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

ディスクバックアップ手順1

ステップ2.「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ディスク」を選択します。

ディスクバックアップ手順2

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクとパーティションを選択します。

ディスクバックアップ手順3

ステップ4.「バックアップの保存先を選択」をクリックします。

ディスクバックアップ手順4

ステップ5.ディスク/パーティションのバックアップの場合、バックアップをローカルドライブまたはNASに保存することを選択します。

ディスクバックアップ手順5

ステップ6.「今すぐバックアップ」をクリックします。プロセスの完了を待ちます。

ディスクバックアップ手順6

方法3.バックアップ用の外付けHDDを購入する

ハード ドライブを頻繁にバックアップする場合は、バックアップ用の外付けハードドライブの購入を検討してください。これは、外付けハードドライブをコンピュータに接続し、数回クリックするだけでバックアップ プロセスを開始できるため、ハードドライブをバックアップする最も便利な方法です。

Seagate One Touch、WD My Passport、Samsung T3 Portable SSD など、多くの外付けハード ドライブが市場に出回っています。バックアップ用の外付けハード ドライブを選択する場合は、次の要因を考慮するほうがいいです。

  • 容量:外付けハードドライブには、すべてのバックアップ ファイルを保存するのに十分なストレージ容量が必要。
  • 接続タイプ:外付けハードドライブには、高速データ転送のためにUSB3.0または Thunderbolt3接続が必要。
  • サイズ:外付けハードドライブは、ポケットやバッグに収まるほど小さいほうがいい。
  • 互換性:外付けハードドライブは、コンピューターのオペレーティングシステムと互換性がある必要がある。
  • 価格:外付けハードドライブは手頃な価格であるほうがいい。

ここでは、Seagate One Touchを例として、コンピュータのハードドライブをバックアップする方法を示します。

シーゲイトワンタッチ

Seagate One Touch は、最大5TBの容量を持つポータブル外付けハード ドライブです。高速データ転送用のUSB3.0接続があり、WindowsおよびmacOSと互換性があります。また、ハード ドライブのバックアップを易くなるSeagate Dashboard ソフトウェアも付属しています。

Seagate One Touchでハードドライブをバックアップする手順はとても簡単です。外付けハードドライブをコンピュータに接続し、Seagate Dashboard ソフトウェアを起動し、次に、バックアップするハードドライブを選択し、[バックアップ] ボタンをクリックします。

自動バックアップをスケジュールし、バックアップ ファイルを暗号化する機能もサポートしています。

方法4.故障したハードディスクをバックアップする

ハードドライブに障害が発生した場合は、できるだけ早くデータをバックアップする必要があります。故障したハードドライブはいつ完全に故障して、アクセスできないかわかりません。バックアップを取っていないと、すべてのデータを失う恐れがあります。以下は、ハードドライブが故障になるのを示す兆候です。

以下は、ハードディスク・ドライブの死期を暗示するいくつかの兆候や信号です。

  • コンピューターの起動またはソフトの読み込みにかなり時間がかかる。
  • ハードドライブから奇妙なカチッという音やきしむような音がする。
  • 通常より多くのエラーメッセージが表示される。
  • コンピューターがより頻繁にクラッシュする。

これらの兆候のいずれかが見られた場合は、すぐにデータをバックアップするほうがいいです。故障したハードドライブをバックアップする最善の方法は、ディスククローンだと思われています。

故障したハードドライブのクローンを作成するには、新しいハードドライブを用意しなければなりません。新しいハードドライブは、元のハードドライブと同じ又はそれ以上のサイズである必要があります。アップグレード版のEaseUS Todo Backup Homeは、故障したハードドライブのクローンを作成する最高のエクスペリエンスをユーザーに提供します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

操作手順

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.ソースディスクを指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先を指定します。(クローン先がSSDだったら、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

ハードドライブのバックアップに関するよくある質問

1.バックアップドライブと外付けハードドライブの違いは何ですか?

バックアップドライブは、バックアップ専用のドライブです。外付けハードドライブは、バックアップやその他の目的で使われる一般のハードドライブです。

2.バックアップ用の外付けハードドライブの容量をどのように選択するのですか?500GB又は1TB?

バックアップする必要があるデータの量によって異なります。大量のデータがある場合は、1TBの外付けハードドライブを選択する必要があります。データが少ない場合は、500GBの外付けハードドライブが十分です。

3.Macでハードドライブをバックアップするにはどうすればよいですか?

Macでハードドライブをバックアップするには、さまざまな方法があります。Time Machine、Carbon Copy Cloner、または SuperDuper を使用して、ハードドライブをバックアップできます。Time Machineは、Macで最も採用されているバックアップ方法であり、macOSに統合されたバックアップソリューションです。

4.Windows 10でハードドライブをバックアップするにはどうすればよいですか?

Windows 10でハードドライブをバックアップするには、さまざまな方法があります。ファイル履歴、バックアップと復元 (Windows 7)、またはサードパーティのバックアップ ソフトウェアを使用して、ハードドライブをバックアップできます。

5.どのくらいの頻度でバックアップするのですか?

少なくとも週に1回はハードドライブをバックアップする必要があります。失うわけにはいかない重要なデータがある場合は、1時間ごとまたは1日ごとなど、より頻繁にハードドライブをバックアップするほうがいいです。

6.バックアップにはどのくらいの時間がかかりますか?

バックアップする必要があるデータの量によって異なります。1TBのハードドライブのフル バックアップには、数時間かかる場合があります。

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。