> How to Use > ホットトピック > 新しいランサムウェア「BadRabbit」による暗号化されたデータ復元

新しいランサムウェア「BadRabbit」による暗号化されたデータ復元

2017年10月26日に発表

筆者: Tioka

ホットトピック
概要:
新しい暗号化型ランサムウェア「Bad Rabbit」がロシアおよび東欧の各国での拡散活動が確認されています。主な被害はウクライナとロシアの輸送システムとメディアとされています。この記事では、新しい暗号化型ランサムウェア「Bad Rabbit」による暗号化されたデータを復元する方法を皆さんにご紹介します。

ランサムウェア「BadRabbit」とは

「BadRabbit」は、近日ロシア及び東欧の各国で拡散活動が拡大する新しい暗号化ランサムウェアです。最初、主な被害がウクライナとロシアの輸送システムとメディアとされています。「BadRabbit」によってユーザのデータをロックをかけて、それをもって高額な身代金が要求されることで、最初はランサムウェアPetyaの新しい亜種と考えられていました。日本にはまだ被害が出ていませんが、ランサムウェアの損害を防ぐために、皆さんも事前に完全バックアップを取ってみましょう。

ランサムウェアbadrabbitが提示したエラーメッセージです。

「BadRabbit」による暗号化されたデータを復元を試しみたいなら、高額の身代金を支払うほか、別の方法がありますでしょうか。この記事では、ステップバイステップでランサムウェア「BadRabbit」を削除し、暗号化されたデータを復元する手順をご紹介します。

ステップ1.削除ツールで「BadRabbit」を削除

システムとデータがサムウェア「BadRabbit」によるロックされた後、データの復元の試しをしたい場合、まず、Googleでランサムウェア復号化ツール、またはランサムウェア暗号解除ツールを検索して、ランサムウェアの削除を試してみましょう。

ステップ2.「BadRabbit」による暗号化されたデータを復号化して復元

お使いのコンピュータからランサムウェア「BadRabbit」を除去した後で、データを復号化して復元の試しを始めていいです。ここで、2つの復元可能の方法が掲載されています。100%復元できると保証できませんが、データ復元のために、是非お試しください。

方法1.Windowsの回復機能で、以前のバックアップを使って復元するのは、最も効率的かつ簡単な方法になります。ただし、感染日の前に作成されたバックアップだけが有効であることにも気を付けてください。

方法2.データ復旧ソフトを使用して暗号化されたデータを取り戻せ

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ランサムウェア「BadRabbit」は、通常、データを暗号化して複製してすぐ、そのデータを削除します。そういうことで、方法1が機能を果たせない可能性が高いです。そこでは、強力で人気のデータ復旧ソフト― EaseUS Data Recovery Wizardを利用してデータの復元が出来てくるかもしれません。

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizardを開き、復元したい暗号化されたデータのあるドライブを選択し、「スキャン」ボタンをクリックします。

ドライブを選択し、スキャンを開始

ステップ2.まず、クイックスキャンが始まります、クイックスキャンが終わった後、ディープスキャンが自動的に起動します。

クィックスキャンとディープスキャンが行う

ステップ3.結果画面で復元したいデータを選択し、プレビューしてから「リカバリ」ボタンをクリックします。ここでは、復元するデータを別のドライブ、若しくはデバイスに保存したほうがいいと思います。

保存先を選択し、リカバリ

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。