> How to Use > PC引越し > Windows ServerでドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動する方法

Windows ServerでドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月22日に更新

概要:

私はCからDドライブにドキュメントフォルダのようなシステムファイルを移動することができますか?もちろんできますです。この記事では、Windows Server 2022/2019/2016、さらに古いServerコンピュータで、DocumentsフォルダをCドライブからDドライブに正常に移動するための完全なガイドを提供します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

CドライブからDドライブにドキュメントフォルダを移動することができますか?

Windows ServerでCドライブの空き容量を確保するために、ドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動する方法をご存知ですか?ドキュメント、写真、ビデオなどのデスクトップのフォルダは、Windowsユーザーのデータを保存するためのデフォルトの場所として設定されていました。それは、Windows Serverパソコンでも同じです。

では、Windows ServerやWindowsユーザーは、どのようにドキュメントなどのフォルダをCドライブからDドライブに移動すればよいのでしょうか?このページでは、専門家のようにWindowsとWindows Serverコンピュータ上のドキュメント、写真、ビデオ、さらにはダウンロードフォルダの場所の変更に成功するための操作を実行するための完全なガイドを紹介します。

Windows Server2022/2019/2016でドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動する方法

デスクトップ フォルダの場所を変更する手順は、Windows Server と Windows コンピュータの両方でほぼ同じです。ここでは、多くのWindowsエキスパートが行っている、デスクトップ上のDocumentsフォルダーやその他のシステムファイルを別のドライブに移動する手順を紹介します。

操作手順

ステップ1.管理者またはターゲットユーザーアカウントとパスワードでログインしていることを確認します。

ドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動する手順1

そうでない場合は、変更し、ターゲットユーザーアカウントでログインします。

ステップ2. Windows + Eキーを押して、Windowsファイルエクスプローラを開きます。

ステップ3. Documentsを右クリックして、「プロパティ 」を選択します。

ドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動する手順2

ステップ4. 「場所]タブで[移動]をクリックします。

ステップ5. ポップアップウィンドウで移動先として「D」ドライブを選択し、「フォルダの選択」をクリックして確定します。

ステップ6. 「OK」をクリックして確認し、「はい」をクリックしてWindows ServerがドキュメントフォルダをCドライブからDドライブに移動することを許可します。

プロセスが完了するのを待ち、この後、Serverコンピュータを再起動します。コンピュータが起動すると、ドキュメントフォルダとフォルダは自動的にDドライブに移動します。

ワンクリックでServerのドキュメントフォルダをCからDに移動する方法

ドキュメントフォルダの物理的な場所を切り替えるための手動による方法とは別に、さらに簡単な方法を適用して操作を実行し、実現することもできます。Windows Server移行ソフト - EaseUS Todo PCTrans Technicianの大容量ファイルのクリーンアップ機能は、このために設計されています。

この他の専門的な方法を紹介したいと思います。このソフトを適用して、ドキュメント、デスクトップ、ダウンロードなどのデフォルトフォルダを別の場所に移動して、ディスクスペースを節約することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して左側のメニューで「大容量ファイルクリックアップ」を選択して、「スタート」ボタンをクリックして大容量ファイルのクリーンアップを開始します。

大容量ファイルを移行するステップ1

ステップ2.スキャンしたいドライブを選択して、「スキャン」をクリックすることで、当該ドライブに存在している20MB以上のファイルが全て検出されます。

大容量ファイルを移行するステップ2

ステップ3.ここで削除したい大容量ファイルを選択して「移動」をクリックします。(参照ボタンをクリックすることで、大容量ファイルの移動先を指定することができます。)

大容量ファイルを移行するステップ3

 

これと並行して、EaseUS Todo PCTrans Technicianは以下のようなことも可能です。

  • Windowsサーバーのバックアップ
  • Windows Server のCドライブの空き容量を確保する
  • サーバーからサーバーへのファイル転送
  • サーバーのCドライブからDドライブへのアプリの移行
  • Windows Serverのプロダクトキーのスキャンと検索

このソフトウェアの高度な機能をさらに探求するために、今すぐダウンロードし、試してみてください。

エラー修正 :同じ場所にフォルダがあるため、フォルダを移動できない

Windows ServerまたはWindowsコンピュータがこのエラーメッセージをポップアップ表示する場合。

同じ場所にリダイレクトできないフォルダーがあるため、フォルダーを移動できません。アクセスが拒否されました "と表示された場合、落ち着いてください。

エラー修正 :同じ場所にフォルダがあるため、フォルダを移動できない
考えられる理由は以下の通りです。

  • コンピュータのOneDriveフォルダー内の個人用フォルダーにDocumentsフォルダーがマップされていた。
  • ドキュメント」フォルダを他のローカルの個人フォルダにマッピングした場合、このエラーは表示されないことがありますが、システムは2つのフォルダを統合します。

では、このエラーを修正するにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、その回避策をご紹介します。

操作手順

ステップ1.Windows + Rキー「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、regedit.exeと入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを開く。

ユーザーアカウント制御のウィンドウが表示されたら、[はい]をクリックします。

ステップ2.レジストリキー「Documents」を開き、デフォルトの値に変更します。

Path: HKEY_CURRENT_USER
Default Documents folder value: %USERPROFILE%

ステップ 4. 「OK]をクリックして変更を保存し、File Explorerを再起動して変更を有効にします。

または、Serverコンピュータを再起動することもできます。この後、上記の2つの方法を試して、ドキュメントフォルダやその他のシステムのデフォルトフォルダやファイルをCからDまたはその他のドライブに移動することができるようになるはずです。

最後に

このページでは、Windows Server管理者がデスクトップ、ドキュメント、ビデオ、写真、ダウンロードフォルダの場所を変更するために適用する、2つの通常の方法を紹介します。

どちらの方法も、ローカルドライブ上のWindowsフォルダの物理的な場所を変更する上で、簡単に実行できます。Windows Server初心者はもちろん、Windowsフォルダの場所を効率的に管理したい上級者も、EaseUS Todo PCTrans Technicianにお任せください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>