> How to Use > 記憶媒体復旧 > ドライブレコーダーの録画ファイルを復元する方法

ドライブレコーダーの録画ファイルを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: 記憶媒体復旧 | 2020年12月11日に更新

概要:

常に、ドライブレコーダーのデータはSDカード、CFカードなどのメモリカードに保存されています。ドライブレコーダーのデータを消すと、SDカードが空になりますので、新しい録画や操作が消した録画ファイルを上書きしてしまう恐れがあります。復元ソフトはもちろんSDカード上の削除した録画ファイルを復元できますが、データを削除した後、長い時間が経つと、録画データが復元不可能になってしまいます。

 

ドライブレコーダーについて

ドライブレコーダーは、近年多くのドライバーさんに用いられるようです。なぜかというと、万が一事故が起きた場合、音声や映像を記録してくれるドライブレコーダーは確かな証拠能力を発揮できるからです。今市販のドライブレコーダーなら、主にAPEMAN、コンテッ、エムテック、DuDuBellの製品が人気があるので、よく耳にしています。どのブランドの製品でも、基本的にはsdカード挿入式で、つまり、録画した映像などは本体ではなく、ドライブレコーダーに挿入されているsdカードに保存しています。

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの役割

なぜか近年ドライブレコーダーが盛り上がっていて、ますます多くのドライバーはドライブレコーダーを配置するようになりますか。その原因だといえば、ドライブレコーダーの役割がたくさんあるからです。一般的には、ドライブレコーダーは下記の役割があると思われています。

  • ①録画した映像記録は事故などの証拠となります。
  • ②車上荒らしに遭った時に映像が残ります。
  • ③ドライブレコーダーがあれば、任意の保険の割引が受けられています。
  • ④自分の運転を客観視できます。
  • ⑤ハブニング映像も取れます。
  • ⑥「煽り運転」などの証拠・抑制力にもなります。

ドライブレコーダーのデータを削除する方法

ドライブレコーダーの容量がいっぱいになると、それ以上録画を続けることができないようになります。だから、定期的にドライブレコーダーのデータを消去する必要があると思います。データを削除する時に、自分の不注意によって誤削除が時々起きますので、それに伴って大事な録画ファイルを削除してしまったらどうしたらいいですか。

一般的には、ドライブレコーダーは録画したファイルをメモリカードに保存しています。なので、間違って録画ファイルを削除した場合は、ドライブレコーダーに挿入しているメモリカードから復元することが必要です。

また、ドライブレコーダーの録画を復元する原理は、SDカードを復元する原理と同じものです。上書きされたドライブレコーダーが復元できませんか。そういう疑問を持っているユーザーが必ずいらっしゃるだと思います。実は、このは状況によって違います。ドライブレコーダーの録画ファイルが削除された後に、新しいデータが大量に録画するなら、復元が不可能になるかもしれません。ところが、ドライブレコーダーに新しい映像が短く録画するなら、復元の可能性が大きいです。

それでは、下記の内容を詳しく読んでドライブレコーダーの復元方法をも学びましょう。

ドライブレコーダーのSDカードから消した録画が復元できますか?

上記内容のように、ドライブレコーダーのデータはSDカード、CFカードなどのメモリカードに保存されています。ドライブレコーダーのデータを消すと、元々ファイルが保存されていた領域がからになり、新しい録画操作などは、その空になった領域を上書きしてしまう恐れがあるので、録画ファイルを復元する成功率をあげるには、必ずそのメモリカードを使わないでください。

復元ソフトはもちろんSDカード上の削除した録画ファイルを復元できますが、録画が紛失した後、復元する時点が早ければ早いほど、復元させる成功率が高いです。

それでは、下記のステップに従って、早速ドライブレコーダーから録画ファイルを復元しましょう。

録画復元ソフトでドライブレコーダーの録画ファイルを復元

ほとんどのフリーソフトや市販ソフトは、削除したドキュメントや画像の復元に対応していますが、ビデオや録画の復元効果はまちまちです。動画ファイル専用の復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」は、SDカードから削除、完全消去やフォーマットした録画ファイルを高確率で復元することができます。次は、このデータ復旧ソフトを使い、ドライブレコーダーの録画ファイルを3つのステップで復元する手順を紹介します。Mac版の使い方は、MacでSDカードからデータを復元する方法をご参照ください。下記からソフトの無料体験版をダウンロードすることができます。

ご案内:
上記のように、ドライブレコーダーのデータは時として証拠の役割を担っていますので、本ソフトもドライブレコーダーの復元を大事に取り扱っています。ということで、本ソフトを使ってドライブレコーダーを復元する成功率はなかなか高いんですが、万が一復元に失敗しても元のデータへの損壊を出しません。また、ドライブレコーダーの動画が破損になった場合、このソフトを使って復元する時に自動的に修復されます。

ドライブレコーダーの録画ファイルを復元&修復する手順

録画ファイルを復元する前に、ドライブレコーダーやSDカードをパソコンに接続してください。

ステップ1.ソフトの初期画面でレコーダーのドライブを選択して、「スキャン」をクリックします。

レコーダー 復元1

ステップ2.スキャンが開始されます。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、全体的にスキャンします。

レコーダー 復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、レコーダーのデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックして保存します。データを再度破壊されないために、異なる保存場所を選択してください。

レコーダー 復元3

ファイルを復元する時に、ソフトは復元するファイルの破損状態を自動的に検査します。もしソフトはこの動画が破損になっていると判断する場合、この動画を自動的に修復してから、復元しますので、とても役に立つ機能です。

「EaseUS Data Recovery Wizard」でSDカードから録画を復元する方法を紹介する動画

まとめ

上記の方法を通じて、ドライブレコーダーで過去の映像を復元だけではなく、カーナビの履歴も復活されることも可能です。是非試してくださいね。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。