> How to Use > データ復旧 > エラー解除:Windows10でディレクトリ名は無効です

エラー解除:Windows10でディレクトリ名は無効です

Bak

Bak |カテゴリ:データ復旧| 2022年03月16日に更新

主な内容:

概要:

この記事では、Windows10で「ディレクトリ名が無効です」というエラーメッセージが出てくる時の解決方法を皆さんにご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

多くのユーザがWindows11/10の最新バージョンにアップデートした後、USBメモリ、ハードドライブをパソコンに挿入したとたん、「ディレクトリ名が無効です」というエラーメッセージが出てくる事があるようです。「ディレクトリ名が無効です」は、参照するディレクトリが見つからない際に表示されるエラーメッセージです。このエラーのせいで、デバイスにアクセスができなくなり、中のデータも抽出することが来ません。それでは、本記事ではこの問題の解決方法及び記憶媒体中のデータを復元する方法をご紹介します。

「ディレクトリ名が無効です」エラー

「ディレクトリ名は無効です」の解決方法

方法1.PCを再起動する

PCに一時的な問題が起きる原因でエラーが発生するケースがたくさんあります。なので、まずPCを再起動して、デバイスを開けるかを確認します。

方法2.外付け記憶媒体を別のUSBポートに挿入する

破損したUSBポートを使うと、データの読み込みが進まないです。なので、別のUSBポートに接続してデバイスにアクセスできるかを確認します。

方法3.ディスクのエラーをチェック

一応別パソコンにハードディスクを接続して、正常に動作することができるかどうかを確認します。もし依然としてアクセスができない場合、強力的なパーティション管理ツールを使用することで、ディスクをチェックして修復することを試してみてください。

方法4.ディスクのドライバーを再インストールする

1.エクスプローラーでPCを右クリックし、管理を選択します。

2.コンピュータの管理デバイスのマネージャーをクリックします。目標デバイスを見つけて、プロパティをクリックして、アンインストールを選択します。

3.デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。

4.[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。

デバイスのドライブーをアンインストールする

方法5.一時ファイル(tempフォルダ)を再作成する

PCにあるアプリケーションを開こうとすると、「ディレクトリ名が無効です」と表示される場合、一時ファイル(Tempフォルダ)が無くなるかもしれません。一時ファイルを再作成してから、Windowsの環境変数を確認します。

1.検索ボックスに「コマンドプロンプト」と人力すると、「管理者として実行」をクリックします。

2.md c:\windows\tempを人力してエンターキーを押します。次は、md c:\Users\\AppData\Local\tempを人力してエンターキーを押します。

上記の操作が完了すると、次は環境変数の設定作業に進めていきます。

環境変数の設定手順

Windowsマークを右クックして、システムを開きます。「バージョン情報」「システム情報」「システムの詳細設定」「詳細設定」「環境変数」をクリックします。

.一時ファイル(tempフォルダ)を再作成する手順1

  • 「ユーザー環境変数」の「TEMP」と「TMP」の値:c:\Users\\AppData\Local\temp
  • 「システム環境変数」の「TEMP」と「TMP」の値:c:\windows\temp

.一時ファイル(tempフォルダ)を再作成する手順2

編集あるいは確認できたら、OKをクリックします。次はデバイスを開きて、エラーが出るかどうかをか確認してください。

「ディレクトリ名が無効です」時のデータ復元

もし依然として記憶媒体にアクセスできない、あるいは何かデータが失われていた場合、外付けHDDの復旧、USBメモリの復元、sdカードの復元などにも対応できる全面的なデータ復旧ソフトを皆さんにお薦めします。このソフトは3ステップだけで失われたデータを復元できます。今すぐ下記のボタンをクリックし、無料ダウンロードしましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS:  Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

アクセスできない記憶媒体からデータを救出する紹介動画

具体的な操作手順は以下のようになっています。

ステップ1.インストールできたソフトを開けて、ファイルが消えた場所を選んでください。次に、「スキャン」ボタンを押してください。

ファイル復元1
ステップ2.スキャンが終わると、左側に表示された「削除されたファイル」などから確認してください。より速く見つけるには、フィルターで紛失ファイル、ゴミ箱、画像、ドキュメント、ビデオ、オーディオ、メールなどを絞り込むことができます。

ファイル復元2
ステップ3.最後に、見つかったファイルを選んでから、指定の保存先にリカバリーしてください。

ファイル復元3

 

結論

「ディレクトリ名が無効です」エラーが出てくると、データの読み込めが行わず、困りますね。本記事で紹介した方法に従って、1つずつを試してエラーを解決しましょう。また、アクセスできないデバイスからデータを抽出したい、あるいは失われたデータを復元したい場合は、 EaseUS Data Recovery Wizardを使うことをお勧めます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率アイコン 復旧率97.3% 3ステップ復元アイコン 3ステップで復元可能

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ