> How to Use > 製品活用ガイド > エラー解除:Windows10でディレクトリ名は無効です

エラー解除:Windows10でディレクトリ名は無効です

2017-08-15 17:00:34 Posted by Bak to 製品活用ガイド

概要:
USBメモリ、ハードドライブなどにアクセスしようとする場合、Windows10で「ディレクトリ名が無効です」というエラーメッセージがよく出てきています。この記事では、エラーがが出てくる時の解決方法を紹介します。その解決方法により、記憶メディアにアクセスしデータを取り戻すことに役に立つかもしれません。

多くのユーザがWindows10の最新バージョンにアップデートした後、USBメモリ、ハードドライブをパソコンに挿入したとたん、「ディレクトリ名が無効です」というエラーメッセージが出てくる事があるようです。このエラーのせいで、デバイスにアクセスができなくなり、中のデータも抽出することが来ません。それでは、次にこの問題の解決方法及び記憶媒体中のデータを復元する方法をご紹介します。

「ディレクトリ名は無効です」の解決方法

方法1.外付け記憶媒体を別のUSBポートに挿入する

方法2.ディスクのエラーをチェック

一応別パソコンにハードディスクを接続して、正常に動作することができるかどうかを確認します。もし依然としてアクセスができない場合、強力的なパーティション管理ツールを使用することで、ディスクをチェックして修復することを試してみてください。

方法3.ディスクのドライバーをアップデート

1.コンピューターを右クリックし、管理を選択します。
2.記憶域を選択し、外付けハードディスク、USBメモリ、sdカードを右クリックしてプロパティを選択します。
3.ドライバー欄で「ドライバーを更新」を選択します。

「ディレクトリ名が無効です」時のデータ復元

もし依然として記憶媒体にアクセスできない、あるいは何かデータが失われていた場合、外付けHDDの復旧USBメモリの復元sdカードの復元などにも対応できる全面的なデータ復旧ソフトを皆さんにお薦めします。このソフトは3ステップだけで失われたデータを復元できます。今すぐ下記のボタンをクリックし、ダウンロードしましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

具体的な操作手順は以下のようになっています。

ステップ1.インストールできたソフトを開けて、ファイルが消えた場所を選んでください。次に、「スキャン」ボタンを押してください。

ファイル復元1
ステップ2.スキャンが終わると、左側に表示された「削除されたファイル」などから確認してください。より速く見つけるには、フィルターで紛失ファイル、ゴミ箱、画像、ドキュメント、ビデオ、オーディオ、メールなどを絞り込むことができます。

ファイル復元2
ステップ3.最後に、見つかったファイルを選んでから、指定の保存先にリカバリーしてください。

ファイル復元3

 

  無料体験Mac向け   無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。