> How to Use > データ復旧 > SQL Server エラーメッセージ 823の対処法

SQL Server エラーメッセージ 823の対処法

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2020年06月09日に更新

概要:

SQL Serverでエラーメッセージ 823が発生すると、ハードウエアのプロバイダーにデータベース復旧の依頼を出す必要があります。EaseUS MS SQL Recoveryは、このエラー 823を完璧に解決し、データベースを復元・修復することができます。この記事に従って、この重大なエラーを解決しましょう。

 

SQL Server エラーメッセージ 823とは

SQL Serverでエラーメッセージ 823は、ハードウエア問題、またはSQL Serverシステムの問題が発生する可能性があります。エラーメッセージ 823が発生すると、通常、下記のエラーメッセージが表示されます。

2010-03-06 22:41:19.55 spid58エラー: 823、レベル: 24、状態: 2 です。
2010-03-06 22:41:19.55 spid58オペレーティング システムは、ファイル内のオフセット 0x000000a72c0000 からの読み取り中に SQL Server に (ファイルの終わりに達しました) 38 のエラーを返しました ' C:\Program を指定して SQL Server\MSSQL10。SQL2008\MSSQL\DATA\my_db.mdf' 

一般的には、エラーメッセージに次の内容が含まれています。

  • I/O 操作の対象となるデータベース ・ ファイル
  • I/O 操作が試行されたファイル内のオフセット
  • I/O 操作が読み込み、または書き込みを要求
  • オペレーティング システム エラー コードとエラーの説明

これらの情報は、基礎となるストレージシステム、ハードウェア、またはI / O要求のパスにあるドライバに問題があることを示しています。 ファイルシステムに不具合がある場合、またはデータベースファイルが破損している場合は、このエラーが発生します。

SQL Serverデータベースエラー 823を修復する方法

ここでSQL Serverデータベースエラー 823を修復する方法を2つ紹介していきたいと思います。

1.手動でエラーメッセージを確認する

Windowsイベントログで、オペレーティングシステム、ストレージデバイス、またはデバイスドライバから報告されたエラーまたはエラーを確認することができます。これらのエラーはエラー823に関連している場合は、まずそれらのエラーに対処する必要があります。

たとえば、823のメッセージとは別に、イベントログのディスクソースによって "ドライバが\ Device \ Harddisk4 \ DR4でコントローラエラーを検出しました"などのエラーメッセージが表示されますと、まずこのファイルがこのハードディスクに存在するかどうかを確認して、ディスクエラーを修正する必要があると思います。

2.MS SQLデータベース修復ツールでエラー823を修復する

データベースファイルが破損している場合でも、このエラーが発生する可能性もあります。この問題を解決するため、 EaseUS MS SQL Recoveryを使うことがおすすめです。

このソフトは、データベース構成(テーブル・トリガー・インデックス・キー・ルール・ストアド プロシージャ)まで修復可能で、NDFとMDFをも修復することができます。それに、とても使いやすくて、たったの数クリックだけでデータベースを修復することが可能です。

ステップ1.MS SQL Server serviceを中止

Windows + Rを同時に押して、「ファイルを指定して実行」を開きます。
services.msc」を入力してエンターキーを押してサービスを開きます。
SQL Server」項目を見つけ、右クリックして「停止」をクリックします。

サービスウィンドウを開く

ステップ2.破損したデータベースファイルを選択します。

EaseUS MS SQL Recoveryを立ち上げ > 「..」ボタンまたは「検索」をクリックすることで破損のデータベースファイルを選択

データベースファイルを選択

ステップ3.破損したデータベースファイルを修復

データベースファイルを選択した後、「スキャン」をクリックしてデータベースを分析し、「修復」ボタンをクリックすることで修復プロセスを開始させます。

データベースファイルを修復

ステップ4.修復したデータベースファイルをプレビュー&保存

このソフトはすべての復元可能なアイテムを表示します。(アイテムは左のパネルで表示する)
復元したいアイテムを選択して、直接にデータベースにエクスポートするか、SQLスクリプトとしてエクスポートするかを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

データベースファイルを保存

ご案内:復元してきたアイテムをMDF形式に保存することに失敗する場合 CSV、HTML、XLSファイルに保存してください。

上記のステップに従って、破損したMDF/NDFファイルを修復することが可能です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?