> How to Use > 記憶媒体復旧 > ESD-USBになった外付けハードドライブを元に戻す方法

ESD-USBになった外付けハードドライブを元に戻す方法

2020年03月21日に更新

筆者: Tioka

記憶媒体復旧
概要:
もし、あなたのハードドライブと外付けハードドライブがESD-USBになったら、どうやって修復すればいいですか。この記事では、外付けハードドライブがESD-USBになった場合の対処法を皆さんに紹介します。もしハードドライブの容量が異常に32GB ESD-USBになった場合、本文で紹介する対処法に従って、データ紛失なくこの問題を修復してみましょう。
  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

ハードドライブが32GBのESD-USBになって、データとパーティションがなくなった

ユーザーからの具体例:

1TBの外付けハードドライブが32GBのESD-USBになったのはどうしてですか、何か修復する方法はありますか?
Windowsインストールメディアを作成する時に、間違って外付けハードドライブをESD-USBに変換してしまいました。現在、外付けハードドライブの容量が32GBだけで、データもパーティションもなくなりました。

ドライブがesd-usbになった

もし、外付けハードドライブがESD-USBになった場合、その直前に下記の兆しがあったと思われています。

  • 1.ハードディスクの容量はWindowsエクスプローラーで32GB 又は31GBと表示されます。
  • 2.パーティションは未割り当て、又はESD-USBになります。
  • 3.保存データが不明な原因で急に削除、又は紛失されます。

しかし、上記と同じような問題が発生する場合、ご心配は要りません。本文を読み続けて、データ紛失なくESD-USBになった外付けハードドライブを元に戻す方法を取得することが可能です。

注:ハードドライブのデータがなくなった場合はパート1に移動して、直ちにデータを復元する方法が書かれています。ESD-USBになった外付けハードドライブを元に戻す場合は、パート2に移動しましょう。

パート1.なくなったファイルを復元する

この部分では、外付けハードドライブがESD-USBになってデータがなくなった時の対処法を皆さんに紹介します。

Windowsインストールメディアを間違うディスクに作成することでデータがなくなった場合、まずはゴミ箱をチェックする必要があります。もし消えたデータがゴミ箱に存在する場合、ゴミ箱からファイルを簡単に復元できます。この方法は、ほんの一部の場合で効果があると思いますので、もしゴミ箱で紛失ファイルが見つからない場合は、下記の高度なソリューションを参照しましょう。

ESD-USBのドライブから紛失データを完璧に復活

ゴミ箱に紛失ファイルがなくてどうしようも分からないくなる場合は、専門のデータ復旧ツールを使ってください。ここでData Recovery Wizardという信頼できるツールを皆さんにおススメします。下記のダウンロードボタンから直接にソフトをダウンロードすることも、オンラインでData Recovery Wizardを検索してダウンロードすることも可能です。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ESD-USBのドライブから紛失だファイルを復元する詳細な操作手順:

1.既存のESD-USBパーティションを削除する

既存のESD-USBパーティションに、基本的には不要なWindowsインストールメディア関連データが内包されています。ドライブへのスキャンを更にスムーズにするためには、既存のESD-USBパーティションをまず削除する必要があります。

ステップ1.外付けハードドライブをPCに接続して、「ディスクの管理」を開きます。

ステップ2.ESD-USBになったパーティションを右クリックして「ボリュームの削除」をクリックします。

ステップ3.OK」を選択して実行します。

2.ドライブをスキャンして紛失データを復元する

上記のData Recovery Wizardを使ってESD-USBになったドライブをも完全にスキャンし、紛失データを検出することが可能です。わずかの3ステップだけで、ディスクを完全にスキャンして、紛失データを検出して、データを復元することが可能です。

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 外付けHDD復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検出し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 外付けHDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックすることで復元できます。

注:外付けHDDでのパーテイション全体が紛失してしまった場合、スキャン中に「紛失パーテイション」という項目が表示され、「紛失パーティション」下でデータを探すのがお勧めいたします。

外付けHDD復旧3

注:データの上書きを防ぐため、データを同じディスクに復元しないようにしましょう。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

パート2.ESD-USBになった外付けハードドライブを元に戻す方法

重要:もし、上記のリンクをクリックして直接にこの部分に移動する場合は、まずは既存のESD-USBパーティションを削除してから、次の操作を続けてください。

ESD-USBが削除されたので、ESD-USBパーティションはもうディスクに存在しなくて、ディスクの状態は未割当だと思います。だから、ESD-USBになった外付けハードドライブを元に戻すため、新しいパーティションを新規に作成する必要があります。パーティションを作成することで、ディスクの容量を最大限まで戻すことができます。

ステップ1.「ディスクの管理」を開き、未割当のところを右クリックして「新しいシンプルボリューム」を選択します。

ディスクの管理で新しいパーティションを作成する1

ステップ2.「新しいシンプルボリューム ウィザード」が表示されますので、この画面で「次へ」をクリックして続行します。

ディスクの管理で新しいパーティションを作成する2

ステップ3.ここでシンプルボリュームサイズのところでパーティションのサイズを設定することができます。それから「次へ」をクリックします。

ディスクの管理で新しいパーティションを作成する3

ステップ4.パーティションの文字を選択して、ファイルシステムを「NTFS」に設定します。

ディスクの管理で新しいパーティションを作成する4

ステップ5.ボリュームの設定が終わったら、「完了」をクリックします。

上記の操作に従って、ディスクで新規にパーティションを作成すると、ディスクは再利用可能な状態に戻し、容量も元に戻します。

 

無料で
内蔵/外付けHDDを
復元する

強力なスキャン機能で、HDDを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。