> How to Use > PC引越し > Cドライブのスペースを解放する方法5選|Windows Server 2008 R2向け

Cドライブのスペースを解放する方法5選|Windows Server 2008 R2向け

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年08月05日に更新

概要:

Windows Server 2008 R2のCドライブのスペースを解放するにはどうすればいいでしょうか。この記事では、Windows Server 2008 Cドライブがいっぱいになる際の解決法について説明します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Cドライブの空き容量が不足しているということは、最も一般的なPC問題となります。Cドライブ容量不足になると、PCの速度が低下し、フリーズしやすくなります。Windows Server 2008(R2)のCドライブのスペースを解放しようとする場合、こちらの記事がお役に立ちます。そのための方法が5つ示されています。その中の解決策1と解決策5は、EaseUS製のサードパーティソフトウェアを利用します。他のオプションは手動方法と言ってもいいです。

解決策1.システムクリーンアップを実行してWindows Server 2008(R2)のスペースを解放

いっぱいになるWindows Server 2008 Cドライブを整理するには、Cドライブのスペースを安全に空けるための専門のディスククリーンアップツールが必要です。そういうシステムクリーンアップツールであるEaseUS Todo PCTransを使用すると、ディスククリーンアップを実行したり、不要なファイルを1つずつ削除したりする必要もなくなります。
このソフトウェアは、システムクリーンアップ、大容量ファイルクリーンアップ、アプリの移行など、多くのクリーンアップ機能を備えています。システムとアプリのジャンクファイル、閲覧履歴、Windows組み込みアプリケーション、大容量ファイル、不要なアプリをクリーンアップすることにより、スペース容量が解放されます。
ソフトウェアをダウンロードして、Cドライブの空き容量を増やしましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Todo PCTransの「システムクリーンアップ」機能の使い方:

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で[システムクリーンアップ]を選択し、[スキャン]をクリックします。

システムクリーンアップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、ジャンクファイルが全て表示されます。ここで削除したいファイルを確認します。

システムクリーンアップ2

ステップ3.[クリーンアップ]ボタンをクリックすることで操作を実行します。

システムクリーンアップ3


関連記事1:Cドライブが不足している
関連記事2:Windows 11ディスク容量を解放する
関連記事3:Windows Server 2016でCドライブの容量を解放する

解決策2.ディスククリーンアップを起動してハードドライブをクリーンアップ

ディスククリーンアップは、ジャンクファイルや不要なファイルをクリアするためのユーティリティで、Windows Server 2008 R2を含むすべてのWindows Serverバージョンに適しています。Windows ServerでこのWindowsユーティリティを使用するには、「デスクトップエクスペリエンス」をチェックして、ディスククリーンアップを有効にする必要があります。
ディスククリーンアップを有効にする方法:検索ボックスから[コントロールパネル]を検索して開き > [プログラムと機能]を選択 > 左側から[Windowsの機能の有効化または無効化]をクリック > [デスクトップエクスペリエンス]という機能にチェックを入れ > [次へ]をクリック > [インストール]をクリックします。 
デスクトップエクスペリエンス
注:Windows Server PCを再起動することを忘れないでください。
次の手順に従って、サーバーコンピューターのCドライブ領域を解放しましょう。
手順1.デスクトップで「PC」を見つけてダブルクリックします。
手順2.Cドライブを右クリックし、ポップメニューから[プロパティ]を選択します。[ディスククリーンアップ]ボタンをクリックします。
Cドライブプロパティ
手順3.削除するファイルを選択します(予期しないデータ損失を回避したいなら、[ファイルの表示]ボタンをクリックすればいいです)。[OK]をクリックします。

解決策3.Windows Server 2008(R2)で不要なソフトウェアを削除

手順1.コントロールパネルを開きます。
手順2.[プログラム]セクションで、[プログラムのアンインストール]をクリックすると、プログラムが一覧表示されます。長期間使用していないものを選び、[アンインストール]ボタンをクリックします。
プログラムのアンインストール

解決策4.一時ファイルをクリアしてWindows Server Cドライブの容量不足を解消

手順1.[Windows] + [R]キーを同時に押して、[ファイルを指定して実行]ボックスを開きます。
手順2.ボックスに「%temp%」と入力し、[Enter]キーを押します。
手順3.すべてのファイルを削除します。
一時ファイルをクリアする

解決策5.Windows Server 2008(R2)のCドライブスペースを拡張

ファイルの削除を除いて、EaseUS Partition Masterを使用してCドライブを拡張することにより、Windows Server 2008(R2)のディスク領域を解放することもできます。インテリジェントなサイズ変更機能を使用して、ハードディスクのサイズを調整したり、別のドライブからCドライブにスペースをすばやく割り当てたりする機能を備えているツールです。

EaseUS Partition MasterによってCドライブを拡張する方法

1.EaseUS Partition Masterを実行して、ソフトのメイン画面で容量をCドライブ/システムドライブを右クリックして、「サイズ調整/移動」を選択します。

ご案内:EaseUS Partition Masterは「スマートリサイズ技術」を採用しています。この技術によりますと、ディスクにある未割当容量を自動的に検出され、パーティションの末の黒点をトラックして、直接に選定のパーティションに容量を調整できるので、隣接領域で未割当容量を作る必要がありません。

Cドライブの拡張1

2.パーティションの末にある黒い点を右にトラックしてパーティションの容量を拡大し、左にトラックして容量を縮小して「OK」ボタンをクリックします。

Cドライブの拡張ー2

3.自動プログラムが動作するので、終わるまでしばらくお待ちください。そして、「完了」ボタンをクリックします。
Cドライブの拡張ー3

まとめ

Windows Server 2008(R2)Cドライブの空き容量を増やすには、次の5つの方法があります。 

  • EaseUS Todo PCTrans、ディスククリーンアップ、コントロールパネル、一時ファイルでハードドライブの空き容量を増やします。
  • 無料のパーティション管理ツールであるEaseUS Partition MasterによってCドライブスペースを拡張します。 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>