> How to Use > データ復旧 > Shift+Deleteキーで削除したファイル・フォルダの復元方法

Shift+Deleteキーで削除したファイル・フォルダの復元方法

2018年12月06日に更新

筆者:James.R

データ復旧
概要:
[Shift]+[Delete]でファイルを削除するときは、ゴミ箱を経由しません。その上、Windows OSは[Shift]+[Delete]で消したファイルやフォルダを復元するオプションを提供していません。その結果、削除したファイルはもう復元できないようですが、実はファイルが保存されているセクションが上書きされていない限り、ファイルの内容はまだディスクに残っています。この場合、Windowsハードディスクやパーティションから削除したファイルを復元するには、強力かつ無料のデータ復元ソフトは一番いい選択です。

ファイルを削除するには、そのファイルを右クリックして「削除」を選択するか、ファイルを選択して「Delete」キーを押します。それ以外は他の削除することがありますか。ご存知のように、ファイルを完全にPCから削除するには、ファイルを削除した後、ゴミ箱を空にする必要があります。この操作を繰り返すのはちょっと面倒くさいから、[Shift]+[Delete]キーを同時に押すことでファイルを完全に削除するのも多くのユーザーに利用されています。

ファイルを削除する2つの方法

ファイルを削除するとき、次の2つの方法があります。

1.[Delete]キーでファイルを簡単削除する。この場合、ファイルが「ゴミ箱」に移動されます。削除したファイルを復元したいなら、「ゴミ箱」を開けて、ファイルを元に戻すことができます。

2.[Shift][Delete]キーでファイルを削除する。この方法でファイルを削除したら、ファイルやフォルダは消えて、ゴミ箱に見つけなく、復元するオプションもありません。この場合に、削除したファイルやフォルダを復元するデータ復旧ソフトが必要となります。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルが復元できる理由

[Shift]+[Delete]でファイルを削除するときは、ゴミ箱を経由しません。その上、Windows OSは[Shift]+[Delete]で消したファイルやフォルダを復元するオプションを提供していません。その結果、削除したファイルはもう復元できないようですが、実はファイルが保存されていたセクター(ディスク領域の最小単位)が上書きされていない限り、ファイルの内容はまだディスクに残っています。この場合、[Shift]+[Delete]キーで削除したファイルを復元するには、強力かつ無料のデータ復元ソフトでこれらのファイルを検出するのは一番便利な方法です。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルを復旧するフリーソフト

EaseUS Data Recovery Wizard Freeという無料の削除ファイル復元ソフトは、[Shift]+[Delete]で削除したファイルやゴミ箱から消してしまったファイルを取り戻せます。[Shift]+[Delete]で削除したWordファイル、Excelファイル、PowerPointファイル、またはメール、データベース、写真、音楽、ビデオなどあらゆるファイル形式をWindows XPからWindows 10までのPCから復元できます。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルの復元は、次のステップに従ってください:

ステップ1.ソフトを開き、初期画面でshift deleteで完全に削除してしまったファイルがあったドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

shift delete 削除 復元1

ステップ2.選択したドライブへのスキャンは開始されます。このプロセスによってドライブでshift deleteで完全に削除してしまったファイルを検出できます。

shift delete 削除 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わると、検出できたファイルから復元したいshift deleteで完全に削除してしまったファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。

shift delete 削除 復元3

削除したファイルの復元に関するチュートリアル

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。