> How to Use > データ復旧 > フォルダ構造を維持したままでデータを復元する方法

フォルダ構造を維持したままでデータを復元する方法

2019年03月14日に更新

筆者:Tioka

データ復旧
概要:
記憶媒体から紛失したデータ量が多すぎる場合、復元してもデータがバラバラでなかなか見つけられません。この場合、どうすれば良いのでしょうか。この記事では、フォルダ構造やファイル名までも復元してくれる方法を皆さんにご紹介します。

復元したファイルがバラバラになって...

「先日、誤ってハードドライブをフォーマットしました。中にはいろんな仕事関係のファイルがあったため、データ復旧ソフトを購入して、一応ファイルを復元したのですが、復元したファイルは全部バラバラに復元されて、どのファイルがどの内容なのか全然わかりません。それにデータ量がすごく多いので一つ一つ開いてチェックするのはあまりに大変です。どうすればいいのでしょうか。」

この場合、消えたデータを既に復元したのですが、全然役に立っていないようです。データ量が少なく、一つずつチェックできる程であれば、ファイル単位で復元してもいいですが、ファイルが多すぎると、フォルダ構造やファイル名も復元できなければ、復元する意味がないと言えるほどかなり面倒なことになってしまいます。

フォルダ構造も復元できるツール-EaseUS Data Recovery Wizard

データ復元といえば、フォルダも元のままで復元してくれたら大変助かると思います。それでは、ここで一個フォルダ構造も復元してくれる強力なデータ復旧ソフトを皆さんにオススメします。「EaseUS Data Recovery Wizard」です。このソフトを使うことで、ただ3ステップでファイル及びフォルダ構造も復元できます。まずは、以下のダウンロードボタンから、ダウンロードし、無料体験で試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

 

フォルダ構造を復元する操作ガイド

Step1.インストール済みのEaseUS Data Recovery Wizardを実行してください。次に、フォルダーが消えた場所を選んでから、スキャンします。

フォルダー復元1
Step2.スキャンが完了すると、まず「削除されたファイル」フォルダから確認してください。そして、検索ボックスで直接にフォルダ名を検索することも可能です。

フォルダー復元2
Step3.復元したいフォルダをご確認の上、チェックしてリカバリーすると完了です。

フォルダー復元3

 

 

以上の操作で、フォルダ構造を維持したたままでデータを復元することができます。こうすると、ファイルを一つずつチェックする時間を省き、本当にためになるツールだと思いますので、皆さんにオススメします。また、パソコンのディスク復元だけでなく、usbメモリの復元sdカードの復元にも対応しています。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。