> How to Use > データ復旧 > 無通電状態でSSDのデータ保持期間はどれぐらい?(SSDの寿命)

無通電状態でSSDのデータ保持期間はどれぐらい?(SSDの寿命)

モンディー

モンディー |カテゴリ:データ復旧| 2022年04月26日に更新

主な内容:

概要:

SSDの寿命とデータ保持に関心を持っている人がたくさんいるでしょう。ここで、SSDが電力なしでデータを保持する期間について検討したいです。ご興味があれば、この記事を一緒に読みましょう!さらに、SSDドライブでデータが失われた場合は、EaseUS製のSSDデータ復旧ソフトウェアをご利用ください。

EaseUS Data Recovery Wizard

HDDと比べると、NANDフラッシュチップベースのSSD(ソリッドステートドライブ)はまったく新しい記憶媒体です。SSDコントローラーといくつかのストレージチップで構成されています。

SSDのデータ保持期間はどれぐらい

SSDに関するすべて(メリットとデメリット)

無通電状態でSSDのデータ保持期間はどれぐらいでしょうか?その答えを説明する前に、まずSSDについて学びましょう。SSDはどのようにデータを保存しますか?なぜストレージデバイスとしてSSDを選ぶのですか?

SSDのメリット

HDDよりも消費電力が少ない

HDDはSSDよりも約50%多くの電力を消費しします。バッテリーの寿命とエネルギーコストに影響を与えます。さらに、SSDはより優れたデバイスです。これは、発熱が要因となる状況では重要になる可能性があります。

読み書き速度が速い

SSDは、ファイルにアクセスする際にHDDよりも30%高速です。これで、システム全体のパフォーマンスも向上します。

起動速度が速い

内部の可動コンポーネントのため、ハードドライブは正しく動作する前にウォームアップする時間が必要です。SSD起動時間は平均10〜13秒で、HDDは30〜40秒で、3倍遅くなります。

寿命が長い

上記の要素が移動するため、ハードドライブの寿命はSSDよりも25%短くなります。HDDの平均故障時間は150万時間ですが、SSDの平均故障時間は200万時間です。

SSDに関するすべて(メリットとデメリット)1

SSDのデメリット

SSDには多くの利点がありますが、いくつかの欠点もあります。詳細については、下記の内容をお読みください。

ストレージ容量

HDDと比較すると、ソリッドステートドライブは非常に高価で、32GBのストレージ容量が普通です。しかも、ストレージ容量は通常160GB未満です。

失われたデータの回復

SSDの最も重大な欠点の1つは、以前のデータを復元できないことです。ドライブは取り残された可能性のあるデータをすべて消去します。データセキュリティの面からみれば悪くないことですが、データのバックアップがない場合、完全消去を行わないほうがいいです。

SSDに関するすべて(メリットとデメリット)2

SSD寿命:SSDはどのくらい持続できるか(解答)

比較的新しいストレージ規格なので、SSDの寿命に関する情報はそれほど多くありません。正しく使えば10年以上の寿命があると言われますが、普遍的に合意されているわけではありません。

SSD寿命:SSDはどのくらい持続できるか

空いているセクターのみがSSDにデータを保存できます。ディスクは、半分占有されているセクター、または以前に消去されたファイルのフラグメントを含むセクターに書き込むことができません。

ディスクのパフォーマンスにおいて、SSDの寿命よりもTRIMの方が重要です。TRIMは、OSがデータブロックをもう2度と使用しないと判断する場合、データブロックの完全消去を行う命令です。また、十分に活用されていない領域からデータを統合することにより、スペースを解放しようとします。ドライブがいっぱいになると、SSDのパフォーマンスが大幅に低下します。そのため、使用可能なストレージ容量の75%から80%まで利用するほうがいいと思われます。

SSDのストレージ容量が大きいほど、そのコストも高くなります。また、ソリッドステートドライブのファームウェアを定期的に更新することでSSDの寿命を延ばし、パフォーマンスと耐久性を向上させることができます。

SSDデータ復旧:SSDからデータを復元する方法

データ損失の問題が生じた場合、EaseUS Data Recovery Wizardといったサードパーティのデータ復旧ソフトウェアを利用すれば、失われたデータをすべて取り戻せます。

また、SSDからデータを回復したり、SSDのフォーマットを解除したり、SSDからRAW形式のファイルを回復したりできます。専門知識のない初心者にも実行可能なデータ復旧ソフトウェアです。

EaseUS製SSDのデータ復旧ソフトの顕著なメリット:

フォーマットしたSSDを回復:EaseUS Data Recovery Wizardは、フォーマットまたは再フォーマットされたソリッドステートドライブからデータを取得できます。

SSDから削除したデータを回復:SSD上に誤って削除された重要なファイルがあれば、このSSD復元ツールを利用して、復旧プロセスを実行できます。

破損したSSDからファイルを回復:SSDが破損したとしても、ドライブ上のデータが読み取られます。数回クリックするだけで、すべての破損したファイルやフォルダを数秒で正常に復元できます。

GPT/MBRパーティション復元をサポート:SSDのGPTまたはMBRパーティションなどから削除されたマルチメディアファイルをリカバリできます。また、未割り当てのボリュームをスキャンする機能も付いています。

EaseUSのデータ復旧ソフトウェアを利用してSSDからデータを回復するには:

ステップ1.「EaseUS Data Recovery Wizard」を開き、復元したいSSDのドライブを選択します。そして、「スキャン」ボタンをクリックし始めます。

 SSD復旧1

ステップ2.スキャンは時間がかかりますので、完成までお待ちください。削除されたファイルを検出してから、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 SSD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。データが再度破壊されないために、ほかの保存場所を選択してください。

SSD復旧3

注意:この方法は以前に破棄したSSDから失われたデータを取得する場合にのみ適用されます。それに、SSDのTRIMを無効にする必要があります。

よくある質問

1.SSDの寿命を延ばすには?

SSDの寿命を延ばすには、システムのページファイルを無効にするか、別のデバイスに再配置すればいいです。だが、システムページファイルを回転するディスクに移動すると、パフォーマンスが低下する可能性がありますから、その代わりに専用のページファイルリポジトリとして安価なSSDを採用することもあります。

また、SSDのTRIMおよびガベージコレクションをアクティブ化する必要もあります

2.SSDには通電が必要なのか?

SSDでもHDDでも、電源ケーブルは必要ありません。多くの場合、SATAなどのケーブルが常に接続されているのはマザーボードだけです。SSDは、HDDと同様に、ラップトップやコンピューターに挿入すれば正常に動作できます。

3.SSDはデータの長期保存に適しているか?

SSD、HDD、カセット、CD/DVDなど、すべてのストレージデバイスは、最終的に障害が発生します。貴重なデータの安全性を保証するには、複数のバックアップを作成して別々の場所に保存することをお薦めします。

4.データ保存のため、SSDとHDDのどっちが良い?

高速なデータアクセスなどにより、SSDは通常、消費電力が少なく、バッテリー寿命が長くなります。HDDは、回転が必要になるため、より多くの電力を消費します。

同じ記憶容量のSSDはHDDより遥かに高いですが、その差が縮小しています。PCI-eのチャネル数が多いため、PCI-e接続のSSDは、SATA接続のHDDよりも速くなります。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ