> How to Use > Macファイル復元 > Macでファイル/ドキュメントの旧バージョンを復元する方法【5つの方法】

Macでファイル/ドキュメントの旧バージョンを復元する方法【5つの方法】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

aoki | カテゴリ: Macファイル復元 | 2022年12月26日に更新

概要:

このページでは、Macでドキュメント/ファイルの旧バージョンを復元する五つ方法をご紹介します。[1].ファイル履歴を閲覧する;[2].EaseUS Mac復元ソフトウェアを使用する; [3].自動回復を使用する; [4].TemporaryItemフォルダを使用する; [5].Time Machine バックアップを使用する。1つの方法を選んで、それに従って、今Macで失われたファイルの旧バージョンを復元してください。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能
 

適用対象: 置換によって失われた、上書き保存された、または保存されていないMac上のドキュメントまたはファイルの旧バージョンを復元します。

Mac で旧バージョンのファイルを復元するにはどうすればよいですか?誤ってファイルを置き換えたり、Macで保存したドキュメントの旧バージョンを参照できない場合でも心配しないでください。このページでは、MacでWord、Excel、PowerPoint、Pages、Keynoteなどの旧バージョンをすぐに復元するために動作する5つのそれぞれの方法を見つけることができます。

Macで旧バージョンのドキュメントやファイルを復元する5つの方法

  1. 1.ファイル履歴を見る
  2. 2.EaseUS Macファイル復元ソフト- 最も簡単で100%動作する
  3. 3.自動回復
  4. 4.テンポラリフォルダ
  5. 5.Time Machine バックアップ

ご参考:

  • EaseUSMacファイル復元ソフト(EaseUS Data Recovery Wizard for Mac)以外の4つの方法は、AppleとMicrosoftのサポートチームから提供されたものです。
  • 不要なファイル紛失を防ぐため、現在編集中のファイルはあらかじめ保存してバックアップしておいてください。
  • Macで紛失または保存したドキュメントの旧バージョンを復元する最も簡単で最も効率的な方法として、方法2の助けを借りることができます。

方法1.ファイル履歴を閲覧して、旧バージョンのドキュメントを復元する

誤ってファイルを置き換えてしまい、Time Machineのバックアップを取っていない場合、まず「ファイル履歴」を使ってみることができます。

以下はその手順です(出典:support.apple.com):

ステップ1.Macで、ドキュメント(Word、Excel、PowerPoint、iWork、Keynoteなど)を開きます。

ステップ2. アップルメニューから、「ファイル」→「バージョンを戻す」→「すべてのバージョンをブラウズ」をクリックします。

紛失したファイルの旧バージョンを開く

ステップ3. タイムラインのチェックマークをクリックすると、紛失したドキュメントのバージョンが表示されます。

ステップ4. 必要なバージョンを表示し、内容を確認して、「復元」をクリックします。

Macでファイル履歴から紛失したドキュメントの旧バージョンを復元する

ステップ 5. Mac上で復元されたドキュメントファイルを保存する新しい場所を参照またはナビゲートします。

この後、置き換えられたドキュメント、保存されていないドキュメント、保存されたドキュメントを、以前のバージョンから再び表示したり、再利用したりすることができます。

方法2.ファイル復元ソフトで旧バージョンのファイルを復元する

方法1で、Mac上の紛失ファイルの履歴バージョンが表示されなくても問題ありません。ここで、サードパーティと信頼性の高いEaseUS Macファイル復元ソフトウェア - EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、その未保存ドキュメント機能で、簡単に紛失したファイルの履歴バージョンを見つけることができます。

このソフトで何ができるかをご覧ください:

EaseUS Data Recovery Wizard

  • 紛失または削除されたファイル、ドキュメント、写真、オーディオ、音楽、電子メールを効果的に復元します。
  • 空っぽになったごみ箱、メモリーカード、フラッシュドライブ、ハードドライブ、デジタルカメラからファイルを復元します。
  • 保存されていないWordドキュメント、保存されていないPages、KeynoteNumbersExcelなど、保存済みのファイルや保存されていないファイルのデータ復元をサポートします。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

それでは、Macでドキュメントの旧バージョンを復元してみましょう:

ステップ1.ディスクを選択します。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macを起動し、保存していないファイルを紛失したデバイスにマウスを合わせ、「スキャン」をクリックします。

保存していない書類を場所を選んでスキャン

ステップ2.未保存のドキュメントを選択します。

スキャン後、「種類」をクリックし、「保存されていない文書」を展開します。Word、Excel、Powerpoint、Keynote、Pages、Numbersのうち、保存せずに紛失したファイルの種類を正確にクリックします。

未保存のドキュメントを選択する

ステップ3.保存されていないファイルをプレビューして復元します。

ダブルクリックで保存されていないファイルをプレビューし、正しいバージョンを選択し、「復元」をクリックしてMac上の別の安全な場所にファイルを保存します。

方法3.自動回復によってMacで保存されていない/保存されたファイルの旧バージョンを検索する

自動回復は、Macでデフォルトで有効になっている自動保存機能のローカルフォルダです。Mac上のOffice Word、Excel、PowerPoint、iWork Keynote、Pages、Numbers、TextEditなどのファイルの旧バージョンが自動的に保存されます。

したがって、ファイルを紛失したり、ドキュメントの保存に失敗したり、ファイルの以前のバージョンだけを復元したい場合、以下の手順でMacでファイルを復元することができます。

ステップ1.「Finder」をクリックし、「移動」を選択し、「フォルダへ移動」をクリックします。

フォルダを開き、AutoSaveフォルダを探す

ステップ2.右のパスを入力し、「移動」をクリックして、自動回復フォルダで失われたドキュメントを見つけます。

  • Word: ~/Library/Containers/com.microsoft.Word/Data/Library/Preferences/Auto-Recovery
  • Excel:~/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Application Support/Microsoft
  • PowerPoint:~/Library/Containers/com.Microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/Auto-Recovery
  • Numbers:~/Library/Containers/com.apple.iWork.Numbers/Data/Library/AutoSave Information
  • Pages: ~/Library/Containers/com.apple.iWork.Pages/Data/Library/AutoSave Information
  • Keynote:~/Library/Containers/com.apple.iWork.Keynote/Data/Library/Autosave Information

AutoRecoveryフォルダを開く

ステップ3. ブラウズして旧バージョンのファイルを見つけ、それぞれのアプリケーションで開いて内容を確認します。

自動回復フォルダからMac上の旧バージョンのWordを検索する

ステップ4. 内容が正しいことを確認したら、「ファイル」をクリックし、「保存」を選択して、Mac上の安全な場所にファイルを移動します。

方法4.TemporaryItemsフォルダ経由で旧バージョンから上書き保存したドキュメントを復元する

TemporaryItemsフォルダは、自動保存と同様に、Macで現在編集中のドキュメントとキャッシュを保存するために使用されるローカルスポットです。保存せずにファイルを閉じたり、ファイルを紛失したりした場合、TemporaryItemsフォルダで探すことができます。

キャッシュファイルはしばらくの間しか保存されないので、素早く行ってください。以下は、試せる手順です:

ステップ1. Finder上で「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」と進みます。

ターミナルを開く

ステップ2. ターミナルにopen $TMPDIRと入力し、「戻る」キーを押します。

ターミナルにコマンドを入力し、TemporaryItemsフォルダを検索します。

ステップ3. TemporaryItemsフォルダを探し、開きます。

「TemporaryItems」フォルダを開く。

ステップ4. 拡張子が「.tmp」のファイルを探し、その拡張子を「.doc」、「.docx」、「.xls」、または紛失したファイルの他の形式に変更します。

ステップ5. 次に、そのファイルをWordやExcelなどのアプリケーションで開き、内容を確認します。

方法5.Time Machine バックアップによってMacで失われたファイルの旧バージョンを復元する

Time MachineアプリケーションによってMac上のファイルのバックアップを作成した場合、おめでとうございます。ファイル紛失の問題に直面したとき、いつでも生き延びることができます。

また、バックアップを使用して、Macでドキュメントを旧バージョンに戻すこともできます。そして、その手順は以下の通りです:

ステップ1.Time Machine バックアップディスクをMac パソコンに接続します。

ステップ2.アップルメニューで「移動」をクリックし、「アプリケーション」を選択します。

ステップ3.Time Machineを探し出し、開きます。

Time Machineのバックアップを開く。

ステップ 4. タイムラインをスクロールして、Time Machineでバックアップを行った日時を見つけます。

タイムラインを使用して、Time Machineバックアップから失われたファイルの以前のバージョンを検索する

ステップ5. 特定のファイルやフォルダをダブルクリックして、そのファイルが復元したい旧バージョンであるかどうかを確認します。

ステップ6. 失われたドキュメントの項目を選択し、「復元」をクリックすると、古いバージョンのファイルが復元されます。

Time Machineのバックアップから、紛失したドキュメントの旧バージョンを復元することができます。

選択されたファイルは、Mac パソコンの元の場所に復元されることに注意してください。そして、あなたは再び復元されたファイルを表示し、利用することができます。

保存済みのファイルや未保存のファイルを心配することなく、旧バージョンから復元することができる

このページでは、Macで保存済みの上書き、置換、あるいは未保存のドキュメントを復元するのに役立つ5つの実用的な方法を集めました。

最も簡単で効果的な方法として、EaseUS Macファイル復元ソフトは信頼に値します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

Wordを入れ替えたり上書きしたり、Excelファイルを保存せずに閉じたり、Macで旧バージョンのファイルだけを開きたいときでも心配しないでください。上記のような方法で、すべて旧バージョンから復元することができます。今すぐ手順を踏んで、失ったファイルを復活させましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。