> How to Use > データ復旧 > システムを復元した後、失ったデータを復旧する方法

システムを復元した後、失ったデータを復旧する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: データ復旧 | 2021年03月12日に更新

概要:

システムが復元された後に,データを失ったことに気づいたら、心配する必要がないです。適切なデータ復旧ソフトウェアを利用すれば重要なデータを取り戻すことができます。

 

システム復元について

システムの復元は、パソコンが健全の状態の下でWindowsが正常起動に要求される必要なファイル、設定などをバックアップする機能です。作成したバックアップファイルは「復元ポイント」と言われ、エラーが発生する時やパソコンが何らかの不具合が発生する時に、その復元ポイントを利用して、パソコンをその前の状態に戻すことが可能です。

システムの復元を利用する時の注意点

  • パソコンを復元ポイントの時点の状態に戻すなら、その時点以降のデータ、設定がなくなります。
  • システムの復元は、自分で削除したファイルを復元できません。
  • ハードディスクの容量が128GB以上でなければシステムの復元を実行できません。
  • 全てのパソコン問題をシステムの復元で解決できるわけでもありません。

それでは、システムの復元で削除した個人データを復元することができるので、個人データをどうやって復元すればいいですか。また、システムの復元を実行することで、復元ポイントの作成時点以降のファイルをどうやって復元すればいいですか。さらに、システムの復元の進行中に何らかの不具合が発生してデータがなくなった場合の復元方法はなんですか。

次は、この3つのシチュエーションを含む数多くのデータ紛失場所にも対応可能の復元ツールを皆さんに紹介したいです。簡単なステップで、システム復元後に、消えたデータを復元することが可能です。

システムを復元した後、消えたデータが復旧できる原因

PCユーザーは、失われたデータはシステムの復元後に復旧できる理由を理解する前に、まず、どのように多様なデータ記憶媒体(ハードディスクまたはソフトディスク)がデータをストアすることを知る必要があります。ディスク上のデータは、パーティションによって管理されています。新しいデータがパーティションに追加されるときに、実はインジケータでデータ記憶領域を指し示す領域のようなディレクトリ構造に追加されるのです。システムが復元されると、パーティションはバックアップされたときのモードに戻し、それらのポインタが全て消えますが、データがまだディスクに残っています。 

システムが復元された後に,データを失ったことに気づいたら、心配する必要がないです。まず、システムパーティションに新しいデータを書き込むことを止めてください。これはデータをうまく復元できるの肝心な一步です。次では、適切なデータ復旧ソフトウェアを利用すれば重要なデータを取り戻すことができます。

ここではEaseUS Data Recovery Wizard を皆さんに紹介したいです。この復元ソフトは、17年の歴史を持って業界で有名なソフトだと言えます。しかも、vectorのポロレジ大賞も何回受賞しました。そこで、ソフトの安全性を考慮するユーザーは、このソフトを安心して使ってください。また、無料版では、最大2GBの無料復元容量があります。一部分のユーザーにとっては足りるだと思います。足りない場合は、まず無料版を試してみて役に立ちれば、さらに製品版を検討してみてください。

ヒント:システムの復元後に失われたファイルがある場合は、ハードディスクの使用を中止して、ハードディスクにデータを書き込まないでください。

Data Recovery Wizardでデータを復旧する手順

EaseUSが発表したプロの使いやすくユーザーフレンドリーなデータ復旧ソフトとして、Data Recovery Wizardはシステムの復元後に効率的にデータを復旧することができて、Windows XP/ 2003/ Vista/2008/7/8/2012のようなさまざまなオペレーティングシステムとの互換性もあります。

別のコンピュータにハードディスクを接続して、EaseUS Data Recovery Wizard をダウンロードしてください。

Step1.システム回復後のパソコンでこのデータ復元ソフトをダウンロードして起動してください。ディスク情報を読込んだ後の初期画面でスキャンを行うディスクを選択してください。次に、スキャンに入ります。

システム回復後 データ復元1
Step2.スキャン完了後、検出されたフォルダから失ったデータをご確認ください。フィルターでデータ種類(画像/ドキュメント/ビデオ/オーディオ/メールなど)や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。

システム回復後 データ復元2
Step3.検出されたデータをご確認の上、チェックして「リカバリー」ボタンを押すと、指定場所に保存することができます。

システム回復後 データ復元3
Tip:リカバリーした後のデータが開けなくなる場合、「復元候補」からもう一度復元してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったデータがここで見つけます。

Data Recovery Wizardを紹介する動画

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。