> How to Use > PC引越し > パソコン丸ごとデータ移行を行う方法

パソコン丸ごとデータ移行を行う方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2021年04月14日に更新

概要:

新しいパソコンを買い替えた時など、旧パソコンから新しく買ったパソコンにデータを丸ごと移行する必要がある場合はたくさんあります。データを一々複製するのは、とても面倒くさいので、どうやって効率よくパソコン丸ごとデータ移行を行えばいいですか。この記事では、パソコンのデータも、インストール済みのプログラムも、設定も一括に新しいパソコンに移行する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パソコン 丸ごとデータ移行について

新しいパソコンを買い替えたとか、パソコンのOSを再インストールした時など、いろんな場合でパソコンのデータを丸ごと移行する必要があります。実際には、データを移行するには、たくさんの手段が利用可能です。例えば:USBメモリなどの外付けストレージデバイスを使ってデータをコピーしたりする方法、Windows純正の転送ツールを利用してデータを移行する方法、又はクラウドドライブを利用してファイルを移行する方法など、どちらでも超面倒くさくて時間や手間がかかります。この記事では、これらのデータ移行方法を紹介する上、たったの1クリックだけで、旧パソコンからデータも、インストール済みのプログラムも、設定も一括に新しいパソコンに移行する方法を皆さんに紹介します。この記事を読み上げ、適切なデータ移行方法を選択してください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

パソコンを丸ごとデータを移行する方法

パソコンのデータを移行する方法は様々ありますが、本文では、最もユーザーに利用されているデータ移行の対処法をまとめて皆さんに紹介していきたいと思います。手動移行、自動移行、およびWindowsの移行機能、または、クラウドドライブで移行する方法から、適切な対処法を選択してください。

1.「手動移行」外付けストレージ経由でデータを移行

先に触れたように、データ移行といえば、やっぱり外付けストレージ経由で行うのは一番利用される方法です。この部分では、外付けストレージを使って手動的にデータを移行する方法を紹介します。でも、手動でデータを移行するのはとても不完全なので、個々のファイルを移行したい方のみにおススメします。

手動でデータを移行する操作手順:

  • 1.移行したいファイルを決定します。
  • 2.外付けストレージをパソコンに接続します。
  • 3.先に選択したファイルをコピーします。
  • 4.ファイルエクスプローラで外付けストレージを開き、貼り付けます。

上記の操作に従って、特定のファイルを効率的に移行することができます。が、ファイルの量が多すぎる場合、又はプログラムを移行したい場合、この方法は適当ではありません。ファイルの選択にも超時間がかかりますし、移行したいプログラムを完全に移行することができません。

外付けハードディスクでデータを手動で移行する

それでは、次は、1クリックだけで自動的にデータを移行可能なソリューションを紹介していきたいと思います。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.おすすめ-1クリックでパソコンを丸ごとデータ移行可能

パソコンのデータを丸ごと移行することについては、たくさんの方法によって実現されますが、どうやって効率よくパソコンを丸ごとデータ移行するのかは本文の重点です。ここで1クリックだけでパソコンを丸ごとデータ移行可能な方法を皆さんに紹介します。それは完璧なPC引越しソフト―Todo PCTransを使うことです。

Todo PCTransは、1クリックPC引越しソフトとして有名、カンタンにパソコンを丸ごとデータ移行できますし、インストール済みのプログラムも、旧パソコンの個人設定も一括に移行可能です。それだけではなく、ディスクの空き容量を解放するため、ローカルディスクにインストールされているアプリの場所を他のディスクに変更することもできます。PC引越し、データ移行なら、Todo PCTransはあなたにとってベストチャンスと思います。

Todo PCTransでパソコンのデータを丸ごと移行する手順

下記は、専門のPC引越し、データ移行ソフト―Todo PCTransでパソコンを丸ごとデータ移行する方法を皆さんに紹介します。新旧PCでもソフトをインストールして、同じネットワークに接続すれば、ネットワーク経由でデータを移行可能です。USBメモリ、外付けHDDなどは不要でも移行可能!

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

以上カンタンな数ステップに従って、パソコン上のデータを自動的に移行されます。また、このデータ復旧ソフトはセキュリティが保証されますが、どうしてもサードパーティーのソフトを信用しない方は、Windows純正のデータ移行ツール - windows転送ツールを使ってもOKです。

3.Windows転送ツールでデータを移行する操作手順

それでは、Windows純正の転送ツールを使って、データを移行する手順を紹介します。

重要:Windows転送ツールは、Windows 7/ 8にのみ互換しているので、転送先と転送元のどちらがこの2バージョンではない場合、Windows転送ツールを利用することができません。

  • ①Windows XP、VistaからWindows 8.1への引越しでは、Windows転送ツールが利用できない。
  • ②Windows 7からWindows 8.1への引越しでは、Windows転送ツールでデータの引越しはできるが、設定は引越しできない。
  • ③Windows 10への引越しでは、Windows転送ツールが利用できない。

Windows転送ツールは利用できない場合は上記の3つを含むが、それらに限りません。

Windows転送ツールの起動方法

「スタート」→「全てのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows転送ツール」の順にクリックして起動します。

Windows転送ツールでデータを移行するやり方

新しいパソコンでWindows転送ツールをインストールする

1.スタートメニューから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」フォルダから、「Windows 転送ツール」を開きます。

Windows転送ツールを拓く

2. Windows転送ツールを開くと、転送可能な内容が提示されます。ここで「次へ」をクリックします。

転送可能な内容一覧:ユーザーアカウント、電子メール、ドキュメント、お気に入りのサイト、音楽、ビデオ、画像、そのほか

Windows転送ツールで移行可能な内容

3. 転送方法を選択します。ここで「転送ツールケーブル」、「ネットワーク」、または「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」といった3つの方法があります。 ここで「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」経由でデータを移行します。

Windows転送ツールの転送方法を選択

4.ここで新しいパソコンか、古いパソコンを確認するウィンドウです。新しいパソコンなら、「これは新しいコンピューターです」をクリックします。

古いパソコンか新しいパソコンを確認

5. 「Windows 転送ツールで、今までのコンピューターのファイルを外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブに保存済みですか?」とのウィンドウで「いいえ」をクリックします。

転送するファイルが保存済みかどうかを確認

6. 「今までのコンピューターにWindows 転送ツールをインストールする必要がありますか?」とのウィンドウで「ここでインストールする必要があります」をクリックします。

Windows転送ツールをインストールする

7. 「今までのコンピューターにWindows転送ツールをインストールする方法を選択してください」との画面で「外付けハードディスクまたは共有ネットワークフォルダ」をクリックします。

Windows転送ツールのインストール方法を選択

古いパソコンでデータをまとめて外付けハードディスクに移行する

上記のステップを参照してWindows転送ツールを外付けハードディスクにインストールすると、下記のステップをも参照して、古いパソコンのデータを移行してみましょう。

1.先ほどの外付けハードディスクを古いパソコンに接続すると、「Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストール」というウィンドウが表示されますので、ここで「OK」をクリックします。

2. Windows転送ツールの画面が表示されると、「次へ」→「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」の順に選択します。

データ移行方法を選択する

3. 古いパソコンなので、「これは今までのコンピューターです」選択します。それから、転送できるデータを確認して、「保存」をクリックします。

古いパソコンか新しいパソコンかを確認

4. ここでデータセキュリティのために、パスワードの設定が求められます。設定したいパスワードを入力し、「保存」をクリックします。

転送ファイルのパスワードを設定

5. ファイルの保存先を先の外付けハードディスクに指定して続けます。

6. 「このコンピューター上でのWindows 転送ツールの処理は完了しました」という提示メッセージが表示されると、「閉じる」をクリックします。

古いパソコンから外付けハードディスクへのデータ転送が完了

新しいパソコンに外付けハードディスクの保存済みのデータを移行する

1.先に使用した外付けハードディスクを新しいパソコンに接続すると、自動的にWindows転送ツールが開くので、「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」をクリックします。

データの転送方法を選択する

2. 「これは新しいコンピューターです」→「はい」の順にクリックすると、転送ファイルの選択画面が表示されます。ここで先に古いパソコンで転送した項目(Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目)を選択して、「開く」をクリックします。

古いパソコンから転送した項目を選択

3.先に設定したパスワードを入力し、転送したいユーザーを選択して「転送」を選択することで、データ転送のプロセスを開始します。

移行した内容を選択

4. 「転送が完了しました」というウィンドウが表示されると、データ移行のプロセスが完了します。

Windows転送ツールで新しいパソコンへのデータ移行が完了

ということで、Windows転送ツールを使ってデータ移行を行う場合、合計18ステップが必要となりますので、とても、手間がかかりますし、そんなに詳しくない方なら、操作を間違えて移行に失敗したことも多いのでしょう。

4.クラウドドライブを利用してデータを移行する方法

現在、クラウドドライブ(オンラインストレージ)と呼ばれているDropbox、OneDrive、Google Driveを使っているユーザーはたくさんいます。大切なファイルをクラウドドライブにアップロードすれば、データのバックアップにもなりますし、ディスクの容量が不足になる時に、ファイルを削除して容量を解放することもできます。それに、ネット接続がある環境でいつでも現在使用中のパソコンにダウンロードすることができます。

だから、古いパソコンでデータをアップロードして、新しいパソコンでアップロードしたデータをダウンロードするという形でデータの移行も行えます。クラウドドライブを使うには、まずはアカウントを作る必要があります。それから、アカウントを持って、クラウドドライブにログインして、データのアップロード・ダウンロードすること可能になります。

しかし、クラウドドライブを利用する場合、他のツールもストレージデバイスも要りませんが、デメリットもあります。まず、ネットの状況により、アップロードやダウンロードがかなり時間がかかりますし、データのアップロード・ダウンロードに失敗して一からやり直す可能性もあります。また、クラウドドライブを使って個々のファイルを転送することができますが、プログラムや個人設定などの移行はできませんので、とても不完全なデータ移行対策だと思われています。

クラウドドライブ

まとめ

データ移行が行える方法はたくさんあります。手順が一番少なくて、一番楽にデータ移行を行える方法はサードパーティーのデータ移行ソフトを使う方法です。また、Windows 7/ 8でデータ移行を行いたい場合は、手順はとても多いけど、メーカー純正のWindows転送ツールもいい選択肢だと思います。ストレージデバイス、又はクラウドドライブを使ってファイルを移行することもできますが、個々のファイル以外の移行ができませんので、完全なデータ移行対策とはいいがたいです。

上記のことから、一部大切なファイルのみを移行したい場合は、ストレージデバイス、又はクラウドドライブの利用がおススメです。より完全なデータ移行対策が必要となる場合、純正のWindows転送ツール、またはデータ移行ソフトを利用してください。Windows転送ツールはWindows 7/8以外のバージョンのデータ転送に対応していないので、互換性がもっと高い、操作がもっと分かりやすいデータ移行ソフトがこちらのおススメです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>