> How to Use > 記憶媒体復旧 > 対処法:ハードディスク/USB/SDカード/外付けHDDが読み取り専用になる

対処法:ハードディスク/USB/SDカード/外付けHDDが読み取り専用になる

Bak

Bak

|カテゴリ:記憶媒体復旧| 2021年08月13日に更新

主な内容:

概要:

内蔵HDD、外付けHDD、SDカード、USBメモリは、読み取り専用な状態になったら、どうやって修復すればいいですか?この記事では、2ステップでパソコンでのハードドライブ/USB/SDカード/外付けHDDの読み取り専用問題を解決する方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

ストレージが読み取り専用になるエラーについて

「Windows10/8/7のパソコンでハードドライブ/USB/SDカード/外付けHDDが書き込み禁止の状態になり、中のファイルにアクセスしようとしても、読み込み専用と表示される場合、どうすればその問題を解決できますか。」

どのストレージデバイスでも、何らかの原因によって読み取り専用になることがあります。この状態になると、ファイルを正確に開くことができなくなるか、成功に開いてもいつものように編集することができくなっています。だから、ファイルを正常に処理するため、この読み取り専用な状態を解除する必要があります。本文では、このエラーが発生する原因を紹介した上、子の状態を解除する対処法をも一緒に紹介していきたいと思います。

読み取り専用になる原因

ファイルを開くと、ファイルが読み取り専用モードになっている場合があります。インターネットアkらファイルを開く場合などにセキュリティを強化するためにそのようになることもあれば、変更可能な設定が原因でそのようになる場合もあります。fileが読み取り専用モードで開かれるいくつかのシナリオと、このモードを変更するための手順を下記で紹介します。

読み取り専用と表示されている時の対処法

この部分では、ハードドライブ/USB/SDカード/外付けHDDの読み取り専用と表示される場合、2ステップだけでその問題を効率的に解決する方法を紹介していきたいと思います。まずは、データ紛失を避けるためのデータ復旧を行う必要があります。それから、いくつかの設定を変更して、この読み取り専用の状態を解除することができます。それでは、下記でこの2つのステップの詳細を確認してみましょう。

ステップ1.データ復旧ソフトで記憶デバイスからデータを復元

読み取り専用エラーの解決に移る前に、そのデバイスからデータを先に復元した方がいいでしょう。なぜなら、エラー解決中にデータ紛失事故が起きる可能性があるからです。そこで、まず、下記のステップに従ってデバイス上のデータを復元してみましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

ここで、EaseUSのデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardで解決する方法を紹介しますので、慌てることはありません。

ステップ1.ソフトを開きます。そして、インタフェースでアクセスできないストレージデバイスを選択した上、「スキャン」をクリックします。

アクセスできないデバイス 復元1

ステップ2.ソフトが自動的にアクセスできないデバイスを全体的にスキャンし始めます。

アクセスできないデバイス 復元2

ステップ3.スキャンの結果で表示されるファイルから必要なファイルを選択して「リカバリー」をクリックすることで保存します。(事前に復元したいファイルの中身を確認することも可能です。

アクセスできないデバイス 復元3

以上の操作を行った上で、データを完璧に復元することができるので、とても安心です。また、EaseUS Data Recovery Wizardというソフトは、いろんなデータ紛失の場合にも対応しています。例えば、ハードドライブの復元、USBメモリの復元フォーマットからの復元SDカードの復元外付けHDDの復旧なども処理できますよ。必要な方は、リンクページで操作手順を見てください。

ステップ2.CMD指令でハードドライブ/USB/SDカード/外付けHDDを読み取り専用の状態から戻す

それでは、重要なデータを復元したら、HDDの読み取り専用の状態を解除する方法を皆さんに紹介します。

まずは簡単にできる確認を

データを安全に復旧できたら、まずは最初に簡単にできる確認を行って問題解決できるか、また、原因は何なのかを試してみてください。

  • HDDがパソコンにきちんと接続されているか確認
  • 「ライトプロテクトスイッチ」が作動していないか
  • ディスクの属性が「読み取り専用(書き込み禁止)」になっていないか

1.コマンドプロンプトで読み取り専用状態を解除する

まずは、読み取り専用のデバイスをパソコンに接続します。
Windowsを検索」で「コマンドプロンプト」を検索することで、コマンドプロンプトに入ります。
diskpart」をタイプし、エンターキーを押します。
list disk」を入力し、エンターキーを押します。
select disk 0」を入力し、エンターキーを押します。(読み取り専用のデバイスをdisk0と仮定) 
attributes disk clear readonly」を入力し、エンターキーを押します。
exit」をタイプしてエンターキーを押すことで、プロセスを終了させます。

以上の操作を終えると、デバイスを読み取り専用の状態から健康な状態に戻すことができます。

2.ウィルス対策ソフトが原因で読み取り専用状態の解除方法

ウイルス対策プログラムの中には、問題を引き起こす可能性のあるファイルからユーザーを保護するため、読み取り専用モードでファイルを開くものがあります。 これらの設定を調整する方法については、ウイルス対策プロバイダーに確認する必要がある場合があります。 たとえば、BitDefender には、アプリケーションの除外項目に関するコンテンツがあります: How to add application or process exclusions in Bitdefender Control Center (Bitdefender Control Center でアプリケーションを追加または除外項目を処理する方法)

3.ファイルのプロパティで読み取り専用状態を解除

ファイルが読み取り専用状態で開かれる場合、ここでファイルのプロパティでその状態を解除することもできます。詳しい操作手順は下記で確認してください。

ステップ1.読み取り専用のファイルを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.全般」タブで「読み取り専用」のチェックを外して、「OK」をクリックします。

プロパティでファイルの読み込み状態を解除

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ