> How to Use > データ復旧 > 対処法:Recuvaのスキャンプロセスが止まる

対処法:Recuvaのスキャンプロセスが止まる

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年06月17日に更新

概要:

データがわけわからなく消えてしまったので、Recuvaを用いてデータ復元を行います。しかし、消えたデータのスキャンプロセスが途中で止まります。この記事では、Recuvaのスキャンプロセスが止まる場合の対処法をみなさんに紹介します。

 

Recuvaのスキャンが途中で止まる

データ復元のため、Recuvaのスキャンプロセスが途中で止まったことがありませんか。3%、9%、16%、25%、99%で止まってどうしても先に進めない場合は、どう対処したらいいですか。皆さんのデータ復元に役に立つため、次は、Recuvaの詳細のスキャンプロセスが止まる対処について書いてきます。

Recuvaのスキャンプロセスが止まる原因

一般的には、Recuvaのスキャンプロセスが止まる原因はとても複雑です。その原因について探りたい場合は、以下のことを頭に入れておく必要があります。

  • ハードドライブに不良セクターがありませんか。
  • ハードドライブには物理障害がありませんか。
  • Recuvaでスキャンを行っているハードディスクの容量はどれくらいありますか。
  • BitLockerなどの安全対策ソフトを用いて、ハードドライブのデータを暗号化にしたことがありませんか。

多くの場合、ハードウェア上の問題がこのRecuvaスキャンプロセスを止めています。そこで、Recuvaのスキャンプロセスが止まっている場合は、しばらくそのまま待つしかありません。役に立たない場合は、下記の対処法を参考してください。

Recuvaのスキャンプロセスが止まる対処法

対処法1:Recuvaを強制的に終了して、対象のハードドライブを再度接続してください。

ソフトをリフラッシュすることは、詳細スキャンプロセスが止まる問題を解決するため、一番簡単な方法です。

ステップ1:「タスクバー」の任意のスペースを右クリックして、「タスクマネージャー」を選びます。

ステップ2: 「Recuva」をクリックして、「タスクの終了」を選択します。

ステップ3:   スキャンしたいデバイスをPCに正しく接続してください。

ステップ4: Recuvaを起動して、スキャンプロセスを再開します。

対処法2: 破損したディスクを修復して、詳細スキャンを再度行う

ディスクに不良セクタがあれば、スキャンのスピードに影響を及ぼします。不良セクターが多いほど詳細スキャンのスピードが遅くなります。そしで、不良セクタを修復すれば、詳細スキャンのスピードを上げられます。不良セクタには2種類があって、物理的な不良セクタと論理的なセクタがあります。論理的なセクターだったら、 chkdsk などのプログラムを利用して修復する可能です。対して、物理的な不良セクタだったら、大体修復できない状況になります。

対処法3:他のデータ復旧ソフトを利用する

また、Recuvaの代わりに、他のデータ復旧ソフトを利用すると、意外な好結果が出るかもしれません。ここでディープスキャンデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにおススメします。Recuvaより遥かな互換性があるので、これを使ってスキャンを完了させることもあるかもしれません。

「めらーりCH」様による実体験を含めたレビュー

EaseUS Data Recovery Wizardを使って、大切な会社のデータの復旧に成功した経験のある めらーりCH様が、データ復旧方法を分かりやすく解説してくださっています。

EaseUS Data Recovery Wizard Freeでデータを復元する方法

1.紛失データのドライブを選択 → 2.ドライブをスキャン → 3.データを復元

データ復旧ソフトでデータを復元

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。