> How to Use > Macデータ復元 > 消えたMacデータの復元方法

消えたMacデータの復元方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

James.R | カテゴリ: Macデータ復元 | 2022年04月26日に更新

概要:

Macパソコンを利用している時、操作ミスまたはほかの不明な原因によって、Macに保存しているデータが消えるかもしれません。このようなトラブルに遭遇したら、どうしたらいいのかを考えて心当たりがなく、イライラする方がいると思います。ご心配なく!本文では、消えたMacデータの復元方法をご紹介します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

Macのデータがなくなる原因

「Macに保存している家族の写真が勝手に消えてしまいました。ゴミ箱の中にもありません。それらの写真はどこに行ってしまいましたか?削除操作をしたことについては心当たりがありませんが、勝手に消えた原因は何ですか。今は写真を取り戻したいんです。Macのデータを復元するにはどうしたらいいんですか?」

Macのデータ紛失

こういう人為的なミスによりMacのデータがなくなるのは主なシナリオものの、具体的に下記の六つの原因によってMacのデータが紛失してしまいます。

  • MacOS/Mac OS Xの再インストールまたはシステムアップグレード
  • 不適切な操作によるパーティション損失
  • ハードディスクのフォーマットまたは誤りによるデータ削除
  • ハードディスクのファイルシステムの破損
  • パーティションテーブルの破損により、ハードディスクのデータが読み込めない
  • ウイルス感染

上記のように、Mac(マック)を利用している時、多くのユーザーは、何かの原因でデータ損失に遭ったことがあると思います。時々、操作ミスまたはほかの原因によって、Macに保存しているデータが勝手に消えるかもしれません。このようなトラブルに遭遇したら、どうしたらいいのかを考えて心当たりがなく、イライラする方がいると思います。

ご心配なく!

これからも、消えたMacデータの復元方法をご紹介します。

Macのデータを取り戻す方法

最初にすべのことは、バックアップがあるのかどうかの確認です。

MacでTimeMachineというバックアップ機能が搭載されているので、TimeMachineでバックアップを取った場合は、そのバックアップファイルから直接に復元することが可能です。

しかし、TimeMachineでバックアップを取っていない場合は、Macのデータを復元するために、Mac向け専門的なデータ復元ソフトが必要となります。

それでは、上記の2つ方法を1つずつ紹介していきたいと思います。

Time Machineの復旧機能を使ってMacのデータを復元する

Macでデータが消えてしまった場合は、以上の2つの対処法が利用可能です。TimeMachineはMacに内蔵されているバックアップ機能なので、TimeMachineバックアップを有するユーザーは同じくTimeMachineを使ってデータを復元する方法が分かっていないかもしれないので、本文では、まずTime Machineを使ってMacを復元する方法を皆さんに紹介します。

ステップ1.Mac が起動して Finder が表示される場合は、移行アシスタントを開きます (「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにあります)。

ステップ2.情報の転送方法の画面では、Mac、Time Machine バックアップ、または起動ディスクから転送するオプションを選択します。「続ける」をクリックします。

移行アシスタントを開きます

ステップ3.Time Machine バックアップを選択してから「続ける」をクリックします。(ご選択のバックアップには当該iWorkファイルが含まれていることを確保してください。)

バックアップを選択します

ステップ4.日時別にバックアップをまとめたリストから選択する画面が表示されたら、バックアップを選択して「続ける」をクリックします。

ステップ5.転送する情報を選択し、「続ける」をクリックすると、転送が開始します。この画面の見え方は、Mac によって異なります。

転送する情報を選択して転送を開始します

以上で、Time Machineを使って消えたデータを簡単に復元することができます。しかし、もしてバックアップを取っていない場合は、サードパーティーツールの力を借りる必要があります。

バックアップなし|Macデータ復元ソフトで消えたデータを復元する

Macから削除したファイルがすぐゴミ箱に入リ、ゴミ箱を空にしてしまったら、データが完全に消えたそうに見えますが、実はそうではありません。Macでの削除操作というのは、元々ディスクの容量を解放するための操作なので、削除ファイルがパソコンから見えなくなり、その分の容量をも利用可能とマークされてしまいます。それゆえ、新しいデータをその分の領域に保存することができるようになります。ただし、ファイルを削除して、その分の領域に新しいデータを保存しない場合は、データが完全に消去されていなく、復元することが可能です。Macで削除データを復元できる原理は下記の画像のようです。それは、どうしてバックアップがないのに復元ができる理由です。

Macで削除ファイルを復元する原理です

Mac向けデータ復旧ソフトーMacのデータを徹底に復活する操作手順

EaseUS社はMacユーザ向け、有効なデータ復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizard For Macを開発しました。簡単に使えるこのソフトはMacで起こったデータ問題を完全に解決できます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

また、EaseUS Data Recovery Wizard For Macにより、3ステップで消えたMacのデータを復元することができます。上記のダウンロードボタンをクリックすることでこのプログラムをMacにダウンロードしてインストールします。それから、プログラムを実行してMacのデータ復元を始めましょう。

STEP1.消えたMacデータの場所を選択して「スキャン」ボタンを押します。

消えたMacデータの復元するステップ1

STEP2.スキャンによってファイルを検出することができます。

消えたMacデータの復元するステップ2

STEP3.スキャンが完了した後、見つけたデータの詳細をプレビューすることができます。最後に、復元可能なデータを選択して「今すぐ復元」ボタンを押します。

消えたMacデータの復元するステップ3

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

ガジェットマニアZの有邊様も、このデータ復旧ソフトで10年前のデータも復活できたので、興味がある方は下記の関連記事をご覧ください。

関連記事:【外部リンク】10年前のデータが復活!データ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。